高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

夫婦関係がギクシャクしてしまった時の選択は?

カテゴリ : カウンセリングについて(41)
夫婦関係がギクシャクしてしまったら、
あなたは誰に、相談しますか?



両親、兄弟、友人……、
おそらく身近にいて
親身になってくれる人だと思います。

その中でも、
離婚経験者に相談したとしたら、
これは かなり 曲者です!

離婚を経験した人は、自分の経験をもとに、
「こうした方が良かった」とか
「このようにしたから、私は良かった」という情報を
教えてくれるでしょう。

「だったら、私も離婚して何とかなるかも」と
思ってしまいがちですね。

でも それは、その人の話であって、
その人が、あなた自身の境遇や状況を
正確に把握しているわけではありません。

そして、本当に あなたが離婚しても、
その人が その後のことまで
責任をとってくれるわけでもありません。

あなたが まず考えなければならないのは
「ご自身が、どうしたいのか?」ということです。

離婚するのか、夫婦関係を修復させるのか。

このどちらかです。

この終着点と言うべき方向性がしっかりしないと、
単なる「愚痴」で終わってしまいます。

離婚するなら、
相談相手は、弁護士か離婚業務に詳しい行政書士に。

夫婦関係を修復したいなら、
カウンセラーに相談してください。

この相談相手の選択で、
あなたの未来が変わるかもしれません。
2017-04-23 10:00:00

カウンセリングで、あなたの心は 必ず安らげる!

カテゴリ : カウンセリングについて(41)
私のカウンセリングは、
ご夫婦のうち どちらか一方とお話をします。



ご夫婦同時に、ということは
滅多にありません。

特に、女性の場合
「夫(あるいは彼)も一緒に、話をしていただきたい」
と おっしゃる方が多いのですが、
男性にその気持ちがない限り、
お断りをいたしております。

配偶者が横にいると、
どうしても本音を言えなかったり、
逆に本音を言いすぎて
収拾がつかなくなってしまう場合があるからです。

「相手も、自分に歩み寄ってほしい」
という気持ちは ごもっともですが、
急がば回れ。

カウンセリングの場では、
すべての人に、ほぼ毎回言うことなのですが
「他人を変えることはできない。」

相手を、歩み寄らせることはできません。

まず、気づいた側が歩み寄ること。

「どうして私ばかりが 歩み寄らなくちゃいけないの!」
という不満は ごもっとも!

「相手が歩み寄るのなら、私も歩み寄ってあげる」では、
一生、歩み寄ることはできないでしょう。

まず、あなたが 歩み寄る。

そこから、すべてが始まります!

そのために、私が あなたの気持ちを受け留めます。

どうぞ、その胸のモヤモヤを
思いっきり私に ぶつけてくださいね!
2017-04-21 10:00:00

1秒で人生を好転させる魔法の言葉!

カテゴリ : カウンセリングについて(41)
カウンセリングの際、クライアントさんに
「このようにしてください」と提案することがあります。



その返事の多くが
「え~! できない!!」

ビミョ~な夫婦関係を改善させたいなら、
今までとは違ったことをする必要があります。

「できない」と言って やらなかったら
今までと同じ未来が続いていくだけです。

いえ、今と同じ未来が続くならいいのです。

今と同じことを続けていれば、
未来は今より状態が悪くなること間違いありません。

私が一番多くクライアントさんに提案することは
「配偶者に、1日1回は『ありがとう』と言いましょう!」です。

「ありがとう」って、1秒で言えるんですよね。

それなのに、たった1秒が言えない。

なぜでしょう?

それを阻むのは「感情」です。

「照れくさくて言えない」
「急に言えない」
「『ありがとう』と言えるようなことを、してもらっていない」等々
したくない理由のオンパレード。

本当に「ありがとう」と言えることをしてもらっていないでしょうか?

配偶者が今日一日、元気でいてくれた。

これだけで十分「ありがとう」と言える理由です。

究極は「今日一日、生きていてくれて ありがとう!」ですから。

あなたが毎日言い続けていたら、
配偶者は必ず変わります!

あなたから、配偶者に「ありがとう!」

たった1秒の言葉が、人生を好転させます!!
2017-01-11 09:00:00

不倫をした配偶者は、懲らしめられるべき?

カテゴリ : カウンセリングについて(41)
今年の芸能界は、不倫ネタに沸いた年でした。

芸能界という限られた世界ですら この数ですから、
世間では、数え切れないくらいの情事があることは、
簡単に想像できます。



不倫は良くないことであるのは、
誰もが認めるところなのに、
人はなぜ、不倫に走ってしまうのでしょう。

それは簡単に
「不倫をした側の心が弱いから」の一言で
済ませられることではありません。

私は、業務の性質上、
「不倫をした側」「不倫をされた側」
両方のお話を聞く機会が多くあります。

不倫をした側が一方的に悪いのかと言えば、
そうとも言えるし、そうとは言えない場合も。

そして、不倫をされた側が被害者かと言えば、
「それじゃ、不倫もされますワ」と思うことも
少なくないのです。

むしろ、不倫をしている人が
気の毒に思うケースすらあります。

もちろん、不倫をされた側は怒り心頭ですが。

その感情をどうにかしたい、
とにかく話を聞いてほしいと思うなら、
どうぞ、当事務所の門をたたいてください。

しかし、不倫をした配偶者を懲らしめたいと思っていて、
それが第一目的の方は、
「離婚」分野にお強い行政書士や弁護士に
ご相談することをお勧めいたします。

あなたの感情は、
最終的に あなたがどうにかするしかありません。

私が、とことんまで寄り添います。

あなたは、その壁を必ず乗り越えることができます!
2016-12-29 08:00:00

仕事で「成功」し、家庭で「幸せ」になりたい男性必見!

カテゴリ : カウンセリングについて(41)
男性の皆さん、
仕事と家庭、どちらが大切ですか?

もちろん、両方大切ですよね。

でも、「夫は、仕事ばかり優先して
ちっとも家庭を顧みない。」
そのように思っている世の妻は、とても多いのです。

男性も、うすうす それに気づきながら
「家庭を守るために仕事をしているんだ。
それを理解しろ!」と
ご自分を正当化しているのではないでしょうか?

仕事ができる男性は特に、
近い人(奥さんやお子さん)より、
遠くの人(職場の人やお客様)を優先する傾向があります。

「妻や子は、理解してくれるだろう」という
甘えがあるのかもしれません。

もちろん、仕事で「成功」したいでしょう。

でも、仕事を優先するあまり
家庭が後回しになり不幸になっていっては
本末転倒ですね。

仕事で「成功」し、家庭で「幸せ」になる!

ビジネスの成功とプライベートの幸せ、
両方を手に入れてこそ、
真に充実した人生だと言えるのではないでしょうか!



人は、いつからでも変わることができます!

当事務所は、
奥さんと幸せになりたい方、
ご自分の周りを幸せにしたい方を
どこまでも応援します!!
2016-12-09 09:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ