高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

暴飲暴食、朝寝坊、その時は楽しいけれど……。

カテゴリ : 目標(健康) (25)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

虫歯を見つけて、歯医者に行きました。

まだ痛みのない初期でした。

この段階で行くと、
治療は1回か、多くても2回で済みます。

何事も初期対応を、ですね。



若い時は、
健康は当たり前にあるものと思いがちですが、
この年齢になると
健康ほど有難いものはないことを
実感しています。

歳を重ねると
体力は若い頃と同じというわけにはいきません。

でも、今体調が良くないということなら、
過去に、そうなるようにしてしまった結果です。

暴飲暴食をしていたら、
胃腸は壊すし、肥満になる。

夜更かし朝寝坊をしていたら、
体のサイクルが狂って
心身に不調をきたす。

原因と結果から見て明らかです。

が、若い頃は
美味しいものをお腹いっぱい食べたいし、
夜が更けるほど頭が冴える錯覚をおこします。

そして、すぐに体に出るなら
改善の余地もありますが、
結果が出てくるのは
10年後、20年後だったりします。

後悔するのは、それからですね。

慢性的な病気になってしまったら、
それを直すのには
かなりの時間と気力、お金が必要になります。

理屈としては
わかっていただけると思いますが、
目の前の楽しみに
時間とお金を使ってしまうのが人間です。


もちろん、どんなに気をつけていたとしても、
病気になる時はなるし、
不可抗力なことも起きます。

でも、注意していても病気になった時と、
不注意だったために病気になってしまった時では、
後悔の度合いが違うでしょう。

腹八分目。

寝る前にモノを食べない。

休みの日でも朝寝坊は2時間まで。

少しのことを意識するだけで
今と将来の体調が変わるかもしれません。


「with コロナ」の時代、
ほぼ全ての人が、
健康に気をつけていると思います。

自分の健康に気をつけるのはもちろん、
ご家族の健康、
職場内でも
身近な人の健康を守らなくてはいけません。


今だけの刹那的な楽しみに
時間とお金を投じるのではなく、
今が充実し、
将来の展望にも繋がるような行動を
していきたいものですね。

このブログを読んでくださっているあなたが、
仕事もプライベートも充実し、
身近な人に
幸せを分けてあげられる人生を送れるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-09-17 10:00:00

痩せたいのに痩せられないのは何故?

カテゴリ : 目標(健康) (25)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今日から9月。

もう今年の3分の2が過ぎ去りました。

例年にない年ではありますが、
平常心を失わず、
自分らしくありたいものですね。



夫婦関係を良好に保つには、
ただ相手を思いやればいいだけでなく、
色々な要素が必要です。

健康や仕事、
お金や時間の使い方などです。

その中でも、健康は最もたるものです。

健康が全てではありませんが、
健康を失うとすべてを失ってしまいますから。

健康というのは、
病気じゃなければいいというわけではありません。

心身ともに健康であることが必要ですね。


世には、
無数のダイエット法が出回っていますが、
ダイエットに成功できる人は
7~8パーセントなのだとか。

つまり、ほとんどの人が
リバウンドしてしまう?

体重を減らしたいと、
誰もが願っているのに、
ほとんどの人が成功できないのです。

それは何故か?

おそらく、求める心が弱いのでしょう。

痩せたいと思っても、
目先の食欲に負けてしまう。

それは、なぜ痩せたいのか?
痩せてどうしたいのか?
が、あいまいだからです。

だから、食事制限や運動より
目先の食欲を優先してしまう。

私も全然、人のことを言えませんが。

インドア派で運動嫌いの私が、
長く続けられるためには、
辛かったり痛かったりすることは
無理なのです。

で、健康やダイエットに関する書籍は
読み漁っています。

手あたり次第 運動しても、
三日坊主ならぬ一日坊主で終わることは
明らかだからです。

まずは、自分に合うやり方を見つけないと……。

と思い、
「これなら出来そう」と思うことを
実践しています。

生活態度も、大切ですね。

食べたい時に食べて、
寝たい時に寝ていて減量はできませんから。

朝早く起きる。

毎朝、体重計に乗る。

朝6時25分から35分まで
10分間のテレビ体操。

朝食と昼食はしっかり、
夕食は軽めに。

タンパク質と野菜は多めに、
炭水化物は抑えめに。

ジャストサイズの下着を身につける。

お風呂上りに、10分間の筋トレ。

運動は、朝のテレビ体操と
夜の筋トレだけ
(これくらいでないと続かない……)。


みるみる痩せていく!
なんて劇的な変化はありませんが、
意識と行動を変えることで
減量できるはずです。

共に、頑張っていきましょう!

このブログを読んでくださっているあなたが、
健康な体と充実した毎日を手に入れられるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-09-01 10:00:00

痩せたら、自信が持てる?!

カテゴリ : 目標(健康) (25)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

本をAmazonで購入したり、
電子書籍を読んでいるという方も
多いと思います。

欲しいと思った本が
すぐ注文できたり
読めたりするのがいいですね。

最近は
「痩せる系」の本ばかり
購入してしまう私です。



新聞で、
紹介されていた本ばかりです。

食べて寝て、運動もせずにいたら、
だらしない体になってしまうのは、
火を見るよりも明らかです。

とは言え、
人は易きに流れるので、
できれば面倒なことはしたくない。

と思っているうちに、
体重が増えていくわけです。

そして、体重計に乗るのさえ
怖くなってしまう……。

まず、今の自分の体重を量って
現在地を認識しなくてはいけませんね。


かく言う私も、
理想とする体重には、程遠い?!

インドア派の私は、
元々運動嫌いなんです。

ランニングでもしようものなら、
すぐ息が上がってしまう……。

しんどいことは一切続かない
根性なしなので、
ダイエットと言えば
専ら食事制限です。

食事制限も、続きませんね。

食事制限をしようとしたところで、
夫も子もある身だと
夕食は作らなくてはいけないし、
自分だけは食べないなんてできないし……。

そんなこんなで、
挫折してきました。

おそらく、
多くの人がそうではないでしょうか?


ダイエットの成功者は
7パーセント前後だと聞いたことがあります。

100人中7人?!

よほど、苦しいことなのですね。

配偶者が太ったために、
魅力を感じなくなったという意見も
お客様から聞くことがあります。


コロナ事態の少し前から、
私は、足を捻挫したり、
五十肩になってしまったので、
さすがに
「このまま行くとヤバいなー……」
と一念発起し、
本を買うという衝動に駆られているのだと思います。

色々な本を読むうち
「健康は、何よりの財産である」
ということを再認識しました。

健康が全てではありませんが、
健康を失うと すべてを失ってしまいますから。

ダイエット云々も、
「健康で長生きしたい」という
人間の本能のようなものでしょう。

実際、ダイエットに挑戦し
成功した人の話で
「自分に自信が持てた」
という意見が印象的でした。

理想の体重を手に入れることは、
体だけでなく
精神的にも必要なことなのですね。

ということがわかったので、
複数のダイエット法を組み合わせて、
現在挑戦中です。

ネット記事でも出てくる
「ダイエットサプリ」は
宣伝だけを見ていると
短期間で痩せられて とても魅力的ですが、
何となくビビッとこないので、
やめておきます。

だから、理想の体重に到達するまで
早くても数ヶ月はかかるでしょう。

この場で報告できるように頑張ります!

健康な体と自信を手に入れられますように!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-06-17 10:00:00

五月病に、ご注意ください!

カテゴリ : 目標(健康) (25)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

5月の大型連休が終わりました。

本来なら、普通の日常が戻ってくるはずですが、
今年はそうもいきません。

とは言え、
少しずつ自粛解除に向けて
社会は動き出しているようです。

恐れず油断せず、
ピンチを乗り切っていきたいですね。



昔から、
「5月病」という言葉があります。

ご存知の通り、
4月に進学や就職、転居などで
環境が変わった人に起こりやすいと
言われています。

私自身、ストレス耐性が低いため、
学生の頃は毎年のように
5月病にかかっていました。

今でも何故か、
5月に悪いことが起きやすく、
毎年5月は慎重に過ごしています。

本来なら、5月は気候もいいし、
気分アゲアゲな人も
少なくないと思いますが。


ネット情報を読んでみると、
5月病からうつに発展しやすい方の特徴として、

・几帳面で真面目
・責任感があり、全部を一人で抱え込んでしまう
・おとなしい
・完璧主義

だそうです。

もしかして私、全部当てはまっているかも……。

今から性格を変えるのは無理なので、
それはそれと受け止めて、
少しでも穏やかに過ごせるよう、
自分で気持ちをコントロールしていくしかないですね。

体と心、両方が健康でないと、
真の健康とは言えませんから。


今、このようなご時世だからこそ、
意識してご自身の体と心を
大切にしてあげてください。

このブログを読んでくださっているあなたが、
幸せでいられるよう願っております。

今日もよろしくお願いいたします。
2020-05-11 10:00:00

あなたはなぜ、ダイエットをしたいのか?

カテゴリ : 目標(健康) (25)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

明日は、母の日ですね。

息子から、お花が届きました。

有難いことですね。

このようなご時世にもかかわらず、
母の日の前にお花を届けてくれる
お花屋さんにも感謝です。



前回のブログ
「今こそ、体重管理を!」は、
5,000名以上の方がお読みくださいました。

ありがとうございます!

「ダイエット」は、
現代人の共通する関心事なので、
性別年齢問わず、
切実な願いだと思われます。

巣ごもり生活が続き、
食事以外にもつい
間食をしてしまうことが
多くなっていませんか?

食べているときは気づかず、
食べ終わってしばらくした時に
「うわ、食べ過ぎてしまった?!」
と感じたときは、既に時遅し!

翌日の体重測定が怖いですね……。

でも、食べ過ぎた翌日、
意外に体重が増えていなかったりします。

これに気をよくして、
2日連続で食べ過ぎてしまうと、
その翌日か翌々日には
ドッと体重が増えてしまいます。

体重の変化は、2日遅れてやって来る!

つまり、
2日連続で食事や間食をセーブすると、
4日目の朝の体重に反映されるわけです。

でも、この4日までが我慢できない?

「3日坊主」とは、
よく言ったものです。

だから、多くの人が
ダイエットを成し遂げられないのですね
(私も全然、人のこと言えませんが……)。

行き当たりばったりで絶食してみても
挫けることが見えていますから。


本気で体重を減らしたいのなら、
「なぜ、体重を減らしたいのか?」
「ダイエットして、どんな生活を送りたいのか?」
を、真剣に考える必要があります。

つまり、願望ですね。

この願望が強ければ強いほど、
達成できる確率が上がるのですが、
これが弱いと、
目先の食欲に負けてしまいます。

世の中には、美味しいものが
溢れていますから。


と同時に、ダイエットに関する書籍やグッズも
世の中に溢れていますね。

どのようなダイエット法にも
成功者がいるわけで、
どのダイエット法も、
間違っていないといえます。

サプリ、筋トレ、
単一食ダイエット、
レコーディングダイエット、
矯正下着……etc

自分にできそうなダイエット法を
複数同時進行させて、
お互い、ダイエットを成功させましょう!

今日もよろしくお願いいたします。
2020-05-09 10:00:00

1 2 3 4 5 6 次へ