高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

欲しいものを、すべて手に入れる!!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (177)

大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

緊急事態宣言が出ているので、
それまでとは違った生活パターンになり、
体調を崩している人も
少なくないのではないでしょうか?

運動不足、間食や昼寝をしてしまう、
遅寝遅起きになりがち等々。

誰しも意志は強くないので、
食べる、寝るなど
目先の快楽を優先してしまいます。



それを根性でどうにかしようとしても
3日坊主ならぬ
1日坊主で終わってしまいませんか?

それは決して
あなたが弱いからではない。

人間の脳が、
苦しいことよりも楽なことを
優先するようにできているからなんですね。

それを打破するには、
強い願望を持つことです。

「私はこうなりたい!」という強い願望を!!

本気で痩せたいなら、
「なぜ、私は痩せたいのか?」を
徹底的に考え、
「痩せて、どんな生活を手に入れるのか?」を
具体的にイメージできるなら、
本能で「食べたい」と思っても、
それを上回る「痩せて美しくなる」願望が
勝つのではないでしょうか?

とは言え、
言葉で言うほど実際はうまくいきませんね。

それはただ、
願望が強くないだけなんです
(だから、目先の快楽を優先してしまう……)。

「仕事で成功したい」と思っても
「責任が増えるのは嫌だ」とも思ったら、
成功は難しいですね。

どちらの願望が強いか、です。

要は、
「強い願望を持つこと」
「それに向かって正しい選択と努力をすること」
これができれば、手に入らないものはない?

健康も、幸せな家庭も、仕事での成功も、お金も!

あなたは、すべてを手に入れたくありませんか?

まずは、あなたならではの
「燃えるような願望」を
具体的に思い描いてくださいね。

このブログを読んでくださっているあなたが、
思い通りの人生を手に入れ
仕事で成功し、プライベートで幸せになられるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。

2021-01-25 10:00:00

あなたは配偶者と 信頼関係を築けていますか?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (177)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

大阪府に緊急事態宣言が
出されることになりました。

事態は私たちが考える以上に深刻化しています。

必要以上の外出は避け、
私自身ができることをしていきたいと思います。



不安な世の中ですね。

人間は生きている限り、
不安感からは逃れられません。

なぜ、不安になるのか?

それは、生きるために必要だからです。

不安感がなかったら、
闇雲に突っ走って大怪我をすることになります。

だから、自分の身を守るために
不安感があるのではないでしょうか?

不安感と似た言葉に、
危機感というのがあります。

不安感というのは、
煙幕のような形のないものです。

それに対して、危機感は
予測できるものではないでしょうか?

このまま行くとヤバいかも、みたいな。

そう思うのなら、
早めに手を打った方がいいですね。

このまま行くと、いずれ夫婦関係が破綻する。

そんな危機感があって、
夫婦関係を破綻させたくないとお思いなら、
何もしないでいるのは危険です。

「どうしよう、どうしよう……」と
オロオロしているうちに、
事態は坂道を転がり落ちるように悪化していく。

よくあるパターンです。

そして、どうしようもなくなってから
専門家の門をたたく。

これでは、打てる手も少なくなってしまいます。

一番いいのは、
「このまま行くとヤバい」と思った時点で
専門家に相談することです。

それよりも
「自分トコだけは大丈夫」と思わず、
普段から夫婦間の信頼関係を築いておくことです。

あなたは、配偶者を愛していますか?

配偶者を信頼していますか?

配偶者から愛されていますか?

配偶者から信頼されていますか?

配偶者から愛され、
信頼されるに値する行動を
普段からとっていますか?

何を考えているのかではなく、
何を言っているかでもなく、
行動こそが真実です。

口では うまく言っていても
やっていることがそれに伴う行動でなかったら
そんな人は信頼できませんしね。

このブログを読んでくださっているあなたが、
配偶者を愛し信頼し、
配偶者から愛され 信頼される人生を送られるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-01-13 10:00:00

長期的に、身近な人と真の幸せを築きませんか?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (177)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今日は、成人の日。

成人を迎えられた124万人の皆さん、
おめでとうございます!

ご両親の愛を受け、
今日の日を迎えられたと思います。

今後は、その愛を社会に与えられるよう
若い力に期待しています。



私は職業柄、
中小企業の経営者の方と
お会いする機会が多いのですが
(最近は、専らzoomです)、
この時代を乗り切るために
広い視野を持っておられる方ばかりです。

企業を守り、
従業員さんとご家族の生活を守るため、
それぞれの得意分野で
懸命に知恵を振り絞っていらっしゃいます。

あなたの会社の社長さんも、
そうだと思います。

社員であるあなたと
あなたのご家族の生活を守るために
今日も奔走してくださっているでしょう。

私も、ご縁をいただいたお客様の幸せのために
精一杯サポートさせていただいています。

「何がなんでも、夫婦関係を良くしたい」と
固く決意された方ばかりです。

残念ながら
そのような方ばかりではなく、
お電話でお問い合わせいただいたものの、
それっきりの方も少なくありません。

「そこまでじゃなくていいから、
今より少しだけ夫婦関係がましになる
ヒントだけいただければ……」

「夫の浮気をやめさせたいのですが……」

「夫の浮気相手にギャフンと言わせてから
夫婦関係を改善させたい」

などと おっしゃる方は、
最初のお問い合わせの段階で
お断りさせていただいております。

まぁ、最近は書籍やブログの効果からか
あまりそのような方は来られなくなりましたが。

きっと、他の事務所に行っておられるのでしょう。

それで いいのです。

1度しかない人生ですから、
望むままに生きればいいと思います。

ご夫婦やご家族で、
長期的に真の幸せを築きたいとお考えの方に向け、
全身全霊を込めてサポートさせていただいております。

このブログを読んでくださっているあなたが、
身近な人と良い関係を築き続けられるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-01-11 10:00:00

夫婦関係を良くすることができる人は、何が違う?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (177)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今年も、年賀状がたくさん届きました。

見事夫婦関係を修復され、
私のもとを巣立って行かれた方からの
近況報告を兼ねたお年賀状は、
とても励みになります。



最近は、お年賀状ではなく、
メールでの新年のご挨拶をされる方が
増えていますが、
それぞれの選択ですね。

転職された方、
新しい命を授かった方、
ご家族での写真付きのお年賀状を
送ってくださる方、
残念ながら夫婦関係を修復できなかったけれど
離婚してからも子どもの父母として
つかず離れずの関係を築けておられる方等
それぞれの方のお顔を思い浮かべ
瞑想に浸らせていただきました。

もちろん、うまくいったケースばかりではありません。

コースの途中でリタイアされた方、
ある日を境に音信不通になってしまった方も
残念ながら少なからずいらっしゃいます。

私の力不足もありますから、
もちろん、それらの方々を
責めるつもりはありません。

夫婦関係を修復することができた方と
できなかった方に、
どんな違いがあるのか?

それは「求めるものの差」です。

何がなんでも、夫婦関係を修復させたいのか、
できれば夫婦関係を修復できたらいいなと
思っているのか。

この「差」です。

どちらが、夫婦関係を修復できるか、
お分かりですね?

後者の方に共通するのは
「自分は夫婦関係を修復させたかったけれど、
相手が……」という他責が見られました。

逆に、夫婦関係を修復できた方に共通するのは
「自分に責任がある」ということでした。

ご本人が、悪いと言っているのではありません。

「自分が変わることで夫婦関係を立て直したい」
という意志をお持ちの方が
夫婦関係を良好にすることができるのです。

自分が変われば、配偶者も変わります。

私は、このような方を何人も見てきました。

私自身も勉強させていただき、
感動もいただきました。

夫婦関係をより良いものとし、
幸せな人生を歩みたい方々のサポートの道を、
これからも歩んでいく次第です。

このブログを読んでくださっているあなたが、
良い夫婦関係を築き、
幸せな人生を歩まれるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-01-05 10:00:00

衣食住が整っていることに、感謝!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (177)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今日で2020年が終わります。

今年は、今まで経験したことのないことが
たくさん起きました。

でも、どのようなことがあろうとも
人は打開策を見つけていくものです。

そして、このような時こそ
人は成長するのではないでしょうか。

人は、順境で衰退し
逆境で成長しますから。

今まで、当たり前だと思っていたことにも
感謝できるようになりました。

「衣食住が整っていること」にです。

季節に合った服を持っていること。

飢えることなく食事ができること。

帰る家があること。

そして、一緒に暮らしてくれる家族がいること。

新型コロナ感染拡大で在宅時間が長くなり、
夫婦関係がギクシャクした人、
逆に夫婦関係が良くなったご家庭もあると思います。

どのような夫婦関係を築きたいのか?

良い夫婦関係を築きたいのなら、
それに見合った行動をしていかなくてはなりません。

良い夫婦関係を築きたいのに、
配偶者に八つ当たりをしていては
思うような未来を築くことはできませんね。

でも実際、
それをやってしまう人が後を絶たないのです。

配偶者の悪いところを指摘したら
反省して直してくれるかも?
という思惑からなんでしょうが、
結果は配偶者の心が離れていくだけなんです。

心当たりのある方も
多いのではないでしょうか?

配偶者と良い関係を築きたいなら、
配偶者の良いところを見て、
感謝するところから始めたいものですね。

何事も「自分が源」ですから。


この一年、無事に過ごせたことと
配偶者の存在に感謝し、新年を迎えましょう!


今年は大変お世話になりました。

来年も
「木下雅子行政書士事務所ブログ」を
よろしくお願いいたします。

良いお年を♡
2020-12-31 10:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ