高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

賢い妻は、夫を このように使う?!

カテゴリ : 家庭生活(笑顔) (28)
世の奥さま方へ

あなたのご主人は、一所懸命に働き、
家庭を支えてくださっていると思います。



子育て世代の30代、40代の男性は、
職場でも責任のある地位を任され、
神経をすり減らしながら、やりがいを持って
仕事をしていらっしゃることでしょう。

男性は、仕事をして給料を家計に入れることで
自分の役割の9割を果たしていると思っている方が多いです。

ところが、妻の立場から見れば、
夫がお金を稼いでくれていても、
「それだけでOK!」なんて思えませんよね。

奥さんとしては、
「半年に1度の海外旅行」より、
何気ない日常生活の中で
「夫から必要とされている感」だったり、
「子どもとの ありふれた触れ合い」だったり、
そんなものを求めています。

でも、ご主人に
「仕事ばっかりしていないで、
もう少し、家族のことも考えてよ!!!」と叫んだところで、
問題は解決しないんです。

ここは、踏ん張りどころ。

「夫が家庭に目を向けてくれないなら、
私も、夫を無視してやる!」と思うのか。

それとも、「夫が家庭に目を向けてもらえるように
居心地のいい家庭の雰囲気を作ろう」とするのか。

ご主人にとってもそうですが、
お子さんにとって、どちらの家庭が
居心地がいいでしょうか?

そして、どちらの考え方の奥さんが
幸せを引き寄せるでしょうか?

男性には、しっかり働いてもらって、
家庭では おだてて うま~く使い?ましょう!アッカンベー

私は、幸せなご夫婦・幸せなご家族をこの世に増やすべく、
今日も力を尽くします!!
2016-06-29 06:32:35

家庭生活は、平穏に笑顔で!

カテゴリ : 家庭生活(笑顔) (28)
リビングなど家族の共有スペースって、
すぐ散らかりませんか?



子どもや夫に「片づけなさ~い!」と叫んだところで、
片づけるのは、その時だけ。

数時間後には、また散らかっている。
そんなことの繰り返し……。


そんな時、夫が気まぐれでも ちょっと片づけてくれたら
嬉しいでしょうか?

それとも「後で片づけようと思っていたのに、
余計なことしないでよね!」と思うでしょうか?

もし、後者だとしたら
部屋は散らかり放題になりますね。

奥さんがマイペースで片づけたい気持ちは、
私も主婦なので、よくわかります。

が、それをやっていると
自分が忙しい時は身が持たない!

多少 気に入らなくても、
パッと見てリビングが片付いている方が
精神衛生上もいいと思うんですよね。

できれば、モノをしまう場所は、
リビングのモノだけでも
家族全員が把握できるといいですね
(なかなか難しそうですけど。
我が家もできていないので)!

夫が、たとえ その時だけでも片づけてくれたら
「ありがとう!」と とびっきりの笑顔つきで言っておけば、
また片づけてくれるかもしれません。
次は、ちょっとだけ片づけ方が上達しているかも?!

短期間で、そんな うまくいくはずもありませんが、
他人を変えることはできません。

変えることができるのは、自分の思考と行動だけなのですから、
自分がなるべく平穏に、笑顔でいられる方法を
模索していきましょう!

私もリビングの片づけ、頑張ります!!


2015-10-21 09:16:53

家では、笑顔で過ごしたいよ~!

カテゴリ : 家庭生活(笑顔) (28)
子どもが学校から帰ってきたとき、
暗い顔をしていたら どうでしょう!

「学校で、何かあったのかな?」と思いますよね。

でも、「これは大変!」とばかりに、
「何かあったの?
困ったことがあったら、言いなさいよ!」などと
責める?ようなことはしていないと思います。

静かに、飲み物やおやつでも出してあげて、
子どもが話し始めるのを待つはずです。




では、夫が仕事から帰ってきたとき
不機嫌な顔をしていたらどうでしょう。

「仕事でイヤなことがあったからって、
その気分のまま家に帰ってきて、
私に八つ当たりしないでよね!」
って、思うんじゃないでしょうか。

そりゃ、そうかも?!

「子どもは仕方ないとしても、
夫は大人なんだから、
自分のことは自分で何とかしてよね!」
って、思いますよね。

私も、男性の方が相談に来られたら、
「仕事でツライことがあったとしても、
家に帰るまでに気持ちを切り替えてくださいね」と
言います。

嫌な気持ちを関係のない人にぶつけたって、
嫌な空気が広がるだけですから、
何もいいことないわけです。


逆に、夫の立場からすれば、
仕事から帰ったときに、
迎えてくれた妻が不機嫌な顔をしていれば、
「こっちは、仕事で疲れて帰ってきたのに、
何やねん!」っていう気持ちになって、
家に帰って来る時間が遅くなっていきます。

これも、誰にとっても いいことではありません。


結局、不機嫌な顔は、何もいいことを生まないのです。

それでも、不機嫌な顔をするのは、
誰もが
「自分の気持ちを受け止めてほしい!」と思っているから。

不機嫌な顔をしている自分に気づいて、
「どうしたんや? 何かあったんか?」と聞いてほしいから。


まずは、自分が冷静になることですね。

気づいた人が、冷静になる!

ここから、事態がいい方に変わり始めます!

家庭は、やすらぎの場であってほしいですもんね!


世の中に、幸せなご夫婦が増えますように!
2015-05-21 09:22:57

家庭生活の大切さを発信する!

カテゴリ : 家庭生活(笑顔) (28)

セミナーのご依頼をいただきました。

しかも、中小企業の経営者の方々へ向けての発信!

大変、ありがたいです~!



一般的な話しですが、中小企業の経営者には、
離婚経験者が、結構おられます。

家庭よりも、仕事を優先してしまうからですね。

日本人は、責任感が強い方が多いので、
どうしても自分を犠牲にして、人に尽くしてしまいがちです。

その結果、家庭が犠牲になってしまう……。


本来は、そうではないはずです。

仕事をやり遂げるために家庭を犠牲にするのではなく、
仕事をやり遂げるために、
普段から家庭を大事にしておく必要があるのです。


家庭がうまくいっていなかったり、
挙句の果てに「離婚」という結果になってしまったなら、
精神に過大な影響を与えること間違いありません。

その結果、仕事もうまくいかなくなる可能性も……。

だとしたら、毎日少しずつでいいから、
配偶者に気配りをしていけば、
最悪の事態は避けられるはずです。

自分が気配りをせずに、
「(配偶者が)私の事情をわかってくれたらいいのに」とか
「私の事情を察してほしい」と言っていたら、
やがて破滅に向かって行くことでしょう。

その前に、どちらか一方が当事務所の存在に気づいて、
ご連絡をくださったなら、
「離婚」という致命傷は避けられるかもしれないのです。


中小企業の経営者の方に、家庭生活の重要性と、
配偶者がどれほど大切な存在かをお伝えすることができたなら、
経営者の配偶者はもちろん、お子さんも
笑顔が増えることでしょう。

私は、今はまだ問題を抱えていない幸せな方にも、
家庭生活の大切さをお伝えできる機会を
多く持ちたいと思っています。

この世に、幸せなご家族・幸せなご夫婦が増えますように!

2015-04-07 20:14:51

我が家は、今年激変する?!

カテゴリ : 家庭生活(笑顔) (28)
私は、夫と成人した息子2人との4人家族です。

夫は、会社員。
長男、社会人。次男、この春から大学4回生。

長男が就職し、次男が大学に進学してからは、
我が家は
ある意味とても平和に過ごしてきました。



そんな我が家ですが、今年から来年にかけては
大きな変化があるかもしれません。

夫が、この秋に定年を迎えます。

次男は来春卒業なので、就職活動の真っ最中!

夫の父が平成12年に亡くなってから、
ずっと4人で暮らしてきましたが、
息子は近い将来、親元を巣立っていくでしょう。

息子の成長は、とても嬉しい!

その反面、息子が実家を出るとき
私はきっと号泣するんだろうな~!

高卒で実家を離れる子も少なくない中、
私は もっと長い期間 息子といることができたのだから、
有難いんです。

友人からは「羨ましい」って言われることもあります。

だからこそ、この1年は
笑顔で、1日1日を大切に過ごしたい!

息子に「この家に生まれて幸せだった」と思ってもらえるように。
2015-03-29 16:13:02

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ