高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

妻の立場は、強い? それとも、損?!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
世の中、特に女性は「不倫」に対して厳しいですね。

不倫した有名人を、ここぞとばかり責めるコメントは、
自業自得かもしれませんが、
「ここまで言っていいのかな……」と思ってしまうのは、
私だけなのでしょうか?

当事務所には、
ご主人に浮気をされた奥さんからのご相談が多数ありますが、
皆さん、ご自分のことを「被害者」だと思っています。



今は、感情的になっていて、
目の前のことしか考えられないかもしれませんが、
一体、この先どうしたいのでしょう?

相談に来られる方は、
ご自分の境遇を切々と語り
「これ以上、ヒドイ人なんていないでしょ?」と言われますが、
一人一人、皆さん境遇は違いますし、
比べられるものでもありません。

世の中の女性が「不倫」に厳しいのは、
「自分が『不倫される側』になる」という恐れがあるからですね。

でも、男性が不倫するということは、
その相手は女性なのであって、
既婚女性でも「共犯者」になってしまう可能性は
十分あり得ます。

「私は不倫しているけど、夫の不倫は許さない!」
なんてこと、ないですよね?!

男性は
「妻がコワイから、不倫はやめとこう」という気持ちより、
「不倫はいけないとわかっているけれど、
安らぎが欲しい」という気持ちが勝ってしまうかもしれません。

夫に、どう思われたいのか。

「不倫に走る夫が悪い!
妻子がいるのを知ってて、関係を持つ女が悪い!!」
と、一喝するのは簡単ですが、
夫が、他の女性に目を向けないように、
妻が「夫の一番の理解者」でありたいものですね。
2016-05-03 20:15:14

不倫から始まった恋愛は、幸せになれるのか?

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
今日のタイトルは、ブログのネタを探して
ネットサーフィンで見つけたものです。

このようなタイトルだったら、
ついクリックしてしまう……というのは
私だけではないんじゃないかな?



私も、ドンピシャで
この相談をお受けしたことがあります。

私のところに相談に来られるということは、
夫婦関係がうまくいっていないということですね。

不倫から恋愛が始まって
後に、正式に結婚してうまくいくんだろうか……と
老婆心ながら心配になってしまいます。

不倫をする人は、
配偶者と愛人(という表現は適切ではないかもしれませんが)の
両方がいないと満足できないのでは?

バブルの頃にはやった
「本命くん」と「キープくん」の両方がいてほしい
というのと同じです。

そんな人は、おそらく
どちらも失うでしょうね。

不倫を解消し、
配偶者に昇格?したら……、
別離が待っているだけのような気がします。

空き部屋となった「愛人枠」が埋まるのは、
時間の問題?!

不倫は不倫だから、うまくいっているのです。

不倫のうちに、関係が煮詰まった時点で、
別れを演出するのが無難でしょう。
2016-04-05 20:59:16

女だって浮気する! その背景にあるものは?

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
少し前に、離婚経験者の男性
(クライアントさんではありません)から聞いた話し。

忙しいことを理由に、セックスレスが当たり前になっていて、
これが不満だと思っていた
妻の心変わりの兆候に気づかなかった。



ーそこまで放ったらかしにしてたの?!ー

放ったらかしにしているつもりなんて全くない。

むしろ、愛情は伝わっているはず、
20年も忙しい自分のことを支えてくれているのは
すべて承知した上で応援してくれている、と思っていた。

風俗やキャバクラで遊んでいたが、
これは断じて浮気ではない!


そのように、この男性は言いました。

で、自分の行いを棚に上げて、
奥さんが浮気をしたから離婚?!

もしかして、稼いでいさえすれば
男は何をしてもいいと思っている?!

50年位前の、
男尊女卑がまかり通っていた時代ならともかく
今、こんなことがあるの?

大概のことにはビックリしない私が、
言葉を失いました……。


世の男性方!

妻は妻だというだけで、
あなたを一生愛し続けられるわけではありません。

夫からの愛が感じられないと
「ウチの嫁に限って!」ということが
起きないという保障はないですよ!
2016-02-21 18:00:00

夫に、不倫されたくないなら……。

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
国会議員の不倫問題が、世間を騒がせています。



不倫の是非を問うたところで今さら仕方ないので、
テレビのコメンテーターのようなことを
言うつもりはございません。

男性は、
ちょっといい女が自分に気のあるそぶりをしたら
舞い上がってしまいます。

入院している若い男性患者は
ちょっと可愛い女性看護師に親切にされただけで
「こんなに優しくしてくれて、
もしかしてオレのこと好きなのかも?!」なんて思うそうですね。

看護師は、仕事で親切にしているだけなのに。

あなたのご主人も、いつどこで
このような場面に遭遇するかわかりません。

ご主人に不倫をしてほしくないなら、
「家庭が一番!」だと思ってもらえるように、
家庭で、ご主人さまを立ててあげてくださいね!

それだけ?で、ご主人は
あなたのために一所懸命働いてくれますから!!
2016-02-15 20:58:42

不倫された?! 自分の人生は、自分が責任をとる!!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
私は業務の性質上、
「浮気(不倫)をした側」「浮気(不倫)をされた側」
両方の立場の方のお話しを聞く機会が多くあります。

どちらかといえば、
「された側」からのご相談の方が多いですが。



「した側」からのご相談は
「彼の妻(彼女の夫)から慰謝料を請求されている」
という内容が主ですね。

相談に来られた時点で、
「慰謝料を払う覚悟はできている」のも
結構共通しています。

いつ払うのか
払う時期・支払い方法などを相談したい、
支払い場所に立ち会ってほしい等
とてもハッキリしています。

さっさとケリをつけて新しい人生を歩むのは、
とても賢明なご判断です。


「不倫略奪婚」がうまくいくケースは
世間的にはあるのでしょうが、
私の周りには一人もいません。

不倫で人間関係がごたごたしても、
最終的には、自分の人生は自分に責任があります。

私は「浮気した夫(妻)が、全面的に悪い」
と思ったケースに遭遇したことがないのです。

浮気をした配偶者を責める前に、
「配偶者にとって、自分はどんな存在だったか」を考える方が
長期的な目で見て、幸せになれると思います。
2016-02-11 10:21:10

前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ