高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

身近な人との人間関係に、不安を抱えていませんか?!

カテゴリ : 行動目標 (175)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

母の日に
長男から お花が届きました。

嬉しいです!

嬉しいですが……、
お花はお水をあげないと枯れてくるし、
切り花が枯れていくのを見るのは
ちょっと悲しい……。

来年からは お菓子にしてもらうよう頼みました
(贈ってくれているのに何ですが……)。

花より団子か?!



ン十年前、母の日には
私も母にお花を贈っていました。

そして、私も同じことを言われたんです。

「お花は、後のお世話が大変」と。

その時は「あ、そう?!」
としか思いませんでしたが、
自分がその立場になると
「なるほど」と思います。

私も、その年齢になったということですね。

私たちは望むと望まざるとにかかわらず、
年をとっていきます。

親も、いつまでも健在というわけではありません。

このような時代ですから、
自分より若い子どもの世代でも
先が読めなくなっています。

いたずらに不安がる必要はありませんが、
出来る限りに備えはしておきたいですね。

不安だと思う要素に
人間関係はありませんか?

特に、身近な人との人間関係。

夫婦、親子、職場や学校での人間関係です。

身近だけに厄介なことも多々あります。

が、人間関係がうまくいっていると、
それだけで不安が小さくなるのではないでしょうか。

無理をする必要はありませんが、
身近な人、一人ひとりの顔を思い浮かべて
「この人と、どんな関係を築きたいのか?」を
考えていくと、答えが出るかもしれません。

このブログを読んでくださっているあなたが
身近な人と良い関係を築くことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-05-11 10:00:00

あなたの心を投影しているのは、部屋?!

カテゴリ : 行動目標 (175)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

前回のブログ
「夫婦関係と○○は、相関関係がある?!」は、
28,000名以上の方がお読みくださいました。

いつも、ありがとうございます!



夫婦関係と部屋の散らかり具合は
ある意味似ているのではないかという
内容でしたが、
「ん?!」と思われた方も
少なくなかったのではないでしょうか?

夫婦関係は目に見えないものが多いですが、
部屋の散らかり具合は、
はっきり目に見えますよね。

心が乱れているときは、
なぜか部屋が散らかる。

正確に言えば、
散らかっていることが気になって
イライラしやすいのです。

心に余裕がなくなるのですね。

それが周りの人に伝染して
家庭の雰囲気が悪くなっていきます。

部屋が片付いていない原因を
家族のせいにしていませんか?

夫や子どもが散らかすから、
妻が片付けないから、等々。

これは、気がついた人がやるしかないんですね。

本当は、リビングなど
共有部分から片付けたいと思うでしょうが、
挫折した人も多いのでは?

まずは、自分のスペースから
片づけることをお勧めします。

自分のところだと、邪魔は入りにくいし、
独断で処分や模様替えもできます。

マイスペースだけでも
すっきり片づいていると、
不思議と心に余裕が生まれます。

それから共有部分に進めればいいですね。

部屋が散らかってイライラしているあなたは、
まずはご自身の衣類を整理してみては
いかがでしょうか?

コツは、衣類をすべて部屋に並べ
残すか処分か一枚一枚選別していくこと。

おうち時間にピッタリかも?!

おそらく3分の2くらいは処分コースです
(経験談)。

スッキリした部屋で、
スッキリ気分になって、
ご家族との充実した連休をお楽しみください。

このブログを読んでくださっているあなたが
良いおうち時間を過ごされるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-05-03 10:00:00

夫婦関係と○○は、相関関係がある?!

カテゴリ : 行動目標 (175)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

もうすぐ、次男の結婚式です。

長男の結婚式のときに使った
和装での下着や小物、
ちゃんと保管しておきました。

この度、再び陽の目を見ます。

必要な時に必要なものが取り出せてこそ、
片付けの真意があります。

片付けは技術だと、本当に思います。



技術だからこそ、
誰にでも身につけることができます。

世の中に、
片付けの本がたくさん出版されていますので、
自分に合った片付け方法を身につけることで
すっきり片付いた部屋に住めるのです。

私がなぜ、これを勧めているかと言えば、
部屋の状態は、ご自身の心の状態だからです。

私も、忙しすぎて片付けている暇がない時とか、
心がザワザワしているときは、
部屋の中が散らかり気味です。

部屋がスッキリしているときは、
心も平穏です。

つまり、家の中の状態は、
あなたの心の中を映し出しているとも言えます。


夫婦関係がうまくいっていないとき、
部屋が散らかっていませんか?

部屋が散らかるから夫婦関係がうまくいかないのか、
夫婦関係がうまくいかないから部屋が散らかるのか?

鶏が先か、卵が先か ではありませんが、
夫婦関係と部屋の散らかり具合は
相関関係があると思うのです。

リビングを見渡してみてください。

スッキリ片付いていますか?

少なくない方が「NO!」ではないでしょうか?

もちろん、部屋を片付けたからと言って
直ちに夫婦関係が改善するわけではありませんが、
部屋がスッキリすると気持ちもスッキリし、
結果的に夫婦関係にも影響を及ぼすと考えられます。


私はクライアント様のご自宅を
拝見することもありますが、
多くのご家庭が散らかったままです。

それは、片付けないのが悪いのではなく、
片付け方をご存じないだけなんですね。

片付けの技術を身につけることは、
誰でもできます!

まず、できることから取り掛かってみませんか?

これからの行動を変えることが
夫婦関係の改善に繋がります。

このブログを読んでくださっているあなたが
心も部屋もスッキリさせ、
良好な夫婦関係を築いていかれるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-05-01 10:00:00

結婚生活は、損と感じることが普通?!

カテゴリ : 行動目標 (175)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

前回のブログ
「無償の愛を注ぐのは、損?!」は、
23,000名以上の方がお読みくださいました。

ここのところ、ブログは毎回
20,000名以上の方がお読みくださっています。

本当に、ありがとうございます!

それだけ
「自分ばかり損をしている……」と
感じている人が多いのでしょうね。



損か得かで考えると、
大抵の場合、自分が損なのではないでしょうか?

それは、相手の気持ちや立場を
本当に理解しているわけではないからです。

男は稼がなくてはいけないから
仕事のプレッシャーがきつくて損。

女は仕事のほかに家事や子育て、
介護もしなくてはならないから損。

そのように考えると、
どんな立場でも自分が損だと感じてしまいますね。

では、結婚すると損なのか?

損か得かで考えると、
損だと思うことが多いのかもしれません。

一人暮らしの時より、
大変なことが増えますから。

でも、嬉しいことも増えているはずなのです。

それなのに、
嬉しいことは 当たり前だと解釈してしまう。

それが、恋愛と結婚の違いですね。

嬉しいことが当たり前になるのが結婚生活です。

当たり前のことが嬉しいと思えるよう
お互い努力することを怠っては、
損得の話になってしまうのです。


世の中、損得の話で溢れています。

だからこそ、家庭に中では、
損得を持ち込まないでほしいのです。

夫も妻も、
父親も母親も子どもも、
自分の立場を自覚し、
良い家庭を作っていこうと
同じ方向を見て努力していくこと。

最初から、それができるわけではありません。

相手に求める前に、まず自分から。

結婚しているすべての人は、
配偶者と幸せな家庭を築きたいはずです。

配偶者が、幸せを運んでくれるわけではありません。

配偶者と共に、幸せな家庭を築いていく。

あなたの考える幸せと
配偶者の考える幸せは微妙に違うかもしれません。

それを、すり合わせていきましょう!

幸せを求めているあなたなら、できるはずです♡。

このブログを読んでくださっているあなたが、
配偶者と話し合って、
幸せな家庭を築くことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-04-25 10:00:00

無償の愛を注ぐのは、損?!

カテゴリ : 行動目標 (175)

大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

前回のブログ
「配偶者の反応にイライラする! 解決策はあるのか?!」
は、20,000名以上の方がお読みくださいました。

ありがとうございます!

それだけ、配偶者の反応に
イライラしている人が多いと思われます。

そして、解決策を探している人も。

多くの人が、
その解決策をネットで探しているのではないでしょうか?

そして、その方法を
片っ端から試してみる。

でも、すぐには効果が出ない。

そして、早々に諦める。

ということを繰り返しているのでしょう。

それは、方法論にだけに目を向けているからです。

自分がどうありたいかという目的を
見据えていないので、
行動がブレてしまうのです。

そして、すぐに効果が出ていると錯覚する
暴力的なこと
(キツい口調、恩着せ、押しつけ等々)を
安易に用いてしまったりします。

その結果、
相手の気持ちが益々離れていくという
悪循環を繰り返してしまうのです。

じゃあ、どうしたらいいの?

どうしてもうまくいかないから、
何とかしようとしているのに!

という声が聞こえてきそうです。

まず、自分がどうありたいのかを
しっかり見据えること。

そして、その姿を実現させるために
必要な行動をしていくこと、です。

怒鳴られたり、恩に着せられたりより、
話を聞いてくれたり、
感謝されたりする方が嬉しいですよね?

自分がしてもらって嬉しいと思うことを
配偶者にしてあげてください。

あなたから先に!

「してくれたら、してあげてもいい」では、
してもらえることはありませんね。

あなたがまず、無償の愛を注ぐこと。

これを損だと思わず、
続けることのできる人だけが
真の愛と信頼を得られる人だと思います。

自戒を込めて。

このブログを読んでくださっているあなたが
配偶者と真の信頼関係を結ぶことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。

2021-04-23 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ