高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

「あなたのためを思って」は、通用する?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (37)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

大阪府中小企業家同友会の指針セミナーに
1泊2日で参加してきました。

4年ぶり?!

参加するまでは、
カンが戻るか少し不安でしたが、
杞憂でした。

カンはすぐに戻ったし、
今できる精一杯の貢献を
させていただけたと思います。



「あなたのためを思って」
言ったことでも、
相手は全然そうは思ってくれないこと、
よくありませんか?

「伝える」ことと
「伝わる」ことは全く違うのですね。

そうは言っても、
「これだけ言っているのに、
なぜわからないの?」と
相手のせいにしてしまうから、
亀裂が大きくなっていくのです。

相手に伝わらないのは、
全て「自分に伝える技術がない」と
思った方がいいかもですね。

それ以前に、
そもそも自分が
その人から信用されていないのかもしれません。

信用していない人の言うことなんか、
聞き入れたくないですもんね。


職場でも、家庭でも同じです。

あなたは、職場で
同僚や先輩後輩、上司に信用されていますか?

家庭内で、
配偶者や子どもに信頼されていますか?

自分自身が、
信用されるに値する人になれるよう、
お互い、頑張りましょうね!
2018-11-19 10:00:00

リスク管理! やるべきことをキッチリと!!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (37)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

市役所、銀行、法務局と歩き続けて、
その後、初めて行く会社へ訪問。

方向オンチのため、
慣れない場所に行くのが
正直、不安です……。

ヘンな汗かいたー!


同じ方面への用事を一気に済まそうとして、
半日歩き回ったため、
当然のことながら足が痛いー!

しかも、パンプスだし。


ふと、
「こんな時に地震が来たら
どうするんだろう……」と
考えました。

阪神淡路大震災、
大阪北部地震の発生時、
私は家にいました。

もし、遠方にいるときに
地震が来て、電車が止まって、
歩いて家に帰らなければならず、
パンプスを履いていたとしたら
思考停止してしまいそうです。

必要以上に心配することはないかもしれませんが、
常にリスクの管理はしておくべきなのでしょう。

だからと言って、
いつも運動靴を持ち歩くわけにもいきませんし。

その時々で、
自分ができる限りのことを
していくしかありません。


さぁ、今日も明日も、
スケジュールがびっしりです!

一つひとつを着実に、
書き上げたTodoリストを
片っ端から こなしていきますよー!!

1日の終わりに、手帳を見て、
Todoリストのすべての項目に
チェックが付いていたら
「よっしゃあ!」という気持ちになりますね。

毎日、大きな契約が取れるわけではないけれど、
やるべきことを積み上げていきます!


もしかして、夫婦関係も同じ?!

配偶者に小さな貢献を積み重ねていくことで、
大きな信頼が得られること、
間違いなし!!
2018-11-07 10:00:00

主婦業は、楽なのか?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (37)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

台風一過の後、
また明日から雨の予報が。

雨は、降りすぎても
振りなさ過ぎても困ります。

人間の手に負えないところが
悩ましいですね。



前回のブログ
「家事は、立派な仕事です!」は、
1,100人以上の方にお読みいただけました。

家事は立派な仕事だと、
ご主人に思ってもらえていなかったり、
専業主婦の方も
「仕事をしていない」と
ご自身を責めてしまっているのではないか?
と、思った次第です。

確かに、
サボろうと思えば
サボれる部分はあるし、
マイペースでできることも多いので、
当たり前に思われてしまって、
重要視されないんですかね。

でも、奥さんがいないと
家庭は成り立ちません。

主婦のやるべきことは、
目の前のことだけではなく、
将来を見据えて、
今から備えておかなくてはいけないことが
たくさんありますね。

家族の健康管理、
貯蓄や保険、
家の転居や購入等々、

今日明日は どうこうなくても
一朝一夕で結論が出ないことばかりです。

しかも、目の前のことに追われて、
ついつい 後回しにしてしまい、
余計に忙しくなるという
悪循環を繰り返してしまいます。


男性の仕事も大変ですが、
主婦業も、決して楽ではありません。

主婦業も、立派な仕事ですから!!
2018-10-03 10:00:00

家事は、立派な仕事です!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (37)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

台風24号が過ぎ去りました。

交通機関から計画的に運休が発表されて、
予定は立てやすいと思います。

何事も「予め」というのは大切ですね。



「家事が負担です」というのを、
男性からも女性からも お聞きします。

家事は大切な仕事なのですが、
「雑用」とか
「片手間でできる」というイメージがあるため、
どうしても重要視されないですね。

でも、生きている限り
嫌でも付いてくるんです。

誰かが、やらなくてはいけません。

それを、なかったことに
つまり、家事が存在していないかのように
夫から 扱われていませんか?

食事が用意されていて当たり前。

お風呂に適温のお湯が張ってあって当たり前。

部屋が片付いていて当たり前。

それ以外にも、
こなさなければならない名もない家事が無数にあります。

それが普通だと、夫に思われていて
心に不満を ため込んでいませんか?


世の奥様方へ

あなたの家庭の家事で
ご主人から「報酬」としての
お金が手に入るわけではありませんが、
あなたのやっていることは、立派です!

あなたは、なくてはならない人なのです!!

あなたがいてくれて、ありがとうございます!!!
2018-10-01 10:00:00

盆休み、ご夫婦で争っていませんか?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (37)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

世間は、お盆休みに入りました。

高速道路は
帰省ラッシュですね。

真夏の風物詩です。



お盆休みということは、
会社員のご主人は家にいることになりますね。

小さいお子さんがいる方は
子育てに孤軍奮闘していたママは
ちょっと一息つけるでしょうか?

でも、一緒にいる時間が長くなると
行き違いが生じる元になることがありますね。

奥さんとしては、
この機会に、
家事や子育てを担当してほしい。

ご主人としては、
せっかくのお盆休みなので、
ゆっくり休みたい。

そこで、不和が生じるわけですね。

自分より、向こうの方が楽してるじゃないかと。

自分の思いや苦労は、
あなたにはわからないだろうと。


子育て中は、
お互い気持ちに余裕がありませんからね。

そして、若い夫婦は、
お金にも余裕がないことが多い。

それが相まって、
イライラしてしまうのです。


今は大変でしょうが、
このヤマを是非、乗り越えてください!

後で
良い思い出話になりますから。


良い思い出話を語ることができるのは、
真正面から誠実に、
そのヤマを乗り越えた人だけなんですね。
2018-08-11 10:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ