高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

5つの特徴 「修復」に特化したカウンセリング 自分自身の心の変化から本当に求めている未来へ向かうサポート 行政書士と心理カウンセラー、法と心からのアプローチ オーダーメイドカウンセリング 目的を明確にしたコース設定と料金プラン
facebookページ

あるくおもちゃ

エメ

対応地域

高槻市、茨木市を中心として大阪府下や、兵庫、京都、奈良と関西を中心に全国的にサポートさせて頂いております。
まずはお気軽にご連絡下さい。
対応地域

浮気・不貞行為

「浮気・不貞行為」について当事務所より

当事務所より
当事務所には、夫の浮気に悩む女性が数多く訪れます。
また、浮気をしてしまったという男性だけでなく女性も、ご相談に来られます。
 「相手に浮気をされた」という方は当然ながら怒って、当職の前で、その場にはいない相手を激しく非難します。
「浮気をした」という方からは、反省しているから夫婦関係をやり直したい、相手が悪いから浮気したと開き直る、どうにでもなれと投げやりな言動等、様々な思いを、当職に打ち明けられます。

 浮気は、民法上の不法行為にあたりますので、浮気をした側が全面的に悪いことには違いありません。
が、多くの立場の方のお話しを聞く当職としては、「浮気をされた側にも問題があるのではないか」と思うケースが少なくないのです。
多かれ少なかれ、夫婦双方に非があって「浮気」ということになってしまうのではないでしょうか。

 そもそも、どちらかの浮気が発覚したら、離婚するしかないのでしょうか。誰にでも、魔がさすことはあります。
浮気が悪いことだとわかっていても、人間は弱いもの。人生において、常に正しい選択ができるとは限りません。

 当職は、「この事態を乗り越えてこその夫婦だ」と考えます。
人生の試練を乗り越えて、さらに強い絆で結ばれることも、決して不可能ではありません。

「浮気をした側」「浮気をされた側」、すべての方に、その方ならではの事情があります。
 胸の奥に詰まったその思いを、当職に吐き出してみませんか?

「浮気・不貞行為」の実例

「浮気・不貞行為」の実例
 志津子さん(仮名)は、50歳代でパート勤務。子どもは独立して、夫婦二人暮らし。夫は会社員。
 夫が5年以上前から浮気をしている。
相手は、職場の後輩で独身。離婚はしたくないのだが、夫の浮気を許しているわけではないので心が苦しい。
話しを聞いてくれませんか、とのことで当事務所にみえた。

 5年前に、夫の浮気が発覚した。夫は、その時に別れたと言っているが、未だに続いている気配がある。
自分が何も言わなければ家庭は平和だが、女と会っているのではないかと思うときには、夫を責めるようなことを言ってしまう。
夫は、モノを投げたりするし、言葉の暴力もひどい。必要なこと以外、しゃべりたく ない。
挨拶すらしたくない。夫に話しかけられても無視することがある。
 寝室は、別である。30歳のとき、理由があって寝室を出た。セックスレスである。
 夫からは「お前は、女関係のことしか言わない」「言葉も話題も少ない」「イライラする」と言われる。
 夫とは、考え方がすれ違う。思うように解釈してくれない。私が不機嫌でいても、夫は無関心である。
 でも、生活費は毎月くれている。経済的な事情もあり、離婚はしたくない。

 以上のことを数ヶ月に渡って話され、当職は次のような分析を行った。

・「私の気持ちをわかってほしい」という気持ちが強く、わかってくれない夫にいら立ち、いつも不機嫌でいた。笑顔がない砂漠のような家庭は、夫にとって安らぎの場ではなかった。
・夫の暴力がひどいと言っているが、あなたも無視をしている。無視は、立派な暴力である。
・夫は安らぎを求めて、また性的欲求不満から、浮気に走ったのだろう。
・セックスレスと性的無知。これが一番問題である。
・若い頃から、愛情を育ててこなかった。愛とは与えること。もらうことばかり考えていたのではないか。

 そして、以下のような打開策を示した。

・家庭では、笑顔でいること。不機嫌な顔・無視は禁物。
・家庭は、安らぎの場である。夫にとっても、あなたにとっても安らぎの場となるよう、まず環境を整えてはどうか(掃除や片付け)。
・夫婦の寝室は同室とし、セックスレスと性的無知から脱却すること。
・夫が生活費を入れてくれることに感謝すること。妻だから当然に、養ってもらえるもの、いたわってもらえるもの、愛してもらえるものという考えを捨てること。
・あなたが変わらなければ、夫は変わらない。まず、あなたが変わる必要がある。

 この分析と打開策の提示は、志津子さんにとって、相当辛かったと思う。
彼女はそれまで「浮気をしている夫が、すべて悪い。夫が態度を改めるべきだ。私は何も悪くない!」と思っていたからだ。
 志津子さんは、「夫が悪いのに、私から歩み寄ってあげることはできない」とかたくなであった。

 それから、さらに数ヶ月に渡って、自由連想は子育て時代から成育歴にまで及び、過去の問題が次々に表出されていった。
 夫との関係は、改善されては悪化し、また改善し、を繰り返した。

 志津子さんは、当職が提示した打開策を全ては実行することができなかったが、気持ちの整理がついたらしく、「自分の至らなさを指摘され、こうなったのは 自分の責任もあると思うようになりました。
多くのことに気づかせていただきました」という言葉を残し、当職の元を去ることになった。
 志津子さんと出会ってから、9ヶ月の月日が過ぎていた。

 翌年の元旦、志津子さんから「先生の言葉を思い出しながら暮らしています(後略)」というコメントのお年賀状が届いた。


 当事務所への浮気に関する相談は、思いのほか多い。浮気が離婚に直結してもやむを得ないが、我が身を振り返るチャンスでもある。
相手を責めるだけでは、 問題は解決しない。離婚して別の人と再婚しても、自分が変わらない限り同じことが起きてしまうだろう。
「まず、自分が変わること」。多くの場合に応用できる言葉である。