高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

主婦業は、楽なのか?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (31)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

台風一過の後、
また明日から雨の予報が。

雨は、降りすぎても
振りなさ過ぎても困ります。

人間の手に負えないところが
悩ましいですね。



前回のブログ
「家事は、立派な仕事です!」は、
1,100人以上の方にお読みいただけました。

家事は立派な仕事だと、
ご主人に思ってもらえていなかったり、
専業主婦の方も
「仕事をしていない」と
ご自身を責めてしまっているのではないか?
と、思った次第です。

確かに、
サボろうと思えば
サボれる部分はあるし、
マイペースでできることも多いので、
当たり前に思われてしまって、
重要視されないんですかね。

でも、奥さんがいないと
家庭は成り立ちません。

主婦のやるべきことは、
目の前のことだけではなく、
将来を見据えて、
今から備えておかなくてはいけないことが
たくさんありますね。

家族の健康管理、
貯蓄や保険、
家の転居や購入等々、

今日明日は どうこうなくても
一朝一夕で結論が出ないことばかりです。

しかも、目の前のことに追われて、
ついつい 後回しにしてしまい、
余計に忙しくなるという
悪循環を繰り返してしまいます。


男性の仕事も大変ですが、
主婦業も、決して楽ではありません。

主婦業も、立派な仕事ですから!!
2018-10-03 10:00:00

家事は、立派な仕事です!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (31)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

台風24号が過ぎ去りました。

交通機関から計画的に運休が発表されて、
予定は立てやすいと思います。

何事も「予め」というのは大切ですね。



「家事が負担です」というのを、
男性からも女性からも お聞きします。

家事は大切な仕事なのですが、
「雑用」とか
「片手間でできる」というイメージがあるため、
どうしても重要視されないですね。

でも、生きている限り
嫌でも付いてくるんです。

誰かが、やらなくてはいけません。

それを、なかったことに
つまり、家事が存在していないかのように
夫から 扱われていませんか?

食事が用意されていて当たり前。

お風呂に適温のお湯が張ってあって当たり前。

部屋が片付いていて当たり前。

それ以外にも、
こなさなければならない名もない家事が無数にあります。

それが普通だと、夫に思われていて
心に不満を ため込んでいませんか?


世の奥様方へ

あなたの家庭の家事で
ご主人から「報酬」としての
お金が手に入るわけではありませんが、
あなたのやっていることは、立派です!

あなたは、なくてはならない人なのです!!

あなたがいてくれて、ありがとうございます!!!
2018-10-01 10:00:00

盆休み、ご夫婦で争っていませんか?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (31)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

世間は、お盆休みに入りました。

高速道路は
帰省ラッシュですね。

真夏の風物詩です。



お盆休みということは、
会社員のご主人は家にいることになりますね。

小さいお子さんがいる方は
子育てに孤軍奮闘していたママは
ちょっと一息つけるでしょうか?

でも、一緒にいる時間が長くなると
行き違いが生じる元になることがありますね。

奥さんとしては、
この機会に、
家事や子育てを担当してほしい。

ご主人としては、
せっかくのお盆休みなので、
ゆっくり休みたい。

そこで、不和が生じるわけですね。

自分より、向こうの方が楽してるじゃないかと。

自分の思いや苦労は、
あなたにはわからないだろうと。


子育て中は、
お互い気持ちに余裕がありませんからね。

そして、若い夫婦は、
お金にも余裕がないことが多い。

それが相まって、
イライラしてしまうのです。


今は大変でしょうが、
このヤマを是非、乗り越えてください!

後で
良い思い出話になりますから。


良い思い出話を語ることができるのは、
真正面から誠実に、
そのヤマを乗り越えた人だけなんですね。
2018-08-11 10:00:00

配偶者のイライラ、不機嫌! その原因は○○にあり!!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (31)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

「一生涯に渡って
妻から深く愛されるセミナー」を
開催させていただきました。

ある意味、初めての開催となった
裏情報満載のセミナー!

普段なら、気心の知れてきた
クライアントさんにのみ話すことを
赤裸々に語らせていただきました。

なかなか、
公に語ることができない分野でもあります。

今後も、順次開催していきます。



普段のカウンセリングの現場で
男性も女性も、
とっても悩んでいるお姿に接しています。

「これをすれば、即解決!」などという
うまい手があるわけではありませんが、
夫婦間での問題は、基本的に打開策はあると
私は考えております。

もちろん、
「どうしても割り切れないこと」
「どうしても許せないこと」は
感情的にあるとは思いますが、
それは、関係が近すぎる
夫婦であるが故に起こること。

心と体が密接につながり合った
夫婦ならではの問題です。

夫であれ 妻であれ、
不機嫌な人が家の中にいるのは、
家の中の空気が乱れるので
本当に困るのですが、
これは、心か体のどちらか
あるいは両方が満たされていないからですね。

心が満たされていないのは、
寂しいです。

愛が、感じられないということですね。

体が満たされていないのも
辛いです。

健康だと感じられない。

空腹や寝不足も そうですね。

それ以外に、
「性的欲求不満」は、
その典型だと思います。

しかも、
それは本人が自覚していない場合が多い?!

だから、訳もなく
イライラしてしまうのではないでしょうか?


他人事ではなく、
私も若い頃は、そうでした。

それが、認められなかったんですね。

認めたくなかった、と言った方が
正確でしょうか。

でも、認めることができれば、
原因がわかったことで
訳もなくイライラすることはなくなりました。


あなたの配偶者は、
不機嫌ではありませんか?

もしかしたら、あなた自身が
イライラを、
配偶者にぶつけていないでしょうか?

その原因は、
「夜の生活」にあるのかもしれません。
2018-02-17 10:00:00

夫婦間での亀裂! 時間が解決してくれる?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (31)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

最近、デスクワークが多いです。

あまり動いていないけれど、
それでも お腹はすくんですね。

いつも通り食べてしまう。

そして、翌朝の体重測定でビックリ!

食べている時に
ブレーキをかけられるのは
自分しかいませんね……。



人は、緊急事態が起きたときに
慌てて動く。

でも、緊急事態と思われたことでも、
実は予測できたことだったりします。

予測の段階で対処できるといいのですが、
なかなか人は動くことをしない。

「ま、大丈夫でしょ」
と、思ってしまうのでしょうか。


夫婦間で亀裂が起きたとき、
離婚騒ぎにならないと動かない
ということはよくあります。

「そのうち、ほとぼりは冷める」
「時間が解決してくれるでしょ」
とでも、思うのでしょうか。

確かに、大事にならない場合も多々あります。

が、自分は大したことないと思っていても、
配偶者は大ごとだと考えていることも
少なくないのです。

後々それを指摘され、
「それくらいの事で?!」と思ったとしても
配偶者にとっては一大事だったのです。

どちらが正しい、間違っている
ということではありません。

受け止め方の差、なんですね。

それを、そのままにしていたら、
近い将来 離婚騒ぎに発展しても
全然おかしくありません。

問題は、小さなうちに解決すること。

「(配偶者が)わかってくれるだろう」と
考えていたら、
痛い目に遭うことになります。

やはり、自分の普段の行動なんですね。

まず、自分が配偶者に愛を与えること。

これを意識するだけで、
日常生活は かなり潤いに満ちたものとなるでしょう!
2018-01-19 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 次へ