高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

不機嫌な人に、困っていませんか?

カテゴリ : 行動目標 (155)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

家の中に、不機嫌な人はいませんか?

夫(妻)が不機嫌、
子どもが不機嫌、
親が不機嫌……。

どれも、困りますね。

そんな時、どうしていますか?



結論から言って、
不機嫌な人をどうにかすることはできません。

「感情」は、
不機嫌な人本人が
どうにかするしかありませんから。

だから、周りの人間ができることとしては、
せいぜい「サポート」くらいなんですよね。

なので、機嫌の悪い人がいたら、
自分にできることと言えば、
そっとしておくか、
冷静に対処するか、
その場を離れるか、でしょうか。

自分がどうにかできるのは、
ご自身の思考と行為だけなので、
他人を変えることなんてできないんです。

でも、優しいあなたは
「この人の力になってあげたい!」と
思うのですよね。

だとしたら、
温かい飲み物を用意してあげる。

目の前で、微笑んでいてあげる。

何でも受け止める覚悟を持って、
「あなたを支える」オーラを発する。


即効性はないかもしれませんが、
機嫌の悪い人にも、
そんなあなたの心遣いは
きっと通じるでしょう。

間違えても、
「いい加減にしろよ」
「迷惑だ」と
掌を返さないでくださいね。

機嫌の悪い人も、
自分で自分の感情を
持て余しているのでしょう。

そんな自分を
疎ましく思っているかもしれません。

あなたまで、
それに引きずられないでほしいのです。

不機嫌な人を見て どう思うか?

あなたが どんな行動をとるか?

それは、あなたが選べるのです。


機嫌の悪い人への対抗策は、
「自分がいつも機嫌良くいる」
ことです。

情緒が安定している人の側には、
人が寄ってきますね。

信頼もあると思います。

あなたがそのように
信頼を集めることができる人になれることを
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-06-25 10:00:00

不機嫌な人が、家の中にいませんか?

カテゴリ : 行動目標 (155)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

外出自粛期間が長引いて、
人肌が恋しくなっていませんか?

家はもちろんのこと、
職場もあなたの居場所であることは
間違いありません。

今後も一層、
働き方改革が進むことでしょう。



地域にもよりますが、
「Stay home」が続いている今、
不機嫌な人が、家の中にいませんか?

皆、ストレスが溜まっているのですね。

不機嫌な人が一人いるだけで、
家の中の雰囲気が、
とても暗くなります。

その不機嫌オーラが
家族全員に伝染してしまうのですね。

でも、その張本人には
その自覚がないことが多いです。

「私、しんどいの。
(私の気持ちを)わかってよ!」
というところでしょうか。

でも残念ながら、その感情を
他人がどうにかしてあげることはできません。

どんなに苦しくても、
感情は自分で処理するしかないのです。


私たちは、
外から受ける刺激に対して反応します。

「この人が、あんなことを言った」

「仕事がうまくいかないのは、俺のせいじゃない」

「どうして私にばかり手間をかけるの?!」

そして、
「私をこんな気持ちにさせるのが悪い」とばかりに、
不機嫌オーラを全開にしてしまうのです。

その犠牲になるのは、近い関係の人。

家族、特に配偶者ですね。

でも、配偶者は対等な立場なので、
ちやほや甘やかしてくれるわけではありません。

「この人(配偶者)にだけは、
自分の気持ちをわかってほしい!」
という思いが、
夫婦関係をギクシャクさせていくのです。


解決方法は……、

家族に不機嫌オーラを発する人がいても、
自分はそれに振り回されないこと!

自分のペースを守り、
不機嫌な人につられることなく、

自分は機嫌良くいること。

ちょっと、難しいですか?

ううん、慣れれば大丈夫!

人に振り回される人は、
自分も人を振り回しています。


あなたは、どんな人になりたいですか?

他人に振り回される人?

それとも、
自立して、いつも機嫌が良い人?

言うまでもありませんね。

後者を目指して、
お互い頑張っていきましょう!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-05-13 10:00:00

自分も頑張るから、配偶者にも頑張ってほしい?!

カテゴリ : 行動目標 (155)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

前回のブログ
「夫(妻)と、やり直したい?!」は、
5,500名以上の方がお読みくださいました。

ありがとうございます!

そして早速、ご質問をいただきました。

「妻に、朝の挨拶をしても無視される。
自分だけが頑張っても仕方ないのでは?」と。



今まで、カウンセリングの現場でも
このような声は、何度となく聞いてきました。

そして、私からの質問。

「何日間、それをしてくださいましたか?」

すると、答えは
1日だけとか、多くても3日間というものでした。

今まで、夫婦間で朝の挨拶をする習慣がなかったのに、
いきなり「おはよう!」と言ったところで、
即 返事が返ってくるはずがありません。

パソコンなら、
自分が操作したように動きますが、
生身の人間である妻が、
自分の思ったような反応を
すぐにしてくれるわけないのです。

頭では、それがわかっていても、
いざその場に遭遇すると、
「自分は夫婦関係を良くしようとしているのに、
妻がそうしてくれないのだから、
ここで見限るべきなのかもしれない」と
たった1回で諦めてしまったりします。

そして
「先生に言われた通りにしてみましたが
無理でした。
もっと良い方法はありませんか?」と
続けることもしていただけません。

お気持ちは、とてもよくわかります。

「自分も頑張るから、
妻にも同じだけ頑張ってほしい」と
思うのですね。

人は、身近な人に対しては
期待度が高いからです。

残念ながら、
ご自身が「夫婦関係を良くしたい」と
思うと同時に
妻もそう思ってくれるかは別問題です。

妻の反応に いちいち振り回されていたら、
身が持ちません。

妻の反応がどうあろうとも、
勇気を出して、
今までしてこなかった「朝の挨拶」を
することができた
ご自身を認めてあげてください。

結果より、過程を重視するということですね。

結果をコントロールすることはできません。

でも、過程なら、
ご自身の行動ですから
コントロールすることができますね。

コントロールできる
何かをすることに集中することで、
結果は後からついてきます。

その結果が出るのは、
3日後?
3週間後?
3ヶ月後?

とにかく、結果が出るのは
時間がかかるのです。

その結果が出るまでに
諦める人がほとんどなのは
とても残念ですが。


あなたは、
配偶者とどのような生活を望んでいますか?

目先のことに、とらわれていませんか?


外出自粛要請の中、
気持ちがいっぱいいっぱいになってしまっていませんか?

木下雅子行政書士事務所は、
良い夫婦関係を築きたいあなたを応援します。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-04-25 10:00:00

人は、繋がりの中で生きている!

カテゴリ : 行動目標 (155)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

全国に緊急事態宣言が出されました。

国民全員に1人10万円の給付がなされるようです。

ホッとした方もいらっしゃれば、
条件付きで
1世帯30万円の給付が良かったという方も
おられることでしょう。

どのような政策に対しても
賛否両論がありますね。

自分の手の届かないトコロにあることに
悩むのはやめて、
今何をすべきなのか? を考え、
実践していきたいものです。



「それどころじゃないのに……」
と思われるかもしれませんが、
それでも私たちは生きていかなくてはいけません。

まずは、家族以外の人に
会わないようにすることでしょうか。

改めて意識してみると、
人は無意識に人との繋がりで
生きていることがわかります。

でも今の時代は、
SNSで簡単に繋がれますね。

zoomでの会議や飲み会など、
自宅にいながらにして、
人と繋がれます。

このようなことが
社会環境として整ってきているので、
これを機会に、日本型の
「決まった時間に会社に出勤する」
ということが
見直されていくのでしょう。


とは言え、
どのように社会が変化しようとも、
普遍的なものも必ずあります。

夫婦愛、家族愛は
きっとこれからも変わることなく
続いていくことでしょう。

縁あって、夫婦となり、
家族となった人を
大切にしていきたいものですね。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-04-17 10:00:00

死ぬこと以外、かすり傷!!

カテゴリ : 行動目標 (155)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

週明けの空は暗く、雨が降っています。

雨と共に、
ウイルスも洗い流されればいいのに……
などと、思ってしまいました。



テレビからは毎日、
あらゆる業種の職業で、
悲痛な声が聞こえてきます。

今まで何十年も生きてきたけど、
このような事態は初めてです。

私は元々、
物事を悪い方、悪い方へと
考える人間でした。

このようなことが起きたら、
以前の私なら、
悲観的な未来しか
描けなかったと思います。

そのような考えが
頭に浮かばないとは言いませんが、
色々学んだ今なら、
そのようなことが浮かんだ瞬間に、
「大丈夫」
「何の問題もない」
「感謝、感謝」と呟き、
深呼吸をすることで
思考を切り替えることができるようになりました。

何が起ころうとも
「死ぬこと以外、かすり傷」とも言えます。

だから、大丈夫!

私たちは必ず、
この事態を乗り越えることができるのです。

このブログを読んでくださっているあなたが、
「思考」と「行動」をコントロールすることで、
心身ともに健康でいられることを願っています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-04-13 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ