高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

最も大切にすべき人は、配偶者!!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (44)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

日の入りが、
だいぶ早くなってきましたね。

秋の夕暮れは早いので、
空き巣が増えるんだそうです。

ウチは大丈夫だと思わずに、
十分ご用心くださいね。



私たちは皆、
幸せになりたいと思っています。

では「幸せ」とは、
どのような状態を言うのでしょう?

具体的には、
人によって違うでしょうが、
そもそも考えてみたことがあるでしょうか?

「お金持ちになりたい」とか
「楽して暮らしたい」とか?

働かないで暮らせるだけの
お金があればいいということではなく、
多くの人が、
やりがいのある仕事ができて
それに見合う対価をいただきたいと
考えていることでしょう。

それと共に、プライベートでも
家族に囲まれて、
身近な人と良い人間関係を
築きたいのではないでしょうか?

仕事とプライベート、
どちらにも恵まれて、
豊かな人生を過ごしたいですよね。

それには、
バランスが必要です。

時間と手間とお金を、
どれくらいかけているでしょうか。

良い仕事をするために、
投資していますか?

最も近い関係である家族を
大切にしているでしょうか?

あなたは、家族から
大切にされたら嬉しいですよね!!



家族を
大切だと思っていて、
大切だと言っているだけでは、
家族に伝わらないかもしれません。

行動こそが真実なのです。

家族を本当に大切に思うのなら、
家族、とくに配偶者に
時間と手間とお金をかけてあげてくださいね。
2019-09-19 10:00:00

夫婦喧嘩をしてしまった翌日、あなたはどうする?

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (44)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

webやホームページのことを
もっと深く知るため
個別相談会に参加しました。

「こんなこと聞いてもいいのかなー?」
と思うことでも、
的確に答えてくださいます。

このような機会をいただけることに
感謝です!



夫婦喧嘩をしてしまった翌日、
何か買って帰った方がいいのか、
男性の方からご相談を受けました。

結論から申し上げると、
誕生日など特別な日でもないのに
プレゼントを買って帰ると
浮気を疑われたりして、
痛くもない腹を
探られることになるので
しない方がいいと思います。

それより普通にしていて、
この機会に
奥さんのことを
観察してみてはいかがでしょうか?

あなたは
家庭の主たる稼ぎ手として
頑張っていらっしゃることでしょう。

あなたが帰宅した際、
温かい食事やお風呂が
用意されているのは、
決して当たり前ではありません。

奥さんが
支えてくださっているからですよね?


「家族のために働いているのだから、
家の中が整えられていて当たり前」

と 考える男性と

「家族のために、
家の中を整えてくれてありがとう」

と 妻に言える男性。

どちらの男性が、
円満な家庭を築いていけるのか
言うまでもありませんよね。


このブログを
読んでくださっているあなたが、
後者の男性になっていかれるよう
サポートさせていただきます!

今日も、よろしくお願いいたします!
2019-08-29 10:00:00

別所帯での親子のつき合い方は?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (44)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

「木下家」で 食事に行きました。

息子たちは独立し、結婚したので
実家とは別所帯。

「夫」となった息子には
私の息子だけではない役割を
になっています。

ケジメが必要ですね。



結婚して所帯を持つということは、
経済的にも 精神的にも
親からは独立するということです。

もちろん、結婚したからと言って
親子でなくなるわけではありませんが、
今までと同じではありませんね。

親が助けてくれるのが
当たり前ではありません。

特に、経済的な援助は
期待しない方がいいでしょう。


世間は夏休みに入りましたので、
田舎に帰省したり、
親を呼んだりしますね。

その際、
息子・娘夫婦や孫に
よくしてくれるのは、
親御さんの好意からなのです。

なので、当然と思わずに
感謝の気持ちを伝える、
子どもから祖父母にも
感謝の気持ちを伝えられるよう
自然と導くことができるといいですね。

夫婦間、親子間、親戚間のお付き合いが
適度な距離と節度を持ってできるよう、
日頃から心がけておきたいものです。


身近な人との人間関係は、
あなたの精神状態に深く関わってくるでしょう。

あなたが心穏やかに
日々暮らせるよう見守っています。
2019-07-23 10:00:00

夫はATM? 妻は家政婦?

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (44)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

髪の根元の白さが目立ってきたので、
美容室に行きました。

白髪もシワも
年々増えていきます。

私たちは、
望むと望まざるとにかかわらず、
年齢を重ねていくのですね。



結婚して30年、35年たつと、
配偶者に対して
「この年まで、
よく私と一緒にいれくれたな」
という気持ちになる人は多いと思います。

若い頃は、
くだらぬことでケンカになったり、
「顔を見たくもない!」
とまで思ったことが、
一度や二度ではなかったでしょう。

それでも、子育て中は
夫婦で協力しなくては
やっていけない状況になったり、
どちらかが病気になったりして
目先のことをこなすだけで
精一杯な事態をくぐり抜けてきて、
「あの時期があったから、今がある」と
思えたりするものです。


今 子育て中のあなたへ

「子育てが終わったら、
この人と別れてやる!」と 考えていませんか?

あなたが そう考えているとしたら、
配偶者も そう考えているかもしれません。

「夫は、ATMだから」
「妻は、家政婦だから」

配偶者が、自分のことを
そう考えているとしたら、ちょっと嫌ですよね。

でも、もしかして、
それはあなたが 配偶者のことを
そう考えているからかもしれないのです。

まずは、自分が
配偶者に感謝の気持ちを表す。

妻に、夫に
「ありがとう!」と言ってみてください。

言われて、嫌な人はいませんからね。

もし、配偶者が
「ありがとう」の言葉を
素直に受け取ってくれないならば、
日頃のあなたの言動が問題なのかもしれません。


あなたも配偶者も、
この世になくてはならない人なのです。

あなたがいてくれて、
ありがとうございます!

今日もよろしくお願いいたします。
2019-07-09 10:00:00

大切な人を守るため、私たちは生きている!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (44)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

石田くみ子さんの ひとり語り芝居
「槐~ENJYU~」に行ってきました。



最前列をゲットするため、
開場30分前に到着。

待っている間も、
プランニング等で
時間を無駄にはしません。

舞台が始まると、
その世界に引き込まれていきました。

「大切な人を守るため」
というメッセージが響きました。


お芝居の中でのことでしたが、
実生活でも、
大切な人を守るために、
私たちは生きているのですね。

大切な人を守ることで、
自分も守られている。


普段、私たちは
してもらうことは当然視し、
してあげたことを
恩に着せる傾向にありますが、
「してあげた」「してやった」
ではなく、
自らが望んでしたと思いたいです。

「してあげる」ことを選択したのは
自分なのですから。


お芝居を見て、
色んなことを思い巡らせることになったのでした。
2019-06-23 10:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ