高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

夫は、仕事だけしていれば許される?

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (50)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

前回のブログ
「家では、妻が尽くしてくれるもの?」は、
8,000名以上の方がお読みくださいました。

ありがとうございます!

男性と女性、どちらに多く読まれたかは
私側では把握できないのですが、
それぞれどんな解釈をしてくださったのか、
考えてみました。



まず男性側の視点から。

「そりゃ、男は外で働いているのだから、
家に帰ってきたら
妻がオレに尽くして当然だろう」と
考えるのでしょうか。

ネット記事でも、
そのような意見が多いですね。

前回のブログにも書きましたが、
男性は働いて家計にお金を入れているだけで、
自分の役割の9割を果たしていると考えています。

だから悪意があって
「妻は、夫である自分に尽くして当然」と
考えているのではなく、
自分の役割は仕事だけと
思い込んでいるんですね。


一方の女性側。

夫が外で働いて
家計にお金を入れてくれるのは有難いけれど、
妻も外で働いているという方が過半数の時代。

外で働いて家計に入れるのは同じで、
家事や育児、介護も
全面的に妻の担当では、
妻としてはやりきれません。

夫が仕事で疲れているのはわかるけど、
疲れているのは妻も同じ。

それを理解しようともせず、
妻が家事や育児でバタバタしているのに、
夫はソファーでスマホ片手に休んでいたら、
夫にイライラして当たり前なのです。

挙句の果てに
「家事はお前の担当だろー」なんて
涼しい顔で言われたなら
夫に殺意を抱いても不思議ではありません。


コロナ禍をきっかけに、
「夫の嫌な面が益々目につくようになった」
という女性は少なくないのです。

夫の側としては
「妻が自分を労わってくれたらいいのに」と
期待するばかりではなく、
「自分の行動が、妻を邪魔していないか?」を
常に振り返ってみてくださいませんか?

そして
「いつも、ありがとう!」と
奥さまに声をかけてあげてください。

タダでできることですから
簡単ですよね?!

ご自身の行動一つで、
未来を変えることができる一歩になると思います。

このブログを読んでくださっているあなたが、
幸せな家庭生活を送ることができるよう
応援しています!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-05-23 10:00:00

コロナ離婚! ウチは大丈夫?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (50)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

テレワーク続行の中、
ちょっと息抜きに
ネットサーフィンをしている人も
多いのではないでしょうか。



新型コロナの影響で、
夫婦関係がギクシャクしている人もいて、
そのようなタイトルの記事を
思わずクリックして見てしまいませんか?

それらを読むと、
すべての夫婦がそのようになっているのかと
錯覚してしまうかもしれませんね。

何かのアンケートで見たのですが、
「新型コロナ感染拡大の影響で、
夫婦仲は変わりましたか?」の質問に、
・夫婦仲は良くなった
・変わらない
・夫婦仲が険悪になった、のそれぞれが
3分の1ずつくらいでした。

「夫婦仲が険悪になった」というのばかりが
クローズアップされていますが、
それはインパクトがあるからではないでしょうか。

誰だって、
家の中での雰囲気を悪くしたくないから、
そのために多少の努力はすると思うのです。

お互いがそう思って気遣っていれば、
「結婚する」という高いハードルを
乗り越えた二人なのですから、
ピンチの時にも打開策はあるはずなのです。

ただ、平常時では何ともないことが、
この異常事態の中では
神経が過敏になっていることはあります。

普段なら聞き流せることでも、
配偶者の言葉が
「聞き捨てならない!」と
解釈してしまったり……。

それが積もり積もると、
「コロナ離婚」になりかねません。

今は、Stay homeの時期ですし、
お互い我慢しているかもしれませんが、
事態が落ち着くにつれ
「コロナ離婚」は増えると思われます。

「大丈夫!」
「ウチに限って!」
なんてことはないかもしれません。


離婚経験者の方から
「ある日突然、離婚届を突きつけられた」
と聞いたことがあります。

その方にとっては突然でも、
配偶者はかなり前から、
離婚に向けて着々と準備を進めていたのです。

それが年単位の計画だということもあります。

「そうなったら困る」と思われたなら、
家にいる時間が長い今、
配偶者との関係を見直してみてくださいね。

配偶者のために自分は何ができるのか、
を考えて話し合い、実践してみてください。

お互い、今のこの時期を、
チャンスに変えましょう!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-05-19 10:00:00

「誰のおかげで、生活していけると思っている!!」は禁句

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (50)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

大型連休に突入します。

例年なら、ワクワクする時期のはずですが、
今年ばかりは、そうはいかない……。

新型コロナ感染拡大を止めるために、
今は「Stay home」を守るべき時ですね。



普段なら、外に出てバリバリ仕事をこなしている方も
今は、テレワーク中かもしれません。

そうなると、仕事は
人生の大半を占めるものではなく、
人生の一部であり、
家庭とのバランスであることに気づくでしょう。

仕事と家庭は、車の両輪であり、
人生において、どちらも必要なものなのです。

家庭内で、特に男性は
妻との関係がギクシャクしだすと、
より仕事に打ち込む傾向にあるようです。

「働いて稼ぐことで、
自分の役割を果たしている」と
思いたいからでしょう。

夫婦で口論になった際
「誰のおかげで生活していけると思っている!?」
と言った夫の暴言に、
うんざりしているという奥様方、
多いのではありませんか?

あなたの家庭でも、そうかもしれません。

その時
「そうね、あなたのおかげだわ」と
言ってくれる奥さまなら
何の問題もありません。

が、
「私が家を守っているからでしょッ!?」と
反論されるのが常ではないでしょうか?

仕事をして稼ぐ人と、
家事や子育て、介護をして
家を守ってくれる人がいるからこそ、
家庭が成り立つのです。

最近は、女性一人で、
これら全てを担っている方も
少なくありません。

となると、夫の存在は
もはや必要ない?

ってことに、なりかねませんね。

「誰のおかげで、生活していけると思っている!?」は、
家庭内では禁句です。

自分の誇れる部分が、
そこしかないのでしょうか?

自分の考えの浅はかさを
露呈しているようなものです。

『男性が稼いでいればいい時代』は、
昭和の時代で終わりを告げたのでしょう。

が、そう考えている男性が
まだまだ多いのも、また現実です。

そのような男性の奥さまは、大変ですね。

本当によく頑張ってくださっていると感じます。


世の男性方へ

あなたの奥さまは、あなたが考えているより
ずっと強くてシビアです。

離婚したら、
女性より男性の方が困ることが多いのではないかと
多くの方と話していると感じます。

最も身近で大切な人の有難みを
最悪の時を迎える前に気づいてください。

あなたが意識している以上に、
奥さまの存在は大きなものだと思います。

失ってからでは遅いのですよ!
と、声を大にして言いたい♡


木下雅子行政書士事務所は、
「配偶者との関係を、やり直したい」と
お考えの方を応援しています!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-04-29 10:00:00

夫(妻)と、やり直したい?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (50)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

新型コロナ感染拡大を受けて、
外出自粛要請が出ていながら、
地方の観光地には
人が集まっている現実があります。

ずっと家にいてばかりで、
ストレスが溜まっているのは皆同じです。

新型コロナウイルスを早く封じ込め、
普通の日常生活を取り戻すためには
目先の気分で動くのではなく、
今何をすべきなのかを
一人ひとりが考えてみるべきでしょう。



外出自粛要請が続いており、
普段は仕事に行っているはずの夫も妻も、
学校に行っているはずの子どもたちも
家にいることになり、
家の中の空気が悪くなっていませんか?

一時的なことだと、
ご自身を客観的な目で
見ることができているのならいいのです。

もしかして、
「このまま行くと、ヤバいな……」
という思いがしていませんか?

そのような気持ちで
配偶者に接していると、
その気配を察した配偶者が、
無視したり、声を荒げたりといった
攻撃的な行為をしてくるかもしれません。

暴力とは、
殴る蹴るの身体的なことだけでなく、
暴言や無視も、暴力となるのです。

最近はモラルハラスメント、
いわゆる「モラハラ」という言葉で、
認知されてきていますが、
している本人は自覚がないとも言います。

お子さん達にも、
環境的に良いわけがありません。

こうなってくると、
自分一人の力では
なかなか事態を好転させられないものです。


そんな時、
人は相手のせいにしやすいです。

「夫の(妻の)言い方がキツイから」

「夫が(妻が)受け入れてくれないから」

「家事を手伝っても、
妻からの感謝の言葉がない」

「ちょっと家事を頼んだだけで
夫が恩着せがましいことを言う」

「一日三食の用意をしても、
夫はそれを当然だと思っているのがムカつく」


最近のzoomカウンセリングで、
直接聞いたクライアント様の心の叫びです。

そうですよね。

その方の気持ちはとても理解できて、
家庭内では厳しい状況に追いやられていることは
想像に難くありません。

それを承知の上で
「あなたは、夫(妻)とどのような生活を
望んでいるのですか?」

これを、声を大にして申し上げたいです。


結婚しているすべての方は
夫(妻)と信頼関係を築いた
穏やかな生活を送りたいとお考えでしょう。

それを望むのなら、
今あなたがやっていることは
効果的なことでしょうか?

「だって夫(妻)が……」
と言う声が聞こえてきそうです。

相手のせいにするのは たやすいこと。

気持ちも、一瞬は楽になります。

が、根本的な解決には全くなっていません。


あなたは、
「夫(妻)と、やり直したい」と、望んでいますか?

本当に、
「やり直したい」とお考えなら、
行動は即起こすべきだと思います。

どのような行動かというと、
「あなたが望む生活に近づけるために
効果的な行動」です。

具体的には、
「夫婦間、親子間で挨拶を」

「笑顔を意識する」

「感謝の気持ちを口に出して言う」です。


親子間で「おはよう」の挨拶をしているのに、
夫婦間ではしていないという話を聞きます。

子どもがいるから夫(妻)にも……、
ではありません。

夫(妻)がいてくれたからこそ、
子どもに恵まれたのです。

まず大切にすべきは、夫(妻)なのです。


あなたは夫(妻)より、

子どもを大事にしていませんか?

夫(妻)が、自分より子どもを大事にしているから
つい優しい異性に惹かれてしまった、
というのは、ある意味セオリーです
(決して容認しているわけではありませんが)。


今の事態は、
世界恐慌以来だと言われています。

人は小さなことにはクヨクヨ悩みますが、
大きなことには毅然と立ち向かって行けるのは、
歴史が証明しています。

私たち一人ひとりが、
自分の健康と家庭を守り、
幸せな日常を取り戻すため、
今できることをキッチリやっていきましょう!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-04-23 10:00:00

夫婦円満の秘訣はあるのか?!

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (50)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

世の中に何が起ころうとも、
陽は昇り、陽は沈みます。

当たり前だと思っていることが、
当たり前ではない事態が
世間では起きています。

大事件や大事故が起きない世の中が
実は一番有難いことなのでしょう。



働き盛り世代のご夫婦が、
外出自粛やテレワークのため
一緒の時間が増え、
イライラしている人も少なくないでしょう。

SNSでは、
「#コロナ離婚」
「#旦那デスノート」を付けた投稿が
なされているようです。

当人にとっては、深刻なのでしょう。

心の余裕がなくなって、
目の前のことしか見えなくなってしまう……。


残念ながら、
他人をどうにかすることはできません。

自分の思っていることを
配偶者に理解させることはできないし、
配偶者の思っていることを
100パーセント叶えることなどできない。

それでいいのです。

無理に理解しよう、
理解させようとしても疲れるだけです。

そんなものだと思って、
受け流してください。

必要なのは、適度な距離。

食事など決められた時間以外は
一緒にいないこと。

相手のすることに、
干渉しないこと。

自分のことは、
なるべく自分でやってもらうこと。

相手の求めることを慮りながら、
自分のペースの根幹は崩さないこと。

あなたが健康でいることが、
あなた自身とご家族のためになります。

あなたがいてくれて、
ありがとうございます!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-04-21 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ