高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

「妻と添い遂げる自信がある!」と、言ってください!

カテゴリ : 行動目標 (98)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

そろそろ年賀状の準備をしなくてはいけません
(え? 遅い?!)。

郵便局に勤めている友人から
年賀状を買って、
パソコンのプリンターインクの予備も
準備できました。

あとは、年賀状を印刷するだけ。

これが、なかなか進まなかったりします。

この週末、一気にできる?!



クライアントさんから
「自信がない」という言葉を
よく聞きます。

確かに、やったことないことに
取り組むのは勇気がいるし、
最初から自信を持って
やり切れるはずもない……。

今は慣れていることでも、
最初は不安だったはずなのです。

それでも、いつの間にか慣れた。

慣れたことには、自信を持てるはずです。

誰でも「自信がない」し、
人は、そんなに強くない。

それで、いいんです。

自分は強くないと認めることで
人の力を借りようと思う。

力を貸してくれた人には、
素直にお礼を言うことができる。

人の力を素直に借りることができる人って、
とてもステキです!

そもそも、
自信なんて「思いこみ」!

世の男性方、
奥さんに何を言われようと、
何をされようと、
「僕は、妻と生涯添い遂げる!」と決めて、
自分に自信を持ってください!

その自信が、奥さんを惹きつけます。


奥さんも、そんなあなたを待っていると思います。
2017-12-09 10:00:00

夫にイラッ?! あなたの考え方と行動で今後が変わる!

カテゴリ : 行動目標 (98)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

週末は、また台風がくる予報です。

行楽シーズンの終末に台風到来は、
イベント関係者はつらいところですね。

残念ですが、天気はどうしようもないので、
そこでどんな手が打てるかが、
成功の分かれ目なのかもしれません。

「1億総活躍社会」が理想の日本ですが、
これを実現させるのは、相当に大変です!

年齢に関係なく、
男性も女性も、老いも若きも
子どもでさえも働く?!

健康で気持ちに余裕がある時ならともかく、
誰しも調子の悪い時はあります。

また、調子の悪い時や忙しい時に限って、
ヤバいことが起きたりします。

仕事上のトラブルを抱えている時や、
自分の体調が良くない時に限って
子どもが病気になるというのは、
多くの方が経験していることと思います。

自分が健康でなければ、何もできません。

健康は、何よりも優先されるべきことです。

健康な時は、
健康であることが当たり前のように思ってしまいますが、
病気の時は、健康の有難さが身に染みますね。

体だけでなく、
「心」が健康であることも必須です。

心がいつもイライラしていたら、
健康な体も蝕まれてしまいます。

心の健康は、目に見えないものなので、
つい軽々しく考えてしまうものなのですが、
長年積もり積もったストレスは、
思わぬところに影を落としたりします。

それに気がつくか、気がつかないか、ですが。

あなたの心は、健康ですか?

100パーセント満足は ないにしても、
今、置かれている状況に満足しているでしょうか?

配偶者やお子さんの存在に、
幸せを感じているでしょうか?

イラッとすることは、
毎日何回も起きることですが、
それを蓄積させていっていませんか?

イラッとすることが起きても、
それを適正に自分の中で処理ができていれば、
過去にあった嫌なことに引きずられることなく、
未来に向かって改善できるでしょう。

それは、ひとえに
あなたの考え方と行動にかかっています。


朝起きたら、
昨夜 遅くに帰ってきた夫の食べたお皿が、
食卓に置かれたままになっている……。

「自分が食べたお皿くらい洗ってよ!」と思いますよね。

そこで、朝起きてきた夫に
「おはよう」も言わず、ムスッとしていたら、
夫は妻のことを
「理不尽にピリピリしている人」と
思ってしまいます。

夫は、自分のしていることが
妻のストレスを増やしているとは全く気づいていない……。

そこで、
「あなたは、私の仕事ばっかり増やすのね!!!」と声を荒げるか
「お皿、洗っておいてくれると助かるんだけど笑顔」と
笑顔で言えるかで、
今後の夫の対応が変わるかもしれません。

そう言えるかは、
「夫と、どのような家庭を築いていきたいか」という
ビジョンを しっかり持っているかにかかっています。

「いちいち面倒くさい!」と思うかもしれませんが、
日常の一つ一つの出来事が、
今後を変えていったりします。

私も、いつもできているわけではありませんが、
「幸せな家庭を築くために、自分に何ができるか」と
初心を思い出すようにしています。
2017-10-27 10:00:00

永遠のテーマ? 仕事と家庭、どっちが大事?!

カテゴリ : 行動目標 (98)
母親業って、大変です!

常に夫の都合、子どもの都合に
振り回されますからね。



家族のために時間と手間をかけているうちに、
自分一人の時間がなくなってしまう……。

特に、子育て時代はそうですね。

30代、40代は、
子育て時代と、
仕事でバリバリ働くべき時期が
重なってしまうんです。

奥さんは、
「夫に、もう少し家事や子育てにかかわってほしい」
と思っている。

旦那さんは旦那さんで、
「子育てにかかわりたいし、家庭を大事にしたいが、
仕事も ここ一番の時に手を抜いていられない」
と思っている。

確かに、仕事で
定年前に頑張っても仕方ないですからね。

そんなときは、夫婦で
「自分の立場と気持ちを理解してほしい」と
お互い言い合ってしまいます。

私も、そう思っていた時期を振り返った今、
「感謝の気持ちが足りなかったな……」と思うのです。

夫に、いい仕事をしてほしい。
でも、家事も子育ても介護も大変なんだよー。
わかってよ!

そう思っていました。

当時は、夫が健康で働いてくれていることを
第一に考えることなく、
感謝の気持ちが抜け落ちていたんです。

感謝の気持ちは、言葉に出さないと伝わりませんね
(言葉に出して伝えても、
伝わっているかは別問題ですが)。

何が起きても、まず感謝!

それができれば、日常が変わり始めるでしょう。

子育て時代が終わった今でも、
私自身への、課題です。
2017-09-15 10:00:00

夫に浮気させない策はあるのか?

カテゴリ : 行動目標 (98)
前回書いたブログ「夫の浮気は、決して忘れない?!」は、
多くの方に読んでいただけました。

それだけ「夫には、浮気をしてほしくない!」と
考えている妻が多いという表れだと思います。



結婚とは、
「あなたとしか、セックスしませんよ」という
ある意味 契約だからです。

夫が浮気をしたら、
その契約が反故にされたようでムカつくんですね。

でも、夫とすれば 契約違反なんて大袈裟なものではなく
「ただ、流れでなんとなく」
「チャンスがあったから」
「その時の気分で」という
全く深く考えていないことが多いのではないでしょうか?

もちろん、今の時代
それを深く考えないということがいけないんですけどね。


芸能界は「不倫疑惑」全盛期ですが、
何も芸能界に限ったことではなく、
表には出ないけれど、あなたの周りでも
あなたが知らないだけで、数限りなく?あるはずです。

残念ながら「浮気性」に、つける薬はありません。

これさえやっておけば、
これさえ言っておけば「夫の浮気は防げる」などという
単純な策はないのです。

他人を変えることはできませんからね。

結局は、
「私は、夫にとって必要な唯一の人!」と思えるか、
ということに かかっているのではないでしょうか?

それには、日頃から
夫の信頼を得ておく必要がありますね。

自分が、夫から信頼されているか?
自分が、夫から信頼される行動ができているか?

これに尽きると思います。
2017-08-27 10:00:00

夫の浮気は、決して忘れない?!

カテゴリ : 行動目標 (98)
忘れられない嫌なこと。

誰でも、一つや二つはあると思います。



もちろん、私にもあります。

過ぎてしまったことは
決して変えることはできないとわかっているのに。

それを思い出して反復して、
結局、自分自身を苦しめている……。

時々、前触れもなく
沸き起こってくるマイナス感情は、
自分のことでありながらコントロールできません。

そんな時の独り言は「大丈夫!」です。

周りに誰もいなければ、
大きな声で「大丈夫!!」と言っています!

過去にあった嫌なことは忘れる!

忘れると言ったって、
記憶から拭い去ってしまうことはできないけれど、
思考と行動によって、逃すことはできるはず。

自分の感情は、
自分でどうにかするしかありませんから。


「夫の浮気」
忘れませんよね。

忘れられるものではありません。

でも、心の底に冷凍保存することはできる?

それは今の思考と行動で、
「私は、幸せになる!」と決意し、
目標に向かって行動していくことで できるはずなのです。
2017-08-25 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ