高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

あなたの選択によって、夫婦仲は良くも悪くもなる!

カテゴリ : カウンセリングについて(30)
私は「夫婦関係修復」を主業務にしていて、
ご夫婦のうち、
一方が離婚したい、一方が離婚したくないと言う場合、
離婚したくない側の方に 当事務所に来ていただき、
この方のお話を一生懸命お聞きし、
この方に変わっていただくことによって、
一方の離婚したいとおっしゃる方が
「もう一度やり直してみようか」と
思っていただけることを狙いとしております。

なので、真剣に
「離婚したい」と思っている方からすれば、
私のしていることは、
邪魔以外の何物でもないわけです。

「もう、修復はあり得ない。」
そこまで追い詰められている?状態まで進んでしまっては、
「手遅れ」に見えるかもしれません。

でも「手遅れ」とは、誰が決めるのでしょう?

「離婚したくない」と思った方が、
HPや ご紹介などで
ようやく私に辿り着かれ、
私に会いに来られた段階で、
私自身が「手遅れ」だと思う方は、
実は、ほとんど いらっしゃいません。

人は、いつからでも どこからでも良くなれるからです。

それなのに、多くの方が
力尽きて?諦めてしまわれる……。

とても、歯がゆいです。

「修復」は、ある意味「離婚」するより難しい!

難しいから できない、やらない、
気力が続かない……、と逃げのオンパレード。

夫婦のどちらが悪いと言っているのではありません。

また、どちらか一方だけに原因があるわけではないのです。

あなたが変わることによって、相手も変わります。

相手から「もう、遅い」と言われたとしても、です。

5年前から、夫婦仲が悪くなってきたとしたら、
5年かけて、良くしていけばいいのです。

「5年かけて良くするなんて、無理」だと思いますか?

「5年かけてでも、夫婦仲を回復させたい」と考えますか?

どちらを選ぶかは、あなた自身の選択です!
2017-07-25 10:00:00

クライアントさんと、私の決意!

カテゴリ : カウンセリングについて(30)
他県から来られたお客様と、
大阪駅構内にあるホテルのラウンジで
お話しさせていただきました。



遠路来られるだけあって、
相当な覚悟をして来られたことがわかります。

今がどのような状態なのか、
そして今後、どうなりたいのか。

現在地と目的地がわからないと、
物事は進みません。

きっと、今まで誰にも言えなかったのでしょう。

長年悩んでおられたことが
大粒の涙から想像できます。

配偶者が何を言おうと、何をしようと
自分が「この人と、やり直したい!」と
固く決意すれば、道は開かれます。

変えるべきは、
配偶者ではなく、自分です。

自分が変わることで、配偶者も変わっていきます。

しかしそれは、
かなりの時間を必要とします。

それに耐えられなくて、
私の元を去って行った人は数知れず。

でも、他県から駆けつけて来られる情熱を持った方を
絶対に救いたい!

きっと、配偶者と新たな関係を築くまで
私の元に来てくださることでしょう!

私には、この方の最終目的地が見えています。

私とご縁のあった方を、幸せに導きます!
2017-07-13 10:00:00

夜の生活の重要性、意識していますか?

カテゴリ : カウンセリングについて(30)
カウンセリングに来られるお客様と話していて、
私自身がハッとすること、結構多いんです。

夫婦関係を良くしたいと
既婚者であれば考えていることでしょう。



それなのに、現実は 厳しい……?!

「だって、相手があることなんだから、
自分だけがそう思ったって、うまくいかないでしょ?!」

今まで、数限りなく この言葉を聞いてきました。

今の忙しい時代を反映し、
何かをしたら、すぐ結果が出ないと嫌なんですよね。

「○○をやるだけで、夫婦仲がみるみる良くなる!」という
逆転満塁ホームラン的な技は、残念ながらありません。

でも、いいと思うことをやり続けることができたなら、
必ず結果は出るんです。

ネットには、いろんな情報が錯綜しています。
調べれば調べるほど、
訳わかんなくなっていくことって ありませんか?

こんな時は、原則に戻ることですね。

夫婦関係で大切なのは、相手に誠実であること。

そして「夜の生活」です。

夫婦だからこそ「夜の生活」が重要なんです!

師から、精神分析的カウンセリングを受け、
行政書士の私だからこそ、
「法」と「心」の両面から
あなたを支えることができると思います。

私だからこそ「夜の生活の重要性」について、
伝えられるものがあるのではないか?

今日のお客様と話していて、
「幸せなご夫婦、幸せなご家族を、この世に増やす!」
という使命を、一層誓った私でした。
2017-06-13 10:00:00

質問で、あなたの心が明らかになる!

カテゴリ : カウンセリングについて(30)
インターネットラジオの収録に行き、
ゲストとして色々な質問をされることによって
自分の心を再確認することができました。

私は行政書士なので、
本来の業務は「離婚協議書」を作成する
離婚業務なのです。



それなのに何故、
真逆の「夫婦関係修復」を主業務にしているのか。

それは、
「私とご縁のある方を幸せにしたいから」です。

もちろん、
離婚が不幸で、結婚生活を何が何でも続けることが幸せ、
とも思っていません。

離婚は、とてもエネルギーのいることですね。

配偶者の嫌なところをなじって、
あなたの心はスッキリしますか?

イライラが高じるだけだと思います。

嫌なことから目を背けたら、
その目を背けた先に、また嫌なことが待ち受けています。

だとしたら、そのエネルギーを修復の方に向けませんか?

かつては「結婚する」というハードルを
共に乗り越えた配偶者と
今の時点から新たな気持ちでやり直してみませんか?

きっと、見えてくる景色が変わります!

それは、あなたの決意一つで
成し遂げることができるでしょう。

私は、決意を固めたあなたを どこまでも支えます!
2017-05-25 10:00:00

夫婦関係がギクシャクしてしまった時の選択は?

カテゴリ : カウンセリングについて(30)
夫婦関係がギクシャクしてしまったら、
あなたは誰に、相談しますか?



両親、兄弟、友人……、
おそらく身近にいて
親身になってくれる人だと思います。

その中でも、
離婚経験者に相談したとしたら、
これは かなり 曲者です!

離婚を経験した人は、自分の経験をもとに、
「こうした方が良かった」とか
「このようにしたから、私は良かった」という情報を
教えてくれるでしょう。

「だったら、私も離婚して何とかなるかも」と
思ってしまいがちですね。

でも それは、その人の話であって、
その人が、あなた自身の境遇や状況を
正確に把握しているわけではありません。

そして、本当に あなたが離婚しても、
その人が その後のことまで
責任をとってくれるわけでもありません。

あなたが まず考えなければならないのは
「ご自身が、どうしたいのか?」ということです。

離婚するのか、夫婦関係を修復させるのか。

このどちらかです。

この終着点と言うべき方向性がしっかりしないと、
単なる「愚痴」で終わってしまいます。

離婚するなら、
相談相手は、弁護士か離婚業務に詳しい行政書士に。

夫婦関係を修復したいなら、
カウンセラーに相談してください。

この相談相手の選択で、
あなたの未来が変わるかもしれません。
2017-04-23 10:00:00

1 2 3 4 5 6 次へ