高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

配偶者からの離婚宣言! あなたの選択は?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (106)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

母のお付き合いで、
「フォレスタ コンサート in神戸」
を聞きに行きました。

素晴らしい声を、
ライブで聞けるのは感動しますね!

「選び抜かれた人」のオーラが
漂っていました。



この土日、
ボ~っとしていたのか
「奇数日10時、ブログ更新」という
マイルールが抜け落ちていました。

気がついたときは、
10時を過ぎていて……。

ここで、
「ま、いっか。
今回は休んで、2日後の奇数日で」と思うか、
「いやいや、今からでも更新!」と思うか。

究極の、ではありませんが、
自分の選択には違いありませんね。


人生は、自己選択の連続です。

私のところに通ってくださっている
クライアントさんも、
今、どんな選択をするかで、
人生が大きく変わる分岐点にいるわけです。


夫(妻)から、離婚したいと言われているとき、
これ以上、
配偶者からの言葉で傷つきたくないから
離婚の道を選ぶのか、
子どものためにも修復する努力をするのか、で
人生は大きく変わります。

もちろん
「時が解決してくれるかも?」という
現状維持の道を選んで
結論を先送りにする場合もありますが
(「現状維持」は多くの場合、ジリ貧です)。


どのような過程をたどろうとも、
配偶者が何を言おうと、何をしようと、
最終的には
あなたが望んだ結論に落ち着きます。

あなたが本当に望んでいるのは、
自分が傷つきたくないことでしょうか?

それとも、
良い夫婦関係を築くことでしょうか?

ご自身が本当に望んでいることを、
ご自身の心に、問いかけ続けてくださいね。
2018-05-13 11:09:06

夫婦関係を修復できた方の、その後は?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (106)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今度の日曜日は、母の日ですね。

私も、母の日に先立って
実家の母に
お祝いを持って行きました。



夫婦関係を修復されて、
私の元を巣立って行かれた方と
久しぶりに、

お会いする機会をいただきました。

最近のお互いの近況を報告し合っていたら、
アッと言う間に時間が過ぎていくものですね。

お子さんの学校のことや、
ご自身の仕事、
将来の夢にまで話が及びました。

一番嬉しかったのは、
当事務所に通ってこられていた時、
私がお伝えしたことが、
彼女の今の日常生活に、
しっかりと活かされていることでした。

彼女はもう、
決して目的を見失うことなく、
ご主人を愛し、
お子さんを健やかに育てていくことでしょう!


改めて
「目的と願望を明確にすることの大切さ」を
実感した次第です。

彼女には、当時から
「家族で、幸せな家庭を築きたい」という
明確で強い願望がありました。

その願望に向かって、
正しい選択と努力をし続けた人は、
必ず願いは叶えられるのですね。


では、私の願望は何なのか?

私の人生ビジョンは
「幸せなご夫婦、幸せなご家族を
この世に増やすこと」です。

先に挙げた彼女のような人を、
この世に増やしていきたい!

そして、その人の周りにも
幸せな人が増えてほしい!!


世の中に「私は幸せだ」と思える人を増やすため、
今日も、力を尽くします!
2018-05-11 10:00:00

お金 VS 離婚! 究極の選択?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (106)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

待望のゴールデンウイーク。

晴天が続き、片づけも進みます。

日本には、年末に
大掃除をする風習がありますが、
何も寒くて忙しい年末に
やらなくてもいいんです。

5月の連休は、
出かけたところで人は一杯だし、
疲れるだけ。

だったら、家にいて
片づけに精を出す方がいいんだ~
というのが私の考え。

この時期、晴天の日は
部屋が明るいから、
ホコリもバッチリ見えるんですー。



当事務所に、ご相談にいらっしゃる女性
ご主人との関係に悩んでいるわけですが、
最終的にどうしたいのか、
どうなりたいのかが曖昧なケースが多いんです。

「このような状態なのですが、
もう離婚するしかないでしょうか?」
というように。

どのような状態であろうとも、
その方がどうなりたい、どうしたい
と思っているかが鍵となります。

離婚したいのなら、
結婚生活でのメリットをすべて捨てて、
新しい人生を切り開いていく覚悟が必要です。

経済的に苦しくなるでしょうし、
仕事も今まで以上に頑張り、
子育ても一人で担わなくてはいけない。


離婚しない道を選ぶのなら、
多少は気に入らないことがあっても
ご主人を立てて、
とりあえずは表向きだけでも
上手くやっていかなくてはいけませんね。


「経済的に困るから離婚はしたくないけど、
だからと言って、
夫を立ててまで
うまくやっていきたくはない」

そのようなご意見の奥さんは、
将来的にはジリ貧になっていく
「現状維持」という
今は一番楽な道を選んで、
文句を言う毎日を送ればいいと思います。

そんな人に限って
「宝くじでも当たれば、離婚するのに!」
なんて言うんですよね。

そんな人に、
高額な宝くじが当たると思いますか?
2018-04-29 10:00:00

離婚すれば、今の苦しみから解放される?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (106)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

もう冬物はクリーニングに出していいでしょ?

と思いつつ、
いや、まだかも?!

これには いつも出遅れ?て
冬物をクリーニングの出すのは、連休前?!

まぁ、日数がかかろうとも、
次の冬までに手元に返ってくればいいしね。



私は、
ご夫婦の関係がうまくいくように
サポートさせていただいております。

ご夫婦だけで話し合うと、
内輪の関係だけに、
圧力釜の中のように外に漏れることなく、
感情だけが膨れ上がって
しまうことにもなりかねません。

そんな時は、
第三者を入れた方がいい場合もありますね。

二人だけで話し合って、
前向きな考えが出てくればいいですが、
おそらく、
目の前の苦しいことから目を背けることを
考えてしまうのではないでしょうか?

人間は、どうしても
「目先の楽」を選択してしまうんですね。

それが後々、
いいことではないと わかっていても。

また、後のことなんか考えられずに
今の苦しみから逃れることだけを
望んでしまう……。

それで、安易に「離婚」の道を
選択しようとするわけです。

とにかく目の前から
夫(妻)がいなくなってくれたら、
今の苦しみから解放される……。

それだけしか、
考えられなくなってしまうのでしょう。

でも、嫌なことから目を背けて、
一時的にホッとしたとしても、
その後、もっと大きな壁が
待ち構えていることは想像に難くありません。


「お金のこと」だけを考えるのなら、
離婚しない方がいいと思います。

が、それ以上に優先することがあるから、
離婚の道を選択するのですよね?

離婚するなら、
経済的に苦しくなることは、
あらかじめ覚悟しておいてくださいね。

男性(養育費を支払い続ける等)も
女性(仕事や子育てのための資金等)も。

経済的不安があるのなら、
離婚は思いとどまった方がいいのかもしれません。
2018-04-07 10:00:00

妻の、本当の願望に気づいていますか?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (106)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

方向オンチの私は
知らないところに行くのが
とても怖いのですが、
最近はネットで「路線」や「地図」を
あらかじめ調べられるので、
助かっています。

昔なら、いちいち
分厚い「時刻表」や
現地の「地図」で
時間をかけて調べていましたが。

便利になった分、もしかしたら
何かを失っているのかもしれません。



何か、想定外のことが起きたら
必ず何かのせいにする人って、
あなたの周りにいませんか?

かつて、
私は そんな人でした(反省!)。

「私はちゃんとやっているのに、
どうしてうまくいかないの?!」

そんな風に考えていました。


仕事において、
お客様からの要望に応えたつもりが、
お客様の気が変わって、
企画そのものがオジャンになる……。

こんなことは、しょっちゅうでした。

「私は、ちゃんとやっているのに……」
それが、当時の私の思考でした。

でも、今から考えると
お客様の本当の思い、
本当の願望に気づけていなかったから、
表面上の要望に応えただけだったんですね。


夫婦間でも、そうかもしれない。

男性方は
「妻の言うことが、コロコロ変わる」と
おっしゃるのですが、
奥さんの本当の願望に気づいていますか?

奥さんの言う通りにしたからといって、
必ずしも奥さんが満足するわけではないんです。

奥さんは、ご主人に
自分の本当の思いに気づいてほしいと思っています。

それには、日頃から
奥さんに関心を持つ必要がありますね。

「いちいち、面倒くさい」と
思うかもしれませんね。

でも、日頃から、
気をつけているのといないのとでは、
後々、ご自身に返ってくるものが
大きく違います!

妻たちは、夫に尽くしたいと思っています!

夫に喜んでもらいたいと思っています!!

「私の愛が当たり前だと思っているな……」と
妻が感じた瞬間、
その思いは、急速にしぼんでしまうのです。


妻の本当の望みを聞き、
そして、あなた自身の本当の望みを、
あなた自身の胸に聞いてみてくださいね。
2018-03-19 10:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ