高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

「妻のヒステリー」 解決策はある?!

カテゴリ : 夫婦生活(2)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

前回のブログ
「妻がヒステリー! その根本にあるものは?!」は、
実に13,000名以上の方がお読みくださいました。

もしかして、今までで最多かも?!

「妻がヒステリーで困っている」という男性が
世の中にたくさんいらっしゃるということでしょうか?



前回のブログで
「妻のヒステリーは、
性的欲求不満に原因がある」と
申し上げました。

もしかして、
あなたも身に覚えのあることでは?

「夫婦でのセックスは、
前回いつでしたか?」と、
当事務所に来られるお客様にお聞きしたところ、
「去年の……思い出せません」とか
「ここ数年はないです」
「下の子を妊娠してから1度もないです」と
おっしゃる方がほとんどです。

男性も女性もです。

「夫に対してイライラする」

「妻の子どもへの対応がヒステリック」
「子どもには甘いのに、僕には厳しい」

配偶者にそのように感じているのなら、
あなたは意識しているか否かにかかわらず、
「性的欲求不満」である可能性が高いです。

配偶者を満足させてあげていない。

配偶者から満足させてもらっていない。

この両方です。


もちろん、どちらかだけが
100パーセント悪いというわけではなく、
「性的無知」が原因です。

相手の喜ばせ方を知らない。

相手が喜ぶことが
自分の喜びであることを知らない。


このように言うと、
「相手だけ喜ばせて、
自分が置き去りになってもいいのか?」と
言われます。

もちろん、そうではありません。

女性のお客様から
「(夫が)自分だけサッサと終わって
グーグー高いびき」と言う声は、
本当によく聞きます。

妻は、そんな夫に不満なんですね。

それで、ヒステリーになる。

意識していなくても。


世の旦那さま方にお願いです。

奥さまは、あなたの愛を待っています。

性的テクニックがどうこうではなく、
愛ある言葉や
妻を労わっているという態度が、
奥さまをあなただけの女神にします。

「妻がヒステリーを直してくれたら」
という あなたの願いは、
あなたの言葉と態度で
穏やかな妻に戻るのです。

日頃の言葉や態度と
ベッドの中の行為で、
妻を女神に変えてみませんか?

このブログを読んでくださっているあなたが、
幸せな結婚生活を送ることができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-07-05 10:00:00

配偶者との、夜の生活が不満?!

カテゴリ : 夫婦生活(2)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今日は、半年に1度の歯科検診。

18年前、歯列矯正したのです。

丸2年かかりましたが、
やって良かったです。

以降もずっと、半年に1度、
定期検診を受けています。

歯は顔の中心にありますし、
食べ物の入り口でもありますから、
外見的にも体の仕組み的にも
整えておくのがいいですね。



クライアントさんから
「ブログに、夜の生活関連のことを書いてほしい」
とのご要望をいただきました。

確かに、
最近は書いてなかった……。


近年、インターネットやSNSの普及もあって、
「性」のことには開放された感がありますが、
間違った、というか
故意に歪められた情報が氾濫しているように
思えてなりません。

家にこもっていても、
パソコンやスマホがあれば、
簡単に画像を目にすることができます。

それである意味
性欲が満たされたような気になるのかもしれませんが、
それはあくまでも表面上だけのこと。

本当に性欲が満たされた状態とは
愛する人と気持ちの良いセックスをして、
お互いが心身ともに満足していることを言いますね。

残念ながら、
そのような人はなかなかいません。

まぁ、私のところに来られる相談者は
100%の方が、
パートナーとの夜の生活に
不満なり不安をお持ちです。

セックスレスの状態になっている方、
夫とのセックスに苦痛を感じている方、
断られるのが怖くて妻を誘えない方等々……。

女性はもちろん悩んでいるし、
男性も自信を失くしている……。


セックスの場面は、
お互いの「素の状態」が
一番色濃く出ます!

お腹が空いている時に
栄養のことなんか考えられないのと同じで、
ムラムラッときたときには、
相手を思いやる状態になれないのですね。

で、性欲をそのまま妻にぶつけてしまい、
その回数が重なってしまうと、
夫からのお誘いを拒否する。

そして、セックスレス → 浮気や不倫へ
という流れをたどってしまう方が多いことを
クライアントさん方のお話を聞く中で知りました。


どちらが良い悪いではなく、
お互い、セックスに関する話題を
夫婦間でもっていないことに
根源があるのかなーと考えています。

お互いの浮気予防のためにも、
夫婦間で、セックス観について話してみませんか?
2018-12-19 10:00:00