高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

「家庭」は、癒しの場所になっていますか?

カテゴリ : カウンセリングについて(49)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

明日は、バレンタインデーですね。

夫はお酒が飲めない甘党なので、
毎年楽しみにしていてくれるようです。

手作りなどできない私ですので、
今日、買う時間を確保しています。



仕事での人間関係はうまくいっているのに、
夫婦間の関係だけが良くない、
と言う人はいるでしょうか?

何とか仕事をこなしていたとしても、
身近な人との関係が良くなければ、
精神がガサガサになりそうですね。

子どもでも、
学校でいじめに遭っていたとしても、
家族間の関係が良ければ、
何とか耐えることができるそうです。

でも、逆だったとしたら……。

本来安らぎの場である家庭の中が
最も疲れる場所だったなら、
帰りたくありませんよね。

夫は、仕事で疲れた体と心を
妻に癒してほしいと考えます。

妻は、一日中 幼子と過ごし、
仕事から帰ってきた夫に
話を聞いてほしいと待ち構えています。

この両者がどのような状態になるのか、
このブログを読んでくださっているあなたなら
用意に想像できると思います。

そもそも、配偶者に求めているものが
正反対のことなので、
家庭の中が疲れる場になってしまうわけです。

そしてムクムクと湧き上がってくるのが
「離婚」の二文字。

これが、望んでいた生活なのだろうか?

この人ではなくて、
自分に合う人がこの世のどこかに
いるのではないだろうか?

そんな思いが湧きあがってくることが
あるかもしれません。


今のツラい状況をずっと考えていたら、
ますますツライ思いが募っていくでしょう。

そして体調も悪くなるという
連鎖反応を起こしてしまいます。

そんな時は
「何かをすること」で
気分転換をしてみてはいかがでしょう?

ちょっとしたことでいいのです。

深呼吸をする。

お茶を飲む。

屋外やベランダに出てみる。

わずか1~2分のことでも、
気分を変えられるはずです。

この1~2分のブレイクタイムを
入れるか入れないかで、
人生を左右する「離婚」が
避けられるかもしれないのです。

とは言え、
自力だけでは手に負えない時が
あるかもしれません。

そのような時は、プロの手を借りて
カウンセリングを受けてください。

きっとあなたの求めるものが手に入ります!

あなたは、配偶者と
どのような生活を送りたいですか?

木下雅子行政書士事務所は、
あなたの心に寄り添います!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-13 10:00:00

YouTube、ありがたい情報源です!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (74)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

1日遅れのブログ更新です。

遅れてはしまいましたが、
「奇数日にブログ更新」という
自分との約束は守らなきゃ、ですね。



最近はよく、
YouTubeを見ています。

ためになる動画もたくさんありますから。

本来ならセミナーにでも行かなければ
手に入らなかった情報が、
家に居ながらにして手に入るのが
今の時代です。

自分にとって
興味のある分野を選べるのも
嬉しいですね。

ただ、ゲームと同じで
一時的な楽しみだけで
その後につながらないものも
少なくありませんが。

どの動画を選んで見るのか?

そもそも
動画を見るのか見ないのかさえも
選択しているのは自分です。

有限である時間を
どのように使うのか?

全て、あなたに委ねられています。

お互い、無駄な時間を
過ごさないようにしたいものですね。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-12 10:00:00

結婚生活は「我慢」なのか?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (126)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

大阪府中小企業家同友会
北ブロック指針セミナーに参加しました。

熱心な中小企業の経営者の勉強会は、
頑張る力を与えてくれます。



家庭の中では、
日々葛藤が起きます。

我慢しなくてはいけないことも
多いですよね。

でもこれは、
「我慢」なのでしょうか?

一人暮らしではないのですから、
100パーセント自分の思いだけで
暮らすことはできません。

「我慢」だと思うか、
「すり合わせ」だと思うのかは、
解釈の違いです。

お互いが、
それほどストレスを感じることなく、
気持ちよく過ごしていけるように、
「自分が何を求めているのか」を
ハッキリさせた方がいいですね。

でないと、相手に
「こうしてほしい!」という
想いばかりがつのりますから。

自分のことって、
自分が一番わかっていなかったりします。

全ては
自分の思いから始まることですね。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-09 10:00:00

食器洗い、夫婦のどちらがやるべき?!

カテゴリ : 日常の家事(18)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

2月に入って、
急に寒くなりましたね。

1月が暖かかったので、
余計に寒さが染みます。

お体ご自愛下さい。



価値観が多様化する現代ですが、
日本から、一夫一婦制が
なくなることはないと思われます。

旧来の
「男だから」「女だから」という
価値観に縛られることなく、
男でも家事ができないといけないし、
女でも稼ぐ力が
要求されるようになっています。

大変な時代ですね。

とは言え、
「女(妻)は、家事をすべき」とか
「男(夫)は、稼いで家族を養うべき」
という価値観が
根強く残っているのも事実です。

これらは、夫婦で話し合って
それぞれ折り合いをつけていくべきなのですが、
とことん話し合うことなく、
別離を選ぶ人が後を絶たないのが現実です。

これは、良い悪いとか
正しい間違っているということでは
ありませんね。

ちょっとだけでも
夫が家事を進めておいてくれると
妻はとても助かります。

台所の洗い物だけでも……。

でも、夫は
「妻が空いた時間にすればいいし」
とか
「妻には妻のやり方があるから
邪魔してはいけないし」という
もっともな理由をつけて、
洗い物が溜まり続ける……。

洗い物なんて難しいものではないのだから、
ちょっと自分の食べた食器くらい
洗っておいてくれると助かるのですが、
食べっぱなしになっていることが多いですね。

それを怒ったところで
夫には通じない……。

怒りを溜め込まないうちに
話し合った方がいいですね。

どちらかに押し付けるのではなく、
食器洗浄乾燥機を購入するとか、
あなたが長期的に気分良くいられるように。

どのような場面でも、
きっと、打開策が見つかります。

このブログを読んでくださっているあなたが、
家庭で幸せを感じられますように。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-07 10:00:00

身近な人に愛されていますか?

カテゴリ : 行動目標 (147)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

大阪府中小企業家同友会主催
憲章政策委員会勉強会に参加しました。

経営者は、自社のことだけでなく
社会貢献活動に目を向けなければなりません。

同友会に参加する経営者は、
志の高い方ばかりです。

その中にいられることが
とても幸せです。



人には、色々な役割がありますね。

親から見れば、あなたは子ども。

でも、我が子の立場からすれば、
あなたは親です。

子どもであり、
親であり、
夫(妻)であり、
兄弟姉妹や親戚としての立場もあります。

仕事に行けば、社員の立場。

社員と言っても
一社員としてだけでなく、
上司であったり部下であったり、
先輩(後輩)であり。

身近な人との関係がうまくいっていると
人生が充実するし、
幸せを感じることができます。

そのために、自分に何ができるのか?

身近な人にこそ
お役に立てる自分でありたいものです。

それぞれの場所と立場で、
あなたが輝けますように。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-05 10:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ