高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

配偶者はなぜ、気持ちをわかってくれないのか?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (148)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

一日がスムーズに始められるかは
朝で決まります。

朝の滑り出しがうまくいった日は、
気分よく働ける。

一日は、朝から始まるのではなく
前日の夜から始まっています。

前日の夜に、
翌日の予定をしっかり立てておく。

頭の中だけでなく、
手帳に書いておくことが大事ですね。

最近の若い方は、スマホでしょうか。

私はアナログの手帳に書く方が早いです。



ブログを書いている年数が長いからか、
最近は1つのブログを
30,000名以上の方がお読みくださっています。

御礼申し上げます。

コロナ禍の影響から
夫婦で過ごす時間が長くなり、
その対処に困っている?方が多いと思われます。

「このようにすれば、必ずうまくいく」
などという魔法の方法はありませんが、
逆に
「こうすれば、絶対破たんする」
という方法はあります。

それは、
「配偶者を批判する」ことです。

配偶者でなくても、
人を批判していては
その人と良好な人間関係を築くことはできませんね。

それなのに、配偶者となると
なぜか批判してしまいます。

それは、配偶者には
期待値が高いからですが、
それ以外にも
「簡単には切れない関係だから」
というのがあります。

誰でも、仕事関係のお客様には
丁寧に接しますよね。

それは、丁寧に接しないと
すぐに切れてしまう関係だからです。

が、配偶者となると
急に「明日から合わない」
というわけにもいきません。

自分の気持ちをわかってほしいから
ついキツく当たってしまうのです。

そして
「なぜ、私の気持ちをわかってくれないのか」
と 声を荒げてしまったりします。

心当たりがある方も
多いのではないでしょうか?

あなたにも大切にしてほしい気持ちがあるように
配偶者にも、その気持ちがあります。

自分の気持ちを押し付けていては
うまくいくものもいきません。

「押し付けてなんかいない」
と思われるかもしれませんが、
配偶者に理解されないのは、
あなたが配偶者の気持ちを
わかろうとしていないからかもしれないのです。

夫婦は、お互いがお互いを映す鏡です。

「この人なら」と思って、
数ある異性の中から
ただ一人 今の配偶者を選んだのは あなたなのです。

まずは、落ち着いて、
適度な距離をとってください。

そして、どんな時も
家庭内ではご自身の役割を果たしてください。

仕事や家事などですね。

配偶者が仕事や家事をしてくれるのは、
当たり前のことではありません。

感謝すべきことですね。

それに気づくことから
全てが始まることでしょう。

このブログを読んでくださっているあなたが、
配偶者と互いに尊敬し合い、
和やかな家庭を築いていかれるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-11-19 10:00:00

夫婦円満の秘訣は、先手必勝?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (148)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

高槻市の
「飲食店・小規模店舗応援券」を買いました。

1枚500円券。

今日の昼食は280円で済みました。

昼食が外食になる時は、
チェーン店ではなく、
なるべく地元のお店に入るようにしています。

もちろん、チェーン店の方が安いのですが、
地元の商店街のお店が
潰れたら困りますから。



今日は早朝から
zoomウェビナーに参加しました。

朝は頭がクリアなので、
良質な情報が真っすぐ入ってきます。

「代価の先払い」について習いました。

「求めるものを手に入れるためには、
先に自分の持っているものを差し出す」
ということです。

健康を求めるなら、節制を。

愛ある人生を求めるなら、
先に相手を愛し与えること。

経済的に豊かになりたいなら、蓄財を。


頭ではわかっているけれど、
節制より美味しいものを一杯食べたいし、
貯蓄より散財を選んでしまいがちです。

そして、やってしまってから後悔する……。

そんな経験が、
誰しも1回や2回、あるのではないでしょうか?

でも、いいんです。

失敗のない人生なんてありませんから。

失敗したな~と思ったら、
その日から直せばいいのです。

怖いのは、
「ま、いっか~」と
ズルズルいってしまうこと。

ダイエットにありがちですけどね。


配偶者に、
ついキツイ口調で言ってしまったなら
「ごめんね」と謝る。

「あなたにも悪いところがある」

「仕事が忙しいのだから、
労わってくれてもいいだろ?!」

なんて言い訳していると、
配偶者との心の距離は離れていく一方です。


あなたは、配偶者と
どのような関係を築きたいですか?


あなたが妻の立場なら、先手必勝です。

自ら進んで、夫に愛と笑顔を向けましょう!

夫はそれを待っています。


あなたが夫の立場なら、先手必勝です。

自ら進んで、妻に感謝を伝えましょう。

妻はそれを待っています。


どんな場合でも、ご自身から!

それが夫婦円満の秘訣です(^^)!!

求めるより、与えること!!

あなたは、あなたの思った通りの
人生を歩むことができます!!!

このブログを読んでくださっているあなたが、
物心ともに豊かな人生を築くことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-10-27 10:00:00

夫婦関係がピンチ? それは、チャンスかも?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (148)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

先日のイベントで書いていただいた
「継続」の文字と日付。

偶然にも、結婚記念日である10月10日でした。

結婚記念日が毎年休日になるように
祝日に結婚したはずが、
「体育の日」でなくなってしまったのでした。



「継続」がとても大切であることは
誰しも知っていますね。

世の中で成功している人は、
大切なことを継続してきたからです。

何でも、諦めたら
そこで終わりですから。


結婚生活も同じですね。

長い結婚生活。

想定外のことだって起きます。

「もう、ダメかも?!」と思うことも、
1度や2度ではないかもしれません。

そのような時は、どうしても
目の前に起きていること
(浮気、お金、子ども、親の介護問題など)に
フォーカスしてしまいます。

そして、相手の表面上の言葉に
惑わされてしまいがちです。

相手が「離婚!」って言っているから
離婚するしかないんだろうなーとか。

でも、本心から
本当にそれを望んでいるのでしょうか?

言葉では「離婚しよう」と言ってはいても、
本当に望んでいるのは
「私の気持ちをわかってほしい」

「家庭を大切にしてほしい」

という心の叫びなのかもしれません。

表面上の言葉にとらわれることなく、
本当に求めていることを
ハッキリさせることが必要です。

配偶者も、あなたも。


星の数ほどいる異性の中から
ただ一人、今の配偶者を選んだのは
あなたです。

結婚を決めたとき、
どのような気持ちでしたか?

どのようなことが決め手になって、
今の配偶者を選んだのでしょうか?

その時の気持ちを
思い出してください!

すべてが自分の思い通りになるとしたら、
あなたは配偶者と
どのような生活を送りたいでしょうか?

その願望から、
全てが始まります。

諦めたら終わりです。

「野球は、ツーアウトから」

「相撲は、俵に足がかかってから」
と言います。

ピンチがあるからこそ、
人は成長できる!

あなたは今、
その岐路に立っているのかもしれません。


私も結婚して33年が過ぎたのですが、
思い返せば、色々なことがありました。

「あの時、危なかったのかも?!」と思うことも。

過ぎ去ってしまった今となっては
「早まらなくて良かった~!」ですが。

1日1日を大切に積み重ねていけば、
きっと穏やかな未来が待っていますよ。

このブログを読んでくださっているあなたが、
仕事もプライベートも大切にし、
幸せな未来の予想図を描くことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-10-13 10:00:00

我慢をせず、パッと結果が出る方法はある?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (148)

大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

朝起きたら
スマホなりでネット記事を
検索する人は多いと思われますが、
トップ記事はともかく、
スクロールして出てくる記事は、
過去の検索履歴から
その人の興味がある分野が
出てくるようになっているんですかね?

未だにネット関係は
よくわかっていない私です。




興味がある記事は
タイトル名を見ただけで
検索したくなりますね。

個々人によって違うと思いますが、
私がよく検索するのは
「人間(特に夫婦)関係」
「健康」
「お金」
の分野が多いです。

どの記事を読んでも
「なるほど」と思うことばかりですが、
その通りにしたからと言って、
うまくいくかの保証はありません。

あくまでも一般的なことなので。


私自身、お客様への
カウンセリングをしていて思うのですが、
やたら情報を欲しがる方がいらっしゃいます。

夫婦関係がギクシャクしている。

夫婦関係を持ちなおすために、
どうしたらいいのか?

そのやりかたと言うか、
何をすればいいかを やたらと知りたがる。

ちょっとやってみて
上手くいかなかったら
「他の方法はありませんか?」と。

ちょっとやってみて、
すぐ上手くいくのなら、
夫婦関係は悪くなっていません。

夫婦関係が悪くなったのは、
今までしていたことが良くなかったからです。

その積み重ねが
今の状態を作ったのです。

だから、
思考と行動を変えていく必要があるのですが、
1回やってみたからといって、
たちまち状況が改善するわけではありません。

なのに、ちょっとやってみて、
上手くいかなかったからと言って、
すぐに諦めていては
上手くいくものもいきません。

それは、どの方法を試してみたところで
同じことでしょう。


ダイエットでも、
様々なダイエット法が世に出回りますが、
すぐに鎮静化するのは
ちょっとやってみて
すぐ諦める人が多いのも一因ではないでしょうか?

そもそも全ての人に当てはまる
ダイエット法があるのか疑問です。


でも「王道」と言われるものは
確かに存在します。

その王道を貫くのは、
地道に努力することなので、
ある意味とても苦しいことですね。

結果が出るのは、
ずっと先のことですから。

そこまで、人は辛抱強くない?

辛い我慢をせず、パッと結果が出てほしいのは
世の人が願うことですが、
残念ながら そんなウマい話はない!!!

本当に心に強く願い続け、
その願望に叶ったことを続けられる人だけが
思いを遂げることができるのでしょう。

あなたが本当に願っていることは何ですか?

痩身な体?

愛に満たされた人生?

仕事で成功する?

お金持ちになる?


このブログを読んでくださっているあなたが、
本当に願っていることが叶う人生でありますよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。

2020-09-29 10:00:00

配偶者に「あなたがいてくれて ありがとう」と言える?

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (148)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

友人に誘われて、
シャンソンのLiveに行ってきました。

Liveが進むにつれて
後ろの非常灯が気になり出して……。

なぜこの場所に舞台が設置されたのでしょうね。



Liveの後、
友人とお茶しました。

久しぶりにあったので、
話題は尽きることがありませんでした。

思い出話だけでなく、
今後のことを語れる間柄なのは、
「経営者」として
立場が同じだからですね。


どんな仕事でも、
「お客様」が存在します。

シャンソン歌手として
実力が申し分なかったとしても、
聞いてくれるお客様がいなかったら
存在価値がありませんから。

お客様に自信の良さをわかってもらえる
集客力、営業力が必要なのです。

日本人は職人気質の人が多いので、
自分の腕を磨くことに関しては長けていますが、
それを周知してもらうのは気が引けるのか、
遠慮してしまう人が多いです。

かく言う私も、
人の宣伝は惜しみなくできるのですが、
自分のこととなると
なかなか言い出しにくいんです。

トーク力がないから?

自分の弱さを知っているから?

夫婦間での人間関係に悩んで
どうにかしたいと思っている人は
いくらでもいるはずなのに……。

色んなところに出かけていって、
自分を宣伝することは
なかなか難しいです。

だからこうして、
良い夫婦関係を築くことの大切さを
ブログで書き綴っているのですね。

夫婦関係がうまくいっていると、
生きる気力がみなぎります。

精神が安定します。

子どもが健やかに育ちます。

良いことばかり。

それなのに、近くにいて
結婚して年月が経ってくると
配偶者の良いところは当たり前になり、
悪いことばかりが目立ってくる……。

悪いことを直すのは限界があります。

直せるのなら、
とっくに直せていますから。

だから、それをカバーするくらい
良い部分を伸ばしていければいいですね。


「あなたがいてくれて、ありがとう!」
という気持ちを いつも持っていると
今後が変わるかもしれません。

誰しも配偶者に不満はあるけれど、
いなくなったら困りませんか?

意識しているかいないかにかかわらず、
配偶者を頼りにしているものなのです。

だったら、
配偶者との勝ち負けや正しさを
二人の間に持ち込まず、
「二人のために良いこと」を
優先してみませんか?

このブログを読んでくださっているあなたが、
我慢することなく、
笑顔で夫婦の幸せを選択できるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-09-05 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ