高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

あなたの選択は、間違っていない!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
パソコンが、各家庭に普及してから、
1日の中で得る情報が格段に増えました。



ブログのネタを探すネットサーフィンは5分!
と決めている私ですが、
その5分でさえ、様々な情報や意見が載っていて、
消化不良状態を起こしてしまうことがあります。

自分にとって 良い情報だけを読みたいものですが、
その情報が良いか悪い?かは、
自分で判断するもの。

自分の状態が良ければ、
良い情報が素直に入ってくるし、
健康状態がイマイチな時は、
情報の波に飲み込まれてしまいそうになります。

今は、誰もが評論家になれる時代!

何をしても、
100%賛同されることはないと言っていいでしょう。

どんな時にも、間違ったことは言わない。
決して間違った行動をしない。

そんな人が、どこにいるでしょう。

人間である以上、
「言わなきゃよかった……」と思うことを言ってしまったり、
後から考えれば
「あの時、引き返していれば……」と思うことを
してしまうこともあります。

それを責められたとしても、
引きずることはありません。

「しまった!」と思うことがあれば
素直に謝ればいい。
それも、早いうちがいいですね。

そして、次回会う時は、
何事もなかったように明るく振舞えばいい!

過去は変えられないのだから。

いろんな情報や、人のうわさに振り回されることなく、
自分の選択を信じて、自分らしく生きていきましょう!
2016-04-27 15:13:17

トラブルメーカーの果ての姿は?

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
何かあったら、すぐ騒ぐ、
人のウワサ話しが大好きで
あることないこと言いふらす
いわゆる「トラブルメーカー」ですが、
あなたの周りにも、一人くらいはいることでしょう。



そんな人とのお付き合い、どうしていますか?

完璧に無視できる間柄だといいのですが、
そうもいかない場合がありますよね。

適当に、つかず離れずのお付き合いをしていて、
ウワサ話しに うなずいたが最後、
進んでウワサ話しをした張本人にされてしまう……。

でもね、大丈夫!

そんな人、早死にするから。

トラブルの渦中にある時は、
「そんな悠長なこと、言ってられない。
早く、この事態から脱しなければ!」と思いますね。

私もご多分にもれず、様々なトラブル
(世間的に見れば、大したことないかもしれませんが)に
遭ってきました。

そして、この年齢になったから思うことですが、
人に暴言を吐いたり、
陰口ばかり言っていた人は、
長生きしないし、いい死に方をしていません。

だって、陰湿なことをすれば、
体の中に毒素が生まれるから。

自分で自分の毒に侵されていくのです。

その毒に侵されないように、
私たちは、自分らしい生き方を貫きたいものですね。
2016-04-25 09:00:00

意地を張って、家族とケンカし続けますか?

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
気持ちの行き違いから、
家族で揉めてしまうのは、よくあることですね。

身近な家族での問題だから、
感情が先走ってしまい、冷静な判断ができないわけです。



他人になら優しくすることができても、
家族にはできないという人は、多いのではないでしょうか?

それは、身近な家族だからこそ
私の気持ちをわかってほしいという気持ちが
人一倍強いからです。

それは、相手も同じ!

お互いが
「自分が正しい、相手が間違っている」と思うから
折れることができないのですね。

家族間で
「正しさ」や「いい、悪い」を持ち込むと
収集つかなくなってしまいます。

「正しさ」や「いい、悪い」は、一旦脇に置いて
「この人と、どんな関係を築きたいのか」と
思考をシフトしてみてはいかがでしょうか?

毎日顔を合わせる家族と、ケンカし続けたところで
疲れるだけなのです。

意地やプライドはあるでしょうが、
そんなものに こだわって
大切な時間を無駄にすることほど
馬鹿げたことはありません。

一晩寝たら「ま、いっか」と 流してみてください。

時間が経てば、どうでもいいことがほとんどですから。
2016-04-11 09:00:00

意見が合わない?! 皆違って皆いい!!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
どんな場面でも、個人が悩むのは
ほとんどが人間関係ですね。

「人間関係で悩まないようにするには、
どうしたらいいですか?」と、よく聞かれます。



私も長年、こう思ってきました。

私は両親から
「お前は、性格が難しい」と言われて育ったので、
人間関係でうまくいかないことがあると、
「私が悪いんだ……」と思い続けていたのです。

でも、人間関係で摩擦があるのは
当たり前のことなんですね。

だって、一人一人 皆 考え方が違うのだから。

たまたま気が合う人がいたって、
全てにおいて自分と同じなんて人が
この世にいるわけがありません。

だから、意見の合わない人がいたら
「あなたは そう思うのね。私は こう思うの」と、
堂々と主張すればいいのです。

他人もあなたも間違ってはいないのだから。

自分の正しさを押し付けようとするのではなく、
自分の気持ちをわかってもらおうとするのではなく、
「あなたは、そう思うのね」と言うだけでOK!

それで、自分の人生がどうかなるなんてこと、
滅多にありません。

胸の中では「ウッ!!」となって、
一時は気持ちのバランスが崩れることはありますが、
大丈夫!!

あなたを必要としてくれる人がいるから。

何が起きても、
あなたのことを心配してくれる人がいるから。


配偶者、我が子、ご両親、ご兄弟、多くの友人たち。

あなたは、あなたのままでいい!
2015-10-15 15:36:02

身近にいる大切な人! それは家族ですよね

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
昨日は水曜日。映画のレディースデー。
「日本の一番長い日」を観に行きました。

今年は「終戦70年」の年ですから節目でもあります。

ちなみに10年前、
「終戦60年」の年も、戦争映画が多かったですね。

息子たちは、高校生と中学生だったので、
一緒に観に行っていたのを思い出します。

「男たちの大和」
「出口のない海」
「硫黄島からの手紙」

少年兵の場面では、涙が止まらなかったです。

時代が時代なら、
この子たちを兵隊として、
お国に差し出さなきゃいけなかったわけですから。

今の平和な時代の礎を作ってくれた先人に感謝して、
今を精一杯生きていきます!


私のなすべきこと。
それは、悩める人のお役に立つことです。

世の中、夫婦間・親子間での人間関係で悩んでいる人が
ホントに多い!

その原因は色々ありますが、
「正しさを押し付けている」ことにあるように思います。

誰でも、自分が正しいと思っている。
自分が正しいことをわかってほしいと思っている。

だから、相手を納得させようと躍起になるのですね。

相手と、考えが違っていてもいいじゃないですか。
それが、個性なんですから!

「あなたは、そう思うのね。
でも、私はこう思うの」
それで、お互いを尊重することができないですかね。



それは、自分が負けるってことじゃないと思うんです。

身近にいる大切な人、
特に配偶者を尊重することが、幸せの第一歩ではないでしょうか。
2015-09-03 09:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ