高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

夫が浮気! 簡単に離婚しない方が良いワケ!!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (51)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今年も、あと2ヶ月です。


今年のお正月に立てた計画で
やり残したことも、
2ヶ月あれば やりきれますね!

今日も 今週も 今月も、
不安と恐れを感じながら、やりきりますよー!



昨日のブログ
「夫が浮気! あなたはどうしたいの?!」は、
1日だけの公開だったにもかかわらず、
多くの方にお読みいただけました。



それだけ
「夫が浮気するかもしれない……」
と考えている女性は多いのかな?
と思いました。

ご想像の通り、そうですね。

今の時代、浮気や不倫は、
社会的に許されないことなのでしょうが、
私が若い頃は、男性が浮気するのは
普通にあることだったように思います。

妻側も、
「家庭を守ってくれるなら」と
少々の浮気なら目をつぶれる
腹の据わった女性が
結構いたように思うのです。

それだけ、妻の立場は強いのですよね。

たった紙一枚、婚姻届だけで
繋がっている関係だったとしても、
戸籍上認められている夫婦というのは、
守られている部分も大きいし、
何より社会的に安定します。

事実婚のご夫婦のことを
意見するつもりはありませんが、
今も昔も、
法律婚だからこそ認められる権利
があることは事実なのです。

だからこそ、少々の浮気や
風俗のお店に出入りしていたということくらいで
「キ~ッ! もう離婚よ!!」と
早まらないでほしいのです。

「じゃあ、本気だったら離婚した方がいいの!?」
という声が聞こえてきそうですが、
たとえ一時 あなた以外の女性と
本気の恋に落ちたとしても、
障害のある既婚者の婚外恋愛は、
長続きしないでしょう。

恋の熱が冷めたとき
バツが悪いのは、浮気した夫ですからね。

夫の浮気が明らかになった時、
妻がいかに冷静に対処できるか?

これが、夫婦の今後を左右することになると思います。

人生は、一度しかありません。

どのような人生を生きるも、
すべて あなたの選択であることを
忘れないでくださいね。


私は、ご縁をいただいた すべての方に、
幸せになっていただきたいと
いつも考えています。

あなたが素晴らしい人生を歩めるよう
11月18日(土)、25日(土)にセミナーを開催します。

幸せな夫婦生活と家庭環境を
永遠に続けたいあなたへ

ご主人が何をしようと何を言おうと、
お子さんが反抗期だったとしても関係ない!

あなたの考え方と行動次第で、
今後の人生を変えることができるのです!

新たな人生の
第一歩を踏み出してくださる方のご参加を
お待ちいたしております。
2017-11-01 10:00:00

夫が浮気! あなたはどうしたいの?!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (51)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

昨日は、所属する大阪府行政書士会三島支部主催
広報活動のため、
阪急高槻市駅前とJR高槻駅北側アクトアモーレ前で
チラシとグッズを配布しました。

今回のグッズは「付箋」でしたが、
チラシを受け取っていただきやすいのは
「ティッシュ」かな~?



人は「なりたい自分」を目指して
努力をしますが、
右肩上がりに「理想」に
辿り着けるわけではありませんね。

人は誰しも「良くなりたい」と
願っているはずなのに、
しばしば自分で
その道を閉鎖してしまうことがあります。

そのもっともたるものが「感情」です。

自分のことでありながら
「感情」は、コントロールしにくい……。

頭ではわかっているけれど、
感情がついていかないという経験をした人は
多いと思われます。

客観的に見て、こうした方がいいけれど、
とても そのような対応はできない……。

「離婚」もそうですが、
民事裁判が、いい例だと思います。

民事裁判は、人と人との争いなので、
自分が争いを避けたいと思えば避けられる例は
多々あるのですが、
長年の積もり積もった感情は、
なかなか一筋縄ではいかない。

何年も前の出来事で
自分が忘れてしまっているようなことを
相手はいつまでも覚えていて、
今さらどうにもならないのに蒸し返される……。

これでは、収拾がつかないです。

「感情」は、最終的に
自分がどうにかするしかありません。

夫が昔した「浮気」を、
何年も恨みに思っていて、
事あるごとにチクチク言う……。

あなたの心は整理がついていないのでしょうが、
何をどう言っても、
浮気が無かったことになるわけではない……。

わかっちゃいるけど、
夫を責め立てなきゃ、私の気が済まない……。

う~ん、気持ちはわかりますけどね。

でも、夫を責め立て続けて、
あなたの気が済む時が来るのでしょうか?

おそらく、それまでに関係は破たんしますね。

浮気をした夫が原因だとしても、
いつまでも責め続けたあなたも
責任はないとは言えないのでは……?

「浮気した夫が悪いんだ!」
という結論に持っていくのは簡単です。

このような時、
「自分は、どうしたいのか?」を
深く考えてみるといいですね。

今まで、生活に追われて、
「なりたい自分」を考える時間がなかったかもしれません。

今こそ、
「私は、こうなりたい!」という願望を
明確にしてください。

その上で何をするのか、です。

両親や友達にグチったところで、
本来の解決策は見えてきません。

「なりたい自分」を実現するために、
相談相手は選んでくださいね。

「木下雅子行政書士事務所」は、
あなたが理想を実現するために、
どこまでも支えます!

心が苦しいと感じたら、
その悩みを吐き出しにいらしてください!
2017-10-31 10:00:00

夫の浮気を疑う! そのココロは?!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (51)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

台風通過中!

台風が来る前に、献立を決め、
食料品を買い込んでいたので、
冷蔵庫の中は豊かです。

外に出ない、つまり
運動量がいつもより少ないので、
日課となっている
明日の体重測定がキョーフです……。



ネットの記事を読んでいると
「結婚とは、闘いなのだろうか?」と思われる意見が
多々見受けられます。

リアルな人間関係を築くことなく、
ネットの記事だけを読んでいると
結婚することが怖くなってしまうかもしれませんね。

「配偶者に浮気されないためには?」
「配偶者の浮気を見抜くには?」

このようなタイトルだったら、
つい読んでしまう私も私なんですが、
「人はまず、疑ってかかりましょう!」的な考えに、
嫌になってしまいませんかね。

結局、傷つきたくないからだと思うんです。

浮気されたら自分が傷つくから、
傷つく前に、配偶者にくぎを刺しておく。

自分が傷つかないように、
配偶者をコントロールしようとする。

浮気したら、このような罰を下すと
あらかじめ配偶者を脅しておく。


このように恐怖感から
配偶者の浮気を阻止することができたとしても、
本当に その人は幸せなのか
大いに疑問です。

結局、配偶者を疑い続けているわけですからね。

自分が配偶者を疑っているということは、
自分も配偶者から信頼されていないということです。

多くの人は、これを望んではいないでしょう。


自分は、配偶者から信頼されたい。
でも、配偶者を信頼することはできない。

そう考えているとしたら、
配偶者に「自分は信じられていない」と
伝わってしまうでしょうね。

配偶者に限らず、仕事の場面でも
上司や同僚から
「自分は、この人から信用されていないな」
と感じる場面は、
多々あるのではないでしょうか?


配偶者を信じられないとしたら、
それは、あなた自身が
配偶者から信用されないことをしているからです。

自分が やましいこと?をしているから、
配偶者も やましいことをしているのではないかと
勘ぐるのです。


仮に、あなたが何かしらの事件に巻き込まれて、
世間の誰からも信用されないようなことが起きたとしても、
「配偶者だけは自分のことを信じてほしい」と
願いませんか?

それには、あなたが配偶者のことを
心から信じていないといけないのです。

何があろうと、配偶者を信じる!

そう覚悟を決めることで、
配偶者も、あなたのことを信じてくれます!

配偶者を信じ、
配偶者から信じられる人生こそが
幸せなのだと思います。

そのような幸せを感じることができるようになるセミナー、
11月18日(土)、25日(土)に開催します。

幸せな夫婦生活と家庭環境を
永遠に続けたいあなたへ

今後、配偶者・お子さんと共にずっと
幸せなご家庭を築いていきたいとお考えの方のご参加を
お待ちいたしております。
2017-10-29 10:00:00

離婚するつもりはないけれど、不倫は許してほしい?!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (51)
私たちは、意識しているかいないかにかかわらず、
身近な人にキツく接してしまう傾向にあります。

遠い人には、いくらでも親身になれるのに、です。
例えば、お客様とか。



遠くの人には優しくできるのに、
近い人にはできない……。

甘えがあるんですね。

そのもっともたる存在が「配偶者」なのです。

男性 女性に関わらず、
配偶者は、自分のすべてを受け入れてくれて、
甘えさせてくれて、
少しくらいのワガママはきいてくれる人、
という幻想があるのでしょうか。

結婚して間もなくの頃は、それが嬉しいかもしれない。

でも、それが うっとおしくなるのは
時間の問題ですね。

男性で、
「離婚なんて考えていないし、
不倫は疲れた男の活力剤のようなものだから、
いちいち不倫に目くじら立てないでほしいですよ」
といった意見を言った人がいました。

私も、他人事だから受け流せるのですが……。

女性側からしたら、とんでもない意見ですね。

でも、多くの男性の本音でもあるのでしょう。

誰が悪い、とかではなく
それぞれの考え方でしょうから、
正誤を判断するわけにはいきませんが、
それならそれで、
日頃から妻を大事にしてほしいものです。

妻に感謝の気持ちもなく、
「不倫は許せ」とまで言うのなら、
世の中の全女性が黙ってはいません!
2017-09-07 10:00:00

「二度と浮気しません」という誓約書! これ効果ある?

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (51)
世の中の既婚者で、
配偶者以外と「一線を越えた」ことがある人は、
5割とも7割とも言われています。



これが、正確な数字かどうかはわかりません。

だって、本当のことを言っているのか怪しいものだからです。

でも「一線越え」の人が少なくないのは事実でしょうね。

じゃあ、配偶者に「一線越え」させないためには、
どうすればいいの?!

そう思う方も、多いでしょう。

何にでもそうですが、
「他人に~させない」ということは
できないのです。

他人を変えることはできない。

だから「自分にできることは何か?」と
考えた方がいいですね。

浮気した配偶者に
「二度と浮気しません」という誓約書を書かせたところで、
浮気する人は浮気する。

懲りないんですよ。

誓約書を書かせるのは、
あくまでも、自分の気持ちを治めたいから。

相手の心と行動まで、縛ることはできない……。

・こんな浮気性な人とは別れる!
・浮気性の人を苦しめるため、絶対に別れてあげない!
・浮気相手に慰謝料を払わせる!
・そんな人だと思うしかない……。

選択は、無数にあります。

あなたの人生は、あなたに選択権があるのです。
2017-09-05 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ