高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

配偶者に冷めた?! 今からが「愛」の育て時!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (84)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

一昨日、HPでお世話になっている
(株)フォービック様主催の
ミラクル航会&宴に参加してきました。

3年前の創設時からリストに入っていた私。
今では100名以上のお客様を支えていらっしゃる会社です。

いつも参加している個別講習会への最多参加者として
表彰してくださいました。

賞品は、はん和着物学院様の
着物体験レッスンチケット♡

おかめ顔ゆえ、着物は似合う私!
(自分で言うか?!)

早く、着物を着た写真をアップしたい~!



恋愛結婚が主流となり、
結婚のお世話をしてくれる
お節介な人?がいなくなっている近年、
当事者の意思が重要視されて結婚に至っていますね。

もちろん、戦前の時代のように
親が決めた相手と結婚するという
前世紀のようなことがいいなどと
言うつもりはありません。

でも、それはそれで ある意味冷静であったり
自分の意思だけでどうにもできないことと
割り切ったりして、お相手のことを
冷静に見ることができていたのではないかと思うのです。

最近の恋愛結婚では、恋愛の延長で
なんとなく結婚し、
日常に流されているのではないでしょうか?

二人の将来の目標を合致させたり
深く話し合うこともせず、
二人とも仕事の忙しさに忙殺されている感じがします。

「そのうち 何とかなるだろう」と
安易な気持ちで過ごしているうちに、
気がつけば
「これが私の望んだ結婚だったのだろうか?」という
疑問が湧いてきても、ちっとも不思議ではありません。

結婚した3組のうち1組が離婚する時代ですが、
離婚した夫婦のうちの3分の1が
「結婚5年未満での離婚」です。

強烈に「好き」という思いが
愛情だと錯覚したのですね。

この「強烈に好きという思い」が
冷めてきたと思った時からが、
本当の愛情を育てる時期なのです。

だから、結婚5年未満で離婚してしまうのは、
本当に もったいない!

今からが、本当の夫婦になれる時なのに!!

「好き」という気持ちが冷めたからと言って、
相手を変えるのは愚かです。

自分も成長できるチャンスの芽を摘まずに、
「自分の求めているもの」を見つめ直してください!
2017-12-01 10:00:00

今の配偶者が、運命の相手だと思えますか?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (84)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

そろそろ風邪が流行る季節に
なってきたのでしょうか。

私の周りにも、
体調を崩している人がチラホラいます。

健康がすべてではないけれど、
健康を失うと、すべてを失います。

仕事よりも、他人よりも、
自分の健康が一番! です。



「この人と結婚して、良かったんだろうか?!」

長い結婚生活、
このような思いが湧いてくることも、
一度くらいはあるでしょう。

だって、この人とは性格が合わない……。

そうですよね。

私もカウンセリングの現場で、
何度、この言葉を聞いたでしょう。

残念ながら、
正確がピッタリ合う人は、この世にいません。

自分をこの世に産み出してくれた両親とでさえ、
「性格が合わない!」と
思っている人は多いのではないでしょうか。

ご両親に感謝しつつも、
多かれ少なかれ、
子どもは親から傷を受けるものです。

まして、対等の立場である配偶者から、
傷を受けない人はいないですね。

配偶者は、両親と違って
無条件に、
無償の愛を注いでくれる対象ではありません。

でも、なぜか結婚した途端
配偶者から永遠に愛されると思い込み、
力を抜いてしまうんですね。

妻(夫)の立場に、あぐらをかいている状態です。

だから、最近の風潮として
「不倫」をした芸能人や政治家を
あれ程までに叩きまくるのでしょう。

もしかしたら、それは
配偶者の愛を感じられないから
自分とは関係のない人を叩くことで
「不倫をしたら、ひどい目に合うのよ!」
という思いを 晴らしているのかもしれません。


「運命の相手」なんて いないんです。
「運命の相手」にする!
(「逃げ恥」みくりママのセリフです)

今の配偶者ではなく、
もっと自分に合うと思われる人が、
この広い世の中のどこかに
いるかもしれません。

しかし、その人を探し当てたとしても
今の配偶者を超える信頼関係を築くには、
かなりの年月が必要になることでしょう。

あなたに、そのエネルギーはありますか?

あったとしても、
私は、そのエネルギーを
今の配偶者との関係を良い方向に構築し続けるため
使うことをお勧めいたします。

今日は、昨日と同じとは限りません。

そして、極端な話、
平穏な明日を迎えられる保証もないのです。

ならば、一日一日
愛に満たされた人生を送りたいものですね。
2017-11-09 10:00:00

セックスレスは危険! あなたは それでいいのですか?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (84)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

行楽シーズンの三連休、
いいお天気のようですね。

高速道路は、早くも渋滞が!!

インドア派で、子どもの成人した私は、
行楽地に出かける予定もなく、
家の中で、普段できないことをやる。

片づけ&部屋のリフォーム。

でも、思ったほど片付かないんだよなー……。




先日、共に学ぶ仲間と話す機会がありました。

普通の人なら飲みに行ったりする夜の時間帯に、
学ぶ場に来る人ですから、
意識の高い方ばかりです。

ご自身の仕事に関しては
とても真剣で専門性も高い方ばかりなのですが、
プライベートである「家庭」については
手探り状態なんだな、って思います。

それは、無理もないことなんですね。

多くの人は、
愛し合って結婚すれば、子どもも授かり
平穏に暮らしていけると、
漠然と考えていることでしょう。

私も、若かりし頃 そう思っていました。

でも、努力なしに、
何十年も同じ人を愛し続けるのは無理がある?!

とりわけ「性的無知」「セックスレス」をはじめ、
「夜の生活」については、切実です。

だって、
誰も正しいことを教えてくれなかったんですから、
知らなくって、当然なんですね。

クライアントさんと接していても、
「セックスは、子どもを作るためにするもの。
もう子どもはいらないから、
セックスはなくてよい」と考えている人の多いこと!

それで、セックスレスになってしまい、
「夫が浮気した!」と怒っている
奥さんからのご相談を受けているときに、
『そりゃ、浮気もされますワ……」と
思ってしまう私なのでした。

インターネットが発達し、
誰でも簡単に、性に関する情報を
手にすることができるようになったこの時代、
間違った性に関する情報が氾濫しすぎていますね。

もっと自分を愛し、配偶者を愛し、
それを表現できてこその「夜の生活」のはずです!




「妻が、乗車拒否をする」
「夫の相手が、面倒くさい」

そんな性に関する悲鳴を、なくしていきたい!

今から、その状態を脱しませんか?

幸せなご夫婦、幸せなご家族を増やすために
何ができるか、いつも考えている私です。
2017-11-03 10:00:00

夫が浮気! あなたが変われば、夫も変わる!!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (84)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

昨日は、行政書士会の支部旅行に参加していました。
京都 嵐山。

スマホでたくさん写真を撮ったはずなのに、
なぜかブログに載せられない……。

私の操作が間違っているんだな~。

でも、どこをどうすればいいのかわからない……。

実に、私らしい……。


【夫婦間の危機! 関係修復するまでの軌跡 ⑫ 最終回】

夫の浮気のために、
あなたは、とても傷つきました。

この痛みは、生涯忘れられそうにない……。

そうですね。
一生涯忘れられないほど、
ご主人のことを愛しているのですね。

夫がしたことを許せないと思っているのなら、
それは、愛している証拠です。

何とも思っていない人なら、
例えば、隣の家のご主人が浮気しても、
あなたは何とも思いませんよね?

それは、無関心だからです。

他人の家のことなんか、どうでもいい。

愛する夫だからこそ、
妻である あなた以外の人に目を向けたから許せないのです。

これから、どうしますか?

離婚して、お子さんを引き取って
新しい道を歩むのも人生。

今の時点から、もう一度やり直すことを選ぶのも人生。

解釈は無数にあれど、
道は、大きく分けて この二つに絞られます。

夫婦関係修復を専門にしている当職としては、
「今の時点から、もう一度やり直す人生」を
選んでいただきたいと思っています。

あなた方ご夫婦は、かつて
「結婚する」という大きなハードルを乗り越えたのです。

結婚した時の情熱を覚えていますか?
思い出せますか?

このブログを読んでくださっている あなたは、
きっと愛情深い方でしょう。

結婚して何年もたっていたら、
その時の「愛情」や「情熱」は、
心の隅に押しやられてしまっていたかもしれません。

今こそ、思い出してください!

そして、今となっては当たり前になってしまっていた
「愛情」と「感謝」を
ご主人に伝えてください!

浮気をしてしまった夫は、
確かに大きな過ちを犯しました。

なぜ、そうなってしまったのか?

あなたは、夫に笑顔を向けていましたか?

子ども優先の毎日を送り、
夫のことを二の次にしていなかったでしょうか?

お給料日に、夫にお礼を言っていましたか?

夫は もちろんなのですが、
あなたにも、改善の余地があるはずです。

人のことを とやかく言う前に、
まずは、あなたの行動を振り返ってみてください。

「悪いのは 浮気をした夫なのに、
なぜ私が変わらなきゃいけないの?!」という
ご不満は ごもっとも!

不満は、
カウンセラーである当職に吐き出してください。

泣いても、怒っても、叫んでも いいですよ!

「木下雅子行政書士事務所」は、安心安全な空間です!

あなたの悲しみや苦しみは、すべて当職が受け留めます!

当事務所で、怒りや恨みを吐き出せば、
家に帰って、ご主人に笑顔を向けられるはずです。

あなたの笑顔が、ご主人を笑顔にします。

両親が笑顔なら、子どもも自然と笑顔になるでしょう。

あなたが変われば、家族全員が変われるのです。


ご自身が変わることで
幸せな家庭を築きたいと思っている方、
お子さんを健全に育てたいと思っている方、
この胸に秘めた不満を誰かに聞いてほしい方、
「木下雅子行政書士事務所」に ご連絡ください!

あなたと あなたのご家族が
笑顔のあふれる幸せな人生を歩むことができるよう
どこまでもサポートします。

このシリーズを、最後まで読んでくださって、
ありがとうございました(^^)!
2017-10-15 10:00:00

夫が浮気! このような方からのご相談 お断りします

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (84)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

急に、寒くなりました。
一気に、季節が進みましたね。



虚弱体質?の私は、
「手洗い・うがい」「毎朝のラジオ体操」で、
我が身を守っています。

「病気になる前に、病気にならないようにする!」

ここでも、事前対応!!


【夫婦間の危機! 関係修復するまでの軌跡 ⑪】

前回のブログで、
「ピンチは、チャンスなり!」と申しました。

これは、夫婦関係のことに限りませんね。

仕事で大きなトラブルに巻き込まれたとしても、
ピンチをうまく切り抜け、
ビジネスチャンスが生まれることは、
よくあることですね。

その後、ご自身が成長したことを
実感したに違いありません。


家庭内で いざこざが起きたとき、
「ヤバイ……」と思っても、
ある意味 逃げ場はありません。

家族で、直面している問題に、
立ち向かわなくてはいけません。

「立ち向かう」とは、闘うことではないですよ。

「私にとって、一番大切なものは何か?」
「私が、本当に求めているものは?」

つまり、あなたの本当の気持ちに、
しっかりと向き合うことなのです。


ご主人に浮気された奥さんから
「夫の浮気相手の女に出す、
内容証明を作成してほしい。
その返事を書面でもらえたら、
夫とやり直してもいい」という声を
何度かお聞きしたことがあります。

一度、お会いして お話をお聞きしましたが、
それ以降、この種類のご相談は、
電話でのお問い合わせの段階で
お断りしております。

なぜか?

「内容証明の返事が欲しい」というのは、
夫が浮気をした証拠を、残しておきたいわけです。

そして、今後 何か起きたときには、
これを「証文」として使おうということなのでしょう。

気持ち的には、わからなくはありません。

しかし、現実に
この証文を手にしたらどうなるでしょう?

事あるごとに、夫に この証文を見せて
「あんた、浮気したよね!?」という
脅迫?の材料に使われてしまいます。

夫婦関係を良くするために活動している
私の書いた書面が、
もっと深い夫婦間の亀裂を作る元になるなどと、
想像しただけで耐えられません!

第一、
「夫は浮気をしたけど、今回だけは許す」と
決めたのなら、
全力で修復するために、力を注ぐべきです。

口では「許す」と言っておきながら、
行動では、夫を痛めつけることをする……。

妻の考え方と行動が変わらない限り、
近い将来、必ず
別のことで問題が噴き出すでしょう。

「相手の女に、内容証明を出すこと」と
「夫との関係修復に全力を注ぐこと」。

あなたは、どちらを選択しますか?

あなたの選択に、お子さんも含め、
あなたの家庭の未来がかかっているのです。

(次回、最終回!)
2017-10-14 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ