高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

その別居、待った! 様子見? それとも離婚を見据えて?

カテゴリ : 家庭生活(日常) (30)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

大阪府行政書士会 三島支部主催
イオン茨木での無料相談会に
相談員として、
行かせていただきました。

商業施設ですから、通りがかりの方でも
「ちょっと聞きたいことがある……」
という程度でも寄ってくださいます。

そうして、
何かの時に思い出していただけたらいいですね。

行政書士は「街の法律家」です。



夫婦関係がギクシャクし、
険悪な時期が続くと
「もう、別れた方が楽かも?!」
などという考えが、頭に浮かびませんか?

確かに、後先考えず、
今のことだけを優先するなら
一緒にいない方が楽なのかもしれません。

人間は、どうしても
「目の前の楽」を優先してしまうんですね。

「このままいくと、マズいかも?!」と
思いつつ
「ま、いっか。何とかなるだろう……」と
楽観的に考えてしまうわけです。

その結果、どうなるか?

「離婚」までは思いきれなくても、
とりあえず「別居」してみる?

「別居」なら、
血が上った頭を冷やすこともできる。

相手のありがたみも、わかるかもしれない。

などと、都合のいい言い訳を考えて、
別居に踏み切ったが最後、
おそらく戻ってこれません!

どちらかが戻りたいと思っても、
どちらかがノーサンキュー。

そのタイミングが合うことは、
ないと考えた方がいいですね。


なぜか?

別居って、楽なんです。

相手に振り回されることなく、
自分のペースで生活できる。

少しの寂しさはあるかもしれないけれど、
この気楽さは捨てがたい!

そう考えると、
不自由な結婚生活に戻りたいとは思いませんね。

自分が戻りたいと思ったとしても、
相手がそのように思っていたなら、
気持ちは離れていく一方で、
二度と帰ることはできないでしょう。


私は、このような事態に陥ってしまった人を
何人か見てきました。


なぜ、そのようなことになってしまったのか?

安易に別居をしてしまったからですね。


本気で離婚したいのならいざ知らず、
様子見の別居は、避けた方がいいでしょうね。
2018-02-21 10:00:00

「面倒くさい!」と避け続けた結果、どうなるか?!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (30)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

5年前の東京セミナーで知り合った
なみさんが、
西日本旅行の途中で大阪に宿泊なさり、
呼んでくださいました。

Facebookでは
いつも会話しているものの
直接お会いするのは3年ぶり!

このように お声をかけていただけるのは、
とても嬉しいです!

積もる話しは、とどまることがない?!

再会と友情を誓いました。



三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか?

転校や気温のこともあるし、
春先や夏休みのように
気軽には出かけられないかもしれませんね。

ご夫婦で向き合う時間はとれたでしょうか?

最近は、webの影響からか、
すぐに結果が出なければ嫌だと言う人が
増えたように思います。

ググれば、調べたことが
すぐにわかるでしょう。

でも、人間は?

体力作りに励んでも、すぐに結果は出ませんね。

だから、ダイエットに成功する人は少ない
ということになるのですが。

結果がすぐ出ないと、
たちどころに諦めてしまう……。


夫婦関係がうまくいくための
ノウハウを知りたがる人はいるのですが、
配偶者が、それに応えてくれるかは
また別問題です。

配偶者に、朝
「おはよう!」と言っても無視される。

夜のお誘いをしても、断固拒否される……。

このようなことがあったら、
たちまち 諦めてしまうんですね。

確かに、このようなことをされると
傷つきますが、
これ以上 傷つきたくないために
あっさり諦める。

そして、うまくいかないのは
配偶者のせいだと言う。

何か思わしくないことが起きたとき、
他者のせいにするのは、
とても簡単です。

しかし、それをし続けた結果、
配偶者を失ってしまうことになりかねません!

「そんな、大げさな!!」
と、思いますか?

日常の、小さな積み重ねが
今を作っています。

「今」のことだけを考えると、
行動を起こすのは
少々、どころか かなり面倒くさい!!!

しかしながら、
今朝の「おはよう!」や、
今晩のお誘いが、未来をつくります!

「今」面倒だからやめる、か
「将来」のために 面倒だけどやる、か。

いつやるの? 今ですよね!
2018-02-13 10:00:00

夫婦関係がギクシャク! それは、配偶者のせい?!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (30)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

インフルエンザが、流行しているようです。

しかも、A型 B型が同時に!

一冬に、何回もかかる可能性あり?!

やはり、予防が大切ですね。

シンプルだけど、うがいと手洗い!!



夫婦関係を修復したいと思っているのに、
相手が思うように動いてくれない、
というのは よくあることです。

他人は、絶対に変えることができないので、
自らが変わるしかない。

頭ではわかっているけれど、
あまりにも相手が頑なだと
心が折れそうになってしまう……。

これも、よくわかります。

でも、ここが正念場!

心が折れて、
夫婦関係がギクシャクする状態に逆戻り。

あるいは、ここで踏ん張って、
苦しみの先にある真の楽園を思い描き、
配偶者に向かい続けるか。

今、その分かれ道にいるとしたら、
あなたは どちらを選択しますか?

あなたの選択で、
今後の運命が決まります!

決して、頑なな態度をとり続ける
配偶者のせいではありません。

配偶者が、何を言おうと 何をしようと、
あなたが配偶者に向き合い続けることができるのか?

あなたの考え方と行動が、
未来を決めることになるのです。
2018-02-03 10:00:00

片付いた部屋 VS 散らかった部屋

カテゴリ : 家庭生活(日常) (30)

夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

行政書士会の役員会。

行き慣れているはずの茨木市福祉文化会館。

前の予定の都合上、
ちょっと違う道からだと、
途端にどこを歩いているのかわからなくなる。

スマホの地図を確認しながら行けば
迷うはずないのに「ここは何処?」状態……。

予約車として待機していた
タクシーの運転手さんに道を聞いてダッシュ!

役員会開始時間 1分前に到着!!

汗びっしょり!!!

文明の利器を使いこなせていない……。



夫婦関係がうまくいかないのは、
「性格の不一致」だけではありません。

むしろ「性格の不一致」ではない!

性格の合う夫婦なんて、
いないんですからね(笑)。

今までとは違う何かをすることで、
夫婦関係が改善することは多々あると思います。


ごちゃごちゃした部屋で、暮らしていませんか?

夫婦関係がギクシャクしている人は、
必ずと言っていいほど、
部屋が乱れています。

こんなトコロじゃ、
落ち着いて暮らせないだろうな~……(心の声)。

つまり、部屋を片付けていくだけで、
夫婦関係が改善していくこともあるのです。

心の問題は目に見えないので、
とても厄介ですが、
散らかっていた部屋が片付いていくと、
目に見えてスッキリしていくので、
心と体の改善に大変効果があります。

まず、部屋を片付けましょ~!

「片付いた部屋より
散らかった部屋の方が好き」
何て言う人、いるわけないですよねー!!

2018-01-29 10:00:00

配偶者の応援は、必要?!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (30)

夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

グランフロント大阪での
2ヶ月に1回の勉強会「ミラクル航会」。

シェアリングエコノミーについて学びました。

世の中は「所有する」から「共有する」に
時代が変化しています。

人が望むものを与え、
自らが望むものを手に入れる。

それができれば、嬉しいですね!



「あなたにとって、一番身近な人は誰ですか?」
と聞かれたら、既婚者であれば
「夫(妻)」と答えるでしょう。

一番身近だからこそ、
「我」が出てしまうんですね。

「誰もわかってくれなくていい。
夫(妻)だけが わかってくれれば」と思うけど、
自分が期待するほどではないかもしれません。

身近な人ほど、
一番難しかったりしますから。

でも、ご心配なく!

あなたのことを心配して、
言ったりしたり
してくれていることが ほとんどです。

え? そうは思えないって?!

それは、あなたの解釈です(笑)。

だって、お互いに責任がありますから、
適当なことは言えませんものね。


私も、夫に
「~~~~、こんなことやりたいんだけど
応援してくれる?」と言ったら
「応援しません!」とキッパリ言われます。

「え~~~!」と思いますが、
それは、
「オレの応援がないくらいで諦めるようなら、
初めから やらない方がいい」ということ。

そう!

「応援してるよ!」と言われたら嬉しいけど、
言われなくても、やりたいことはやる!

そして、成功して、黙って見守ってくれた
夫に感謝の言葉を伝えることが、
夫の望んでいることじゃないかな~?

と解釈し、
今日もやりたいことをやって、
夫に感謝を伝えます!
(夫は、迷惑だったりして……^^)

2018-01-27 10:00:00

1 2 3 4 5 6 次へ