高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

経済的に満たされていれば幸せ?!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (127)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

いつもお茶菓子を購入する鼓月で、
この時期ならではのお菓子を勧められました。

お雛様の模様の入った千寿せんべい。

自分用にも買ってしまいました。



目的外のモノを衝動買いするのは、
お金が貯まらない人がすること?!

まぁ、衝動買いなのか
一定枠の中での余裕とみるのか、
解釈は人それぞれです。

お金は、無さすぎるのは困りますが、
有り過ぎても扱いきれません。

高額宝くじに当選したり、
親の遺産を得るなど、
自分の器以上の額を一挙に手にすると、
人が変わってしまう人がいるのも現実です。

夫婦のどちらかが
高額宝くじの当選したために、
離婚に至ってしまったケースもあると聞きます
(ちなみに、私のお客様ではありません)。

数億を手にしたとしても、
使い続けていたら
そのうち底をついてしまいますね。

きっと今がどのような状態でも、
それが自分の相応しいのでしょう。

過去にしてきたことの結果が
今なのですから。

今が経済的に満たされた状態なら、
過去に努力してきた結果です。

もし満たされた状態でなかったら、
発展途中ということです。

まだまだ努力のし甲斐がありますね!


私たちは、幸せになるために生きています。

精神的にも、経済的にも
満たされた人生を送るために、
お互い頑張っていきましょう!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-27 10:00:00

配偶者の趣味を理解していますか?

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (44)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

ヴァイオリニスト 山根一仁さんの
リサイタルに行きました。

音楽会に行って、
生のクラシック音楽に触れると
心が洗われる思いです。



配偶者の趣味を理解していますか?

同じ趣味が高じて
夫婦になった方もいらっしゃれば、
ご夫婦共通の趣味が
全くない方もいらっしゃるのでは?

理解があるかどうかは、
つまるところ
相手の時間とお金の使い方にあるのでしょう。

時間もお金も有限ですし、
限りある資源をどのように分配するのか?
ということですね。

日常生活を脅かすほど
趣味を優先させてはいけないのに、
配偶者が高収入であったり、
出張が多くて一人の時間が多かったりしたら、
それが当たり前のように思えてしまって、
目の前が見えなくなってしまう?

そして、配偶者からある日突然
離婚届を突きつけられたりする……。


結婚したら、
配偶者は自分のすべてを受け入れてくれるはず、
と思ってしまうのでしょうか。

特に、相手から積極的に
アプローチを受けた末の結婚の場合、
その傾向が強いと思われます。


人は、身近な人より、
遠くの人を優先してしまいがちです。

家族より、お客様を優先するのは、
誰しも覚えがあることでしょう。

また、配偶者を思いやるより
自分の感情を優先してしまうことはありませんか?


人は、その時の
最善の行動を選択していると言われます。

人生は、自己選択の連続です。

後悔しても、
過去は決して返ってくることはありません。

だから、今は
過去の選択の結果なのです。

人生の一瞬である「今」の選択が、
将来のあなたを決めるのです。

お互い、
後悔のない人生を歩みたいものですね。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-25 10:00:00

家事・育児は、タダでは手に入らない!!

カテゴリ : 行動基準 (87)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

先月末に受験した
毛筆書写技能検定3級に合格しました。

色々な試験を受けていますが、
やはり、合格は嬉しいですね!

次は、準2級に挑戦します。

6月です。



当事務所で、一番多いのが
かつては「浮気」に関するご相談でした。

浮気に関することは勿論ですが、
最近は、家事や子育てについての
ご相談も増えてきました。

家事や子育ては、
かつては女性が一手に担ってきましたが、
女性も仕事をして当たり前の近年、
それでは厳しすぎます。

イクメン男性も増えてきているとはいえ、
多くの男性が、
「家事、育児は妻の仕事」と
考えているのではないでしょうか?

今の子育て世代の男性の両親は、
「勤め人の父と専業主婦の母」の時代でした。

食事は、いつも手作り料理。

掃除も行き届いている。

洗濯された清潔な衣類が
いつも用意されている。

そんな家で育った男性は、
それが当たり前の基準になっています。

それらは決して
タダで手に入るものではないのですが。

それなのに
「自分の稼いだお金が
家族にとられるのは嫌だ」という
心の狭い?考えでいる男性も多いですね。


男女の性差が無くなり、
実力主義の時代です。

女性の上司、
年下の上司が当たり前になりました。

ストレスもたまりますね。

だから、家庭で
威張りたくなってしまうのでしょうか。

モラルハラスメント、
いわゆる「モラハラ」は、
男女問わず、
本人が意識するわけではなく
世の中にはびこっています。

その根底にあるのは、
「自分をわかってほしい」という
気持ちにあるのではないでしょうか?

承認欲求は、誰にでもあるのです。

まずは、自分が満たされていないと、
人を承認してあげることはできません。

誰かが常に、
あなたを満たしてくれるなら嬉しいですが、
その誰かが、
いつもあなたの側にいてくれるとは限りません。

だから最終的には、
あなたはあなた自身で
承認してあげられるようになるといいですね。

でも、それには
自分自身への「自信」がなくては
できないんです。

私も含めて、
多くの人が自分に自信がないと思われます。

でも、それは思い込み!

何かができるようになったから
自信が生まれるのではなく、
今のあなたに自信を持っていいんです!

過去に色々なことを乗り越えてきたから、
今のあなたがあるのです。

だから、自信を持ってください。

あなたの存在が、家族を支えているのです。

このブログを読んでくださっているあなたが、
幸せな人生を送ってくださることが、
私の望みです。

木下雅子行政書士事務所は、
幸せな結婚生活を送りたいあなたを
サポートします。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-21 10:00:00

誕生日に、自分の使命について考える!

カテゴリ : カウンセリングについて(49)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

57回目の誕生日を迎えました。

誕生日の夜は研修があったので、
先日の日曜日、
夫と食事に行きました。

外食だと、
普段は話せないようなことも
話せるものですね。

記念日を大切にすることが
夫婦円満の秘訣の一つだと思います。



結婚生活は、1日1日の積み重ねです。

その1日1日は、
ある意味とても地味で平凡ですね。

でも、ちょっとつまらない?

それに対して、
恋愛は、とても刺激的です。

恋愛にはワクワクドキドキが
つきものですが、
結婚生活2年も過ぎれば、それはありません。

刺激が安心に成り替わったのです。

またドキドキな時代を取り戻そうとしても、
配偶者間では、それは無理ですね。

だから人は刺激を求めて、
浮気をしてしまうものなのでしょうか?

特に今の時代、
浮気や不倫は良くないことだと
頭ではわかっていても、
世の中から浮気や不倫が無くなることはないでしょう。

魅力ある異性に惹かれてしまうのは、
ある意味本能ですからね。

共働きが多数を占める世の中、
外には魅力的な異性がいっぱいです。

多くの人は、
内面より外面が良いと思われます。

つまり、
家族に見せているより、
魅力的な顔を
家の外で見せているわけです。

その魅力的な顔を
「この人は家でもずっと
このままなのだろう」と
脳内変換してしまうのでしょう。

そして、外面だけを見ている人と比べて、
夫(妻)がだらしないと思ってしまう……。

おそらく夫(妻)も
そう思っているだろうことは棚に上げて……。

この世で一番好きだったからこそ、
夫(妻)と結婚したはずなのに、
そのことは忘れてしまうのでしょうか。

離婚して、
この魅力的な人と一緒になれば、
新しい人生が待っているはずだと
考えてしまうのでしょうか?


普段は生活に追われているかもしれませんが、
平凡な日々の中にも、
幸せはたくさんあるはずです。

離婚するということは、
この平凡な幸せのすべてを
自ら捨て去るということなのです。

今、配偶者から暴力を受けている
(言葉の暴力を含む)、
健康なのに仕事や家事をしない、
配偶者が分不相応な散財をする等、
1日も早く
どうにかしなければならない状態であるなら、
すぐに離婚に向けて行動してください。

あなたの命にかかわりますから。

でも「性格の不一致」なら、
あなたの思考と行動を変えることで、
どうにかできるかもしれません。

あなたは、離婚したいですか?

離婚した後の生活が想像できますか?

離婚した後の方が、
今より健康になれるでしょうか?


離婚後の生活の目途が立ち、
配偶者から解放された方が
健康になれるとお考えなら、
離婚に向けて一歩を踏み出してください。

でも、離婚することで
経済的なことや子どものこと等
失うものが大きすぎる場合は、
離婚する時期ではないのかもしれません。


離婚するのか、それとも何とかするのか。

道は、この二つしかありません。

現状維持の状態は とりあえず楽ですし、
その道もないわけではありませんが、
少しずつ別離への道を辿っていることになります。


あなたは、何を望んでいますか?

1年後、3年後、5年後、10年後、
あなたはどんな生活をしていたいでしょうか?

死なない限り、
その時は必ずやってきます。

目先のことしか考えず
流れや感情に身を任せた生き方と、
将来なりたい状態を思い浮かべ
目標に向かって行動する生き方があったとしたら、
あなたは どちらの道を選ぶでしょうか?

木下雅子行政書士事務所は、
あなたが望む人生を手に入れるため
「法」と「心」の両面から
あなたをサポートさせていただきます。


誕生日の日に
自分の使命について、考えを新たにしました。

今後も悩める人のお力になるため、
貢献の人生を歩んで行きます!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-19 10:00:00

魅力的な人になれたら嬉しい?!

カテゴリ : 行動目標 (147)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

先日「金スマ」で
筋トレのことをやっていました。

運動嫌いの私ですが、
「これくらいなら、私でもできるかも?」
と思えるような内容でした。

番組で紹介されていた本も購入しました。

この固い体を何とかしたいです。



20歳の頃の体重から
10キロ以上増えたら成人病になりやすい
と、聞いたことがあります。

今の私の状態は、
ちょっと、どころか かなりマズイ?!


夫婦関係がギクシャクしてくる原因の一つに、
体型が変わってしまったからというのがあります。

言い訳の要素があることは否めませんが、
夫も妻も、
結婚したら安心してしまって、
体重管理を怠ってしまうことがあるのでしょう。

それをお互いが受け入れられるといいのですが、
職場では、カッコイイ人がいっぱい!

仕事をしている人は、
輝いて見えますからね。

つい、家での姿しか見ない
配偶者と比べてしまいませんか?

行きつくところが「離婚」だったら、
目も当てられません。


夫(妻)が、
家にいるときはいつもスマホを見ている。

「スマホばかり いじらないでよ!」と
叫んだところで、
夫婦の関係は悪くなるばかり……。

夫(妻)がスマホばかり見ていることを
強制的にやめさせることは
基本的にできません。

人を変えることはできないからです。


では、どうしたらいいのでしょう。

配偶者が自分に興味を持ってもらえるよう、
自分が魅力的になりませんか?

「ありがとう」と声をかけてみる。

手料理を作ってみる。

笑顔を意識してみる。

あなたの笑顔は、
夫(妻)にとって魅力的なはずです。


「夫(妻)を振り返らせよう」
ではなく、
「自分が、夫(妻)にとって
魅力的で必要な人になろう!」と考え、
行動してみてはいかがでしょうか?

人を変えることはできないけれど、
自分の行動なら、
いくらでも変えることができる。

自分が魅力的になれたら、嬉しいですよね?

自分が嬉しいことが
配偶者にとっても嬉しいことなのです。

あなたは、
配偶者から必要とされています。

このブログを読んでくださっているあなたが、
幸せを感じて日々を過ごせるよう願っています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-02-17 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ