高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

結婚した夫婦の5組中4組が離婚する?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (113)
「将来的には、結婚した5組中4組が離婚する」
という話を聞きました。



その方の主観が入っていると思われるので、
本当にそんな時代が来るかどうかわかりませんが、
結婚する人より離婚する人の方が多いのなら、
そもそも結婚する意味があるのか?

結婚制度の根本を揺るがすかもしれません。

現代は、
かなり結婚へのハードルが高くなっていますね。

私が若い頃は、
「とにかく結婚すれば何とかなる」という空気もありましたが。

恋愛熱に浮かれて、
勢いで結婚してしまうのは良くありませんが、
だからと言って、
頭で考えすぎて行動に移せないのも どうかと思います。

頭で考えているだけでは、
「結婚は、コスパが悪い」というところに
考えが行ってしまうかもしれませんね。

ごちゃごちゃ言っていないで、
まずは、「この人を、生涯愛し続ける!」と
決意するだけでいいと思います。

その思いから、すべてが始まりますから。

これから結婚する人も、
何年も前に結婚した人も、今 決意してくださいね。

「この人(配偶者)を、生涯愛する!」と。
2017-06-29 10:00:00

配偶者にムカついた時、した方がいいこと

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (113)
カウンセリングの場でなくても、
交流会や懇親会の場で、
プライベートを打ち明ける方がいらっしゃいます。



既婚者であれば、家庭が大切なのは皆 同じですが、
身近であるがゆえに、
「後回し」にしてしまうことが多々あるんですね。

休日に家族で出かける予定になっていても、
急な仕事が入ったら、そちらを優先しなければならない……。

残される配偶者と子どもは、
頭ではわかっていても、
「自分たちは、大切にされていないのではないか」という思いが
拭い切れないかもしれません。

それが、しょっちゅうだと
ご自分の信用も失ってしまい、
挙句の果てに離婚や、
お子さんの反抗期が長引く、なんてことも他人事ではない?


「配偶者はともかく、
子どもがかわいそうだから、離婚しないでいる」
「子どもが成人するまでは、(離婚を)我慢する」
と言う人も、少なくありません。

このブログを読んでいるあなたも、そう思っている?!

だからと言って、
自分の配偶者から、このように思われているとしたら
悲しいですね。

ここで意地を張るか、
軌道修正するかが、運命の分かれ道!

人は、いつからでも どこからでも変わることができます!

意地を張り続けるより、
配偶者の「いいトコ探し」をする方が、
あなたの心も楽になると思います。

あなたも、配偶者に「いいトコ探し」を
してもらってくださいね!
2017-06-23 10:00:00

仕事も夜の生活も充実! そんな人生にしませんか?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (113)
「夫婦仲がうまくいくためには、○○をすればいい!」
というタイトルの記事があれば、
「へぇ、どんな?」と
思わず読んでしまいます。



「確かに、その通り!」と思うようなことが
書いてありますね。

まぁ、極端な言い方をすれば、
「○○をするだけで夫婦仲がうまくいくなら、
誰も苦労しないよね」と思ってしまいます。

私も人目を引くために
このようなタイトルをつけたブログを書くことがありますが、
「○○をするだけで」なんて、まったく思っていません。

夫婦仲がうまくいくためには、
当たり前のことですが、
うまくいくための正しい選択と努力をする必要があります。

決して「我慢」ではありませんよ。

我慢や忍耐は、長続きしませんから。

自分を犠牲にしたところで苦しいだけですよね。

自分が自然にいられて、居心地がいい。
誰もが、そんな家庭に憧れていると思います。

自分がそう思い、配偶者にも そう思ってもらえる。

そのためには、
夫婦ともに健康で仕事をし、
お互いを尊重し、楽しんで生きる。
夫婦だから、夜の生活も充実している。

どれもが満たされていれば最高ですね!

仕事が充実し、
家の中がキチンと片付いていて
家庭でも幸せを感じていただきたい。

夜の生活も充実し、
力みなぎる人生を送っていただきたい。

そのような人生の方を増やすため、
今日も自分の心とお客様の幸せに向かい続けます!
2017-06-15 10:00:00

このブログから、幸せの波動を広げる!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (113)

先日の研修で
「誰に貢献するのか」
「誰のために貢献するのか」の違いを学びました。



一見、同じように見えますが、
特に、私の業務にとっては 似て非なるもの。

「誰に」というのは、目の前のお客様に対して。

「誰のために」というのは、
お客様を取り巻く方々に対して。

私の業務は、
ご来所くださるお客様だけを
幸せにすればいいというものではありません。

お客様はもちろん、
配偶者、お子さん、親御さん、
お客様の友人、ご近所の方まで
幸せを広げてこそ意味があるのです。


ご夫婦は、最も小さな社会。

最も身近にいる配偶者と うまくいかなくて、
お子さんを幸せにすることは難しいでしょう。

家庭で幸せを感じられないのに、
仕事で成功したところで
満足な人生だと言えるでしょうか。

私は、私に会いに来てくださった
お客様を幸せにすることはもちろん、
お客様のご家族を幸せにするため
日々奮闘しています!

このブログを読んでくださっている皆さん、
必ず、幸せになってくださいね!

2017-06-01 10:00:00

夫婦関係を語るに避けられない夜の生活!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (113)
5月は、1年の中で最も過ごしやすい気候です。



暑すぎず寒すぎず、冷暖房は必要ないし、
昼の時間が長いので、多くの活動ができます。

でも「五月病」という言葉があるように、
5月に調子を崩してしまう人も多いんですよね。

夫婦関係が悪くなる季節というのは
特にないと思うのですが、
離婚は3月に多いと言われています。

お子さんの進学・進級が関係していると思われます。

何月であろうと、
夫婦関係が悪くなるのは関係ないとしたら、
いつからでも(どのような状態からでも)
夫婦関係を良くすることができるということです。

配偶者が何をしようと、何を言おうと、
自分が「夫婦関係を良好に保つ」ことが
できればいいだけです。

状態によっては、
「夫婦関係を壊してしまった方が楽なのではないか」と
考えてしまうことがあるかもしれません。

目先は その方が楽でも、
苦しみを避けるために楽を選ぶのであれば、
その先に、もっと大きな苦しみが
待ち受けていることは間違いありません。

夜の生活を含め、
今までを見直してみてはいかがでしょうか?
2017-05-19 10:00:00

前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ