高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

facebookページ

あるくおもちゃ

エメ

対応地域

高槻市、茨木市を中心として大阪府下や、兵庫、京都、奈良と関西を中心に全国的にサポートさせて頂いております。
まずはお気軽にご連絡下さい。
対応地域

木下雅子プロフィール

木下雅子
1963年、兵庫県生まれ。 近畿大学通信教育部卒業。
行政書士、心理カウンセラー、ファイナンシャル・プランナー。
結婚後、子育て・介護を経て、臨床心理学者・相部和男氏に師事。
精神分析的カウンセリングを受け、その後カウンセラーとなる。
カウンセリング活動で、法律知識の必要性を痛感し、行政書士に転身。
「法」「心」の両面からクライアントを支える、をモットーとする。
コンセプト
木下雅子行政書士事務所のホームページへようこそ

 木下雅子行政書士事務所のホームページにお越しくださり、ありがとうございます。
 ホームページを開設してから、多くの方にご覧いただき、夫婦関係に悩む方々とお会いさせていただく機会が、格段に増えました。

 夫婦間での問題は大変奥が深く、一つとして同じ事例に出会ったためしがありません。当職も、日々勉強させていただいております。

 悩める方とお話しして思うのは、「夫婦は、お互いがお互いを映す鏡である」ということ。自分が不満に思っているように、相手にも不満があるのです。

 元々他人だった男女が、偶然か必然か出会い、お互い惹かれ、結婚するに至ったのです。が、結婚した当初の情熱が、長い年月、何の努力もしないで続くでしょうか。
 結婚するまでは、相手に気に入られようと努力し、合わせていたことでしょう。それなのに、結婚した途端安心して、相手に合わせることより自分に合わせて もらうことを主張するようになります。そして、「こんな人だとは思わなかった」「性格が合わない」と気持ちが離れていくのです。

 当職は、真剣に離婚を考えている方のお話しを数多く聴いてきました。その後離婚した方もおられますが、修復できたケースもあります。
むしろ、ほとんどのケースで、修復が可能だと思います。が、そのためには、相当の努力を要し、今までの生き方と考え方を変えていただかなくてはなりません。

 離婚すれば、夫婦は他人に戻ります。その前に、もう一度、夫婦関係を見つめ直してみませんか? 相手を責める前に、ご自身を振り返ってみませんか?

当事務所は、「夫婦関係修復」を主業務にしております。
人生の試練を乗り越えて、より深い絆を結ぶことも、決して不可能ではありません。
また、離婚する道を選ばれても、離婚に関する手続きが終了するまで、法律面はもちろん感情的な部分においても、全面的に支え続けます。

 本来ならば、ご夫婦が同時に、あるいは時間をずらせてご相談に来ていただくのが理想です。が、当職の存在は相手には内緒にしているということで、ご夫婦別々に話しを聞くこともできず、ご夫婦片方からのご相談がほとんどです。

 それでも構いません。自分が変われば、相手も変わります!
 つまり、自分が変わらずして、相手を変えることはできないのです。


 どのような状態であれ、事情を話していただくことに意味があります。ご自身の頭の中で考えているだけでは堂々巡りになってしまい、冷静な判断ができません。第三者である当職に、事情と気持ちを打ち明けることによって、今後どうしたいのか新たな道が見えてくることでしょう。

 ただ、離婚寸前の状態になってからのご相談では、修復に大変時間がかかり、どうしても「もう離婚でいい」という気持ちになってしまいます。
 早めに、ご相談にいらしてください。

 当職は、ご相談に来られる方の話しをひたすらお聴きし、「本当の思いを引き出す」ことを最優先します。そして、現状を分析し、解決策を編み出していきます。

 ご自身が冷静な判断を下せるまで、時間はかかっても、
「法」「心」の両面からサポートしていきます。


 今後の人生を真剣に考え、現状を変えたいと思っておられる方、当事務所にいらしてください!
経営理念

ごあいさつ

木下雅子
はじめまして。
木下雅子行政書士事務所のホームページへ、ようこそお越しくださいました。

「法」「心」の両面から貴方を支える行政書士の木下雅子です。
私は行政書士として「法」、心理カウンセラーとして「心」の両面から、お客様を支えています。
相談に来られた方の当面はもちろん、10年後の未来が幸せであることを願って、ご相談をお受けしてきました。

どんな道を選ぶかは、あくまでも貴方です。
私は貴方が最良の決断を下せる心境になるまで、貴方の気持ちに寄り添います。
どうぞ、胸の奥につかえた悩みや理不尽な思いを、当事務所に来て心行くまで話してみませんか?
きっと、今までに感じたことのない晴れ晴れとした気持ちになれることでしょう。