高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

たまには、療養もいいかもね!

カテゴリ : 普通の日 (28)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

しばらく体調が悪かったので、
できるだけ休む時間を優先してきました。

少し体調が上向いてくると、
人は自分を振り返るのですね。

「これから、どうすればいいのだろうか?」

このまま行くと、
それなりに生きていけます。

それはそれで、OK!

でも、少しでも
良い方向に向けられないかと
アレコレやってみたものの、
できないものは
やっぱりできない……。

これ、全て自分で
やろうとしているからなんですね。

人の力を
借りていなかったことに気づきました。

人の力を借りるのは
何だか申し訳ない気がして、
自分でやろうとするけれど、
自力では
あっという間に限界が来ます。

もちろん、他人が
「この人を助けてあげよう」
と思ってもらえる人間に、
自分が鳴る必要がありますが。


そう考えてみると、
私の周りには、
「貢献」の人生を生きている人が
たくさんいます。

「こんな人になりたいなー」と
思いつつ、同時に
「無理だ……」と思う自分もいます。

無理だと思っている限り、
絶対なれないですね。


まず、心の前提を変えなきゃ!

そして、
心身ともに健康でなくてはいけない!


休んだおかげで
当たり前のことを再確認したのでした。
2019-05-17 10:00:00

自分にできないことをできる人って、スゴイ!!

カテゴリ : 普通の日 (28)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

1週間ぶりのブログです。

パソコンがダウンしてしまい、
私の力では
どうにもできませんでした。

修理に来ていただき、
原因は簡単なことでしたが、
それがわかるのもプロならでは!

30分程度で終わりましたが、
それにお支払いするのは
やぶさかではありません。

私では、どうしようもなかったので。


プロの仕事とは、
こういうものを言うのでしょう。

私が主業務としている
「夫婦関係修復」も、
プロの仕事をしなければなりません。

とは言え、
機械相手ではないので
「打てば響く」という
単純なものではありませんが。


即結果が出るものではないので、
結果が出る前に
挫けてしまわれる方も
もちろん いらっしゃいます。

私の力が及ばなかった部分もありますが、
それも その方が選んだ人生です。

あなたの人生は、あなたに責任があります。

どのようなことになろうとも、
自分で責任をとれる
人生を歩んでいただきたいと思います。

自戒を込めて。



2月18日で、56歳になりました。

私が誕生日ということで、
先日の日曜日、
夫が食事に連れていってくれました。

食事中に会話は、
特にどうということはありません。

「この歳になると、
1年たつのが早いねー」とか
「お互い、
健康に気をつけようね」とか。

まぁ、
どうでもいい話もできるのが夫婦です。


夫婦なので、
心の距離が離れすぎるのは良くない。

だからと言って、
距離が近すぎると、うっとうしい?!

身近な人だからこそ、
感謝の気持ちを忘れず、
適度な距離を保つのが
長続きの秘訣なのかもしれません。
2019-02-25 10:00:00

同窓会の幹事! あなたはやりたい?

カテゴリ : 普通の日 (28)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

高校の同窓会の
幹事をすることになりました。

高校を卒業して、ン十年。

実は、幹事は初めてです。

地元から少し離れたところ
(とは言え、電車で1時間以内)に
住んでいることもあって、
気配を消していた?


昔っから、
人の上に立つことは苦手で、
できたら避けたいことは
そっと存在がないことにしていました。

ズルい?

そうなんですよねー。

あなたは、人のお世話役を
進んで引き受ける方ですか?

それとも、様子見のタイプ?

少なくとも私は、
大勢の中の中心にいられる人間ではなかったし、
今でもそうですね。

権力者?の側につく
コバンザメ人間です。


また、
慣れることに人一倍時間がかかる私は、
慣れた頃に仕事が終わる、
なんてことは しょっちゅうです。

今回も、
同窓会が終わるころに、
「幹事の仕事は、こうやればいいのか!」
という要領をつかむことになるんだろうなー?!


「同窓会の幹事って、何からやればいいの?」
と思ったら、
ググれば、簡単に検索できるんですね。

何と、便利な時代!
(何を今さら……)


同窓会は、
私の記憶が正しければ
16年ぶりです。

頼りになる協力者もいるので、
旧友のお役に立てるよう、
事前準備をしっかりしたいと思います。
2019-01-29 10:00:00

箱根駅伝を見ながらの写真整理、はかどらないー?!

カテゴリ : 普通の日 (28)
夫婦関係修復専門
カウンセラー病勢書士の木下雅子です。

お正月の2日、3日は、
毎年、箱根駅伝を見ています。

我が息子より若い男子学生が
頑張っている姿を見ると、
涙が出そうになります。

下手な?ドラマより、
よっぽど面白い!!



箱根駅伝を見ながら、
片づけの総仕上げである
「写真の整理」をしています。

思ったより、手強い!

写真の整理は最後にするべきという
意味がわかります。

我が家には、
アルバムが27冊あります。

夫も私も、写真を撮るのが好きでしたから。

これを
夫婦用、長男用、次男用、の
3冊にしてしまおうと考えました。

よく見たら、
似たようなのが複数枚。

アルバムから写真を剥がすだけで一仕事!

ン十年前の写真が貼り付いて、
うまく剥がれない……。

これは、思ったより
手間も時間もかかるぞー……。

でも、手をつけ始めたのだから、
やりきらなくてはいけません。


実家の父や祖父の遺品を片付けていて、
もっとも困るのは
やはり「写真」なんです。

どう考えても、捨てにくいですよね。

だとしたら、
自分の写真は、
自分でケリをつけなくてはいけない!

箱根駅伝が終わるまでに、
写真の整理が済むわけありませんが、
やりきらなくちゃ!

3ヶ月くらいを目途に、
春になる頃、
結果をご報告いたします。
2019-01-03 10:00:00

映画は、一人で観るに限る!

カテゴリ : 普通の日 (28)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

映画「泣き虫しょったんの奇跡」に
行ってきました。

現在、事務所は内装工事中なので、
日中は動けず、レイトショーに。

レディースデーで、お客さん8人!



原作も、読んでいます。

原作者は、奨励会員だった瀬川晶司さん。

26歳の年齢制限で奨励会を去り
サラリーマンになりますが、
アマ名人から再びプロ棋士を目指し、
前例なきことに挑むという実話です。


「いつの間にー!」と思ったのですが、
小学生の頃から将棋をしていた息子が、
エキストラとして出演している!!!

出演時間 わずか数秒のために
わざわざ東京の将棋会館まで
撮影に行くって スゴイな~!

人間やりたいことのためには、
仕事のスケジュールを調整して、
数万の交通費をかけてでも
するものなのですね。


松田隆平さんの、
静かな演技が光っていました。

また、監督の豊田さんも
元奨励会員だそうで、
将棋のルールを知らない私が見ても、
見ごたえがあると感じられる映画でした。


良い映画は、一人で観に行くに限る!!


P.s 昨日 9月20日付の新聞で
「日本将棋連盟と大阪府高槻市が
包括連携協定を結んだ」という
記事を見つけました。

自治体との協定を結ぶのは
初めてだそうです。

高槻城跡から
江戸時代の将棋の駒が多数出土している?

何か、嬉しい(^0^)/!
2018-09-21 10:00:00

1 2 3 4 5 6 次へ