高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

配偶者との関係が、あなたの人生を左右する!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (86)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

インターネットラジオ
パーソナリティー みぽりん先生 こと
中村美保さんのゲストとして出演しました。

私の業務について
私が話したいことを引き出してくださる
みぽりん先生は、天才です!!!

是非、聞いてみてください!

honmaru-radio.com/kiporin0039



当事務所に通ってくださる
クライアントさんから
お聞きするお話はもちろんですが、
それ以外の方、
例えば異業種交流会でお会いする
経営者の方と話していても
最終的に同じことを思います。

「家庭が、人生の土台!」だと。

血が繋がっている親御さん、
お子さんはもちろんですが、
やはり配偶者との関係が
その人の人生を左右するのではないかと。

もちろん、離婚しているから
その人の人生を否定するということではありません。

離婚しているとしたら、
元配偶者に対して、
今、どのような思いを持っているか。

別れて何年もたっているのに
恨み続けていないでしょうか?

あるいは、離婚はしていなくても
家庭内別居状態で、
それが普通になっていないでしょうか?

どちらも、幸せな人生とは
程遠い状態です。

身近な人との人間関係が、
その人の人生を
良くも悪くもします。

別れてしまったとしても
元配偶者と過ごした時間は、
無かったことになるわけではない。

身近な人との 今の人間関係模様を
あなたが造り出してきたのです。

人は、いつでも どこからでも 誰でも
良くなることができます。

過去に何があろうとも
あなたが、配偶者との人間関係を
良くしたいと思った時から。

このブログを読んでくださっているあなたは、
きっと配偶者と幸せな人生を歩むことができるでしょう!
2018-01-25 10:00:00

「配偶者を、生涯愛する!」と、決めるだけで万事OK!!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (86)
週末、アチーブメントの
「計画の立て方セミナー」に
参加してきました。

年末に参加することは、
とても意義があります。

来年の予定はもちろんのこと、
10年後の未来のあるべき姿を想像して、
計画を立てる!

昨年の今ごろ立てた計画は ほぼ実現し、
それ以上の成果を上げつつあります。

やはり、頭で思い描いているだけでなく、
自分の字で書いてみることが大切です。

そして、日々の行動が、
目的目標に向かっているか確認する。

日々の行動の中に、
人生が成功するカギがあるのでしょう!



「人生が成功する」と言うと、
どうしても「経済的に潤う」ことを
考えてしまう人が多いかもしれませんが、
人生は、それだけではないはずです。

もちろん、経済的に困窮していては
話になりませんが、
経済的に困ってはいなくても、
幸せそうに見えない人は多く存在します。

それは、身近な人との人間関係が
うまくいっていないからですね。

身近な人とは、
夫婦、親子、職場の上司と部下、
学校の先生と生徒、等の関係ですが、
とりわけ、夫婦の関係は
他と大きく異なっています。

それは「セックス」の関係があるからですね。

結婚とは、
「あなた以外の人とセックスしませんよ」という
契約です。

だから、夫婦の関係というのは
他にはない特別なものなのです。

だから、夫婦関係が
人生のすべてを左右すると言っても過言ではない!
(と、私は考えています)

あなたは、配偶者を愛していますか?

「奥さん(ご主人)を、生涯愛する!」と
決めるだけです。

とても、シンプルですね。

配偶者が何を言おうと、何をしようと関係ない!

あなたが、配偶者を愛し続ければいいのです!

あなたが「奥さん(ご主人)を、生涯愛する!」と
決意し、そのように行動することで、
人生が成功し 幸せに向かって歩めるでしょう。
2017-12-19 10:00:00

配偶者に冷めた?! 今からが「愛」の育て時!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (86)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

一昨日、HPでお世話になっている
(株)フォービック様主催の
ミラクル航会&宴に参加してきました。

3年前の創設時からリストに入っていた私。
今では100名以上のお客様を支えていらっしゃる会社です。

いつも参加している個別講習会への最多参加者として
表彰してくださいました。

賞品は、はん和着物学院様の
着物体験レッスンチケット♡

おかめ顔ゆえ、着物は似合う私!
(自分で言うか?!)

早く、着物を着た写真をアップしたい~!



恋愛結婚が主流となり、
結婚のお世話をしてくれる
お節介な人?がいなくなっている近年、
当事者の意思が重要視されて結婚に至っていますね。

もちろん、戦前の時代のように
親が決めた相手と結婚するという
前世紀のようなことがいいなどと
言うつもりはありません。

でも、それはそれで ある意味冷静であったり
自分の意思だけでどうにもできないことと
割り切ったりして、お相手のことを
冷静に見ることができていたのではないかと思うのです。

最近の恋愛結婚では、恋愛の延長で
なんとなく結婚し、
日常に流されているのではないでしょうか?

二人の将来の目標を合致させたり
深く話し合うこともせず、
二人とも仕事の忙しさに忙殺されている感じがします。

「そのうち 何とかなるだろう」と
安易な気持ちで過ごしているうちに、
気がつけば
「これが私の望んだ結婚だったのだろうか?」という
疑問が湧いてきても、ちっとも不思議ではありません。

結婚した3組のうち1組が離婚する時代ですが、
離婚した夫婦のうちの3分の1が
「結婚5年未満での離婚」です。

強烈に「好き」という思いが
愛情だと錯覚したのですね。

この「強烈に好きという思い」が
冷めてきたと思った時からが、
本当の愛情を育てる時期なのです。

だから、結婚5年未満で離婚してしまうのは、
本当に もったいない!

今からが、本当の夫婦になれる時なのに!!

「好き」という気持ちが冷めたからと言って、
相手を変えるのは愚かです。

自分も成長できるチャンスの芽を摘まずに、
「自分の求めているもの」を見つめ直してください!
2017-12-01 10:00:00

今の配偶者が、運命の相手だと思えますか?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (86)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

そろそろ風邪が流行る季節に
なってきたのでしょうか。

私の周りにも、
体調を崩している人がチラホラいます。

健康がすべてではないけれど、
健康を失うと、すべてを失います。

仕事よりも、他人よりも、
自分の健康が一番! です。



「この人と結婚して、良かったんだろうか?!」

長い結婚生活、
このような思いが湧いてくることも、
一度くらいはあるでしょう。

だって、この人とは性格が合わない……。

そうですよね。

私もカウンセリングの現場で、
何度、この言葉を聞いたでしょう。

残念ながら、
正確がピッタリ合う人は、この世にいません。

自分をこの世に産み出してくれた両親とでさえ、
「性格が合わない!」と
思っている人は多いのではないでしょうか。

ご両親に感謝しつつも、
多かれ少なかれ、
子どもは親から傷を受けるものです。

まして、対等の立場である配偶者から、
傷を受けない人はいないですね。

配偶者は、両親と違って
無条件に、
無償の愛を注いでくれる対象ではありません。

でも、なぜか結婚した途端
配偶者から永遠に愛されると思い込み、
力を抜いてしまうんですね。

妻(夫)の立場に、あぐらをかいている状態です。

だから、最近の風潮として
「不倫」をした芸能人や政治家を
あれ程までに叩きまくるのでしょう。

もしかしたら、それは
配偶者の愛を感じられないから
自分とは関係のない人を叩くことで
「不倫をしたら、ひどい目に合うのよ!」
という思いを 晴らしているのかもしれません。


「運命の相手」なんて いないんです。
「運命の相手」にする!
(「逃げ恥」みくりママのセリフです)

今の配偶者ではなく、
もっと自分に合うと思われる人が、
この広い世の中のどこかに
いるかもしれません。

しかし、その人を探し当てたとしても
今の配偶者を超える信頼関係を築くには、
かなりの年月が必要になることでしょう。

あなたに、そのエネルギーはありますか?

あったとしても、
私は、そのエネルギーを
今の配偶者との関係を良い方向に構築し続けるため
使うことをお勧めいたします。

今日は、昨日と同じとは限りません。

そして、極端な話、
平穏な明日を迎えられる保証もないのです。

ならば、一日一日
愛に満たされた人生を送りたいものですね。
2017-11-09 10:00:00

セックスレスは危険! あなたは それでいいのですか?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (86)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

行楽シーズンの三連休、
いいお天気のようですね。

高速道路は、早くも渋滞が!!

インドア派で、子どもの成人した私は、
行楽地に出かける予定もなく、
家の中で、普段できないことをやる。

片づけ&部屋のリフォーム。

でも、思ったほど片付かないんだよなー……。




先日、共に学ぶ仲間と話す機会がありました。

普通の人なら飲みに行ったりする夜の時間帯に、
学ぶ場に来る人ですから、
意識の高い方ばかりです。

ご自身の仕事に関しては
とても真剣で専門性も高い方ばかりなのですが、
プライベートである「家庭」については
手探り状態なんだな、って思います。

それは、無理もないことなんですね。

多くの人は、
愛し合って結婚すれば、子どもも授かり
平穏に暮らしていけると、
漠然と考えていることでしょう。

私も、若かりし頃 そう思っていました。

でも、努力なしに、
何十年も同じ人を愛し続けるのは無理がある?!

とりわけ「性的無知」「セックスレス」をはじめ、
「夜の生活」については、切実です。

だって、
誰も正しいことを教えてくれなかったんですから、
知らなくって、当然なんですね。

クライアントさんと接していても、
「セックスは、子どもを作るためにするもの。
もう子どもはいらないから、
セックスはなくてよい」と考えている人の多いこと!

それで、セックスレスになってしまい、
「夫が浮気した!」と怒っている
奥さんからのご相談を受けているときに、
『そりゃ、浮気もされますワ……」と
思ってしまう私なのでした。

インターネットが発達し、
誰でも簡単に、性に関する情報を
手にすることができるようになったこの時代、
間違った性に関する情報が氾濫しすぎていますね。

もっと自分を愛し、配偶者を愛し、
それを表現できてこその「夜の生活」のはずです!




「妻が、乗車拒否をする」
「夫の相手が、面倒くさい」

そんな性に関する悲鳴を、なくしていきたい!

今から、その状態を脱しませんか?

幸せなご夫婦、幸せなご家族を増やすために
何ができるか、いつも考えている私です。
2017-11-03 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ