高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

夫婦関係がギクシャク! それは、配偶者のせい?!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

インフルエンザが、流行しているようです。

しかも、A型 B型が同時に!

一冬に、何回もかかる可能性あり?!

やはり、予防が大切ですね。

シンプルだけど、うがいと手洗い!!



夫婦関係を修復したいと思っているのに、
相手が思うように動いてくれない、
というのは よくあることです。

他人は、絶対に変えることができないので、
自らが変わるしかない。

頭ではわかっているけれど、
あまりにも相手が頑なだと
心が折れそうになってしまう……。

これも、よくわかります。

でも、ここが正念場!

心が折れて、
夫婦関係がギクシャクする状態に逆戻り。

あるいは、ここで踏ん張って、
苦しみの先にある真の楽園を思い描き、
配偶者に向かい続けるか。

今、その分かれ道にいるとしたら、
あなたは どちらを選択しますか?

あなたの選択で、
今後の運命が決まります!

決して、頑なな態度をとり続ける
配偶者のせいではありません。

配偶者が、何を言おうと 何をしようと、
あなたが配偶者に向き合い続けることができるのか?

あなたの考え方と行動が、
未来を決めることになるのです。
2018-02-03 10:00:00

片付いた部屋 VS 散らかった部屋

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)

夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

行政書士会の役員会。

行き慣れているはずの茨木市福祉文化会館。

前の予定の都合上、
ちょっと違う道からだと、
途端にどこを歩いているのかわからなくなる。

スマホの地図を確認しながら行けば
迷うはずないのに「ここは何処?」状態……。

予約車として待機していた
タクシーの運転手さんに道を聞いてダッシュ!

役員会開始時間 1分前に到着!!

汗びっしょり!!!

文明の利器を使いこなせていない……。



夫婦関係がうまくいかないのは、
「性格の不一致」だけではありません。

むしろ「性格の不一致」ではない!

性格の合う夫婦なんて、
いないんですからね(笑)。

今までとは違う何かをすることで、
夫婦関係が改善することは多々あると思います。


ごちゃごちゃした部屋で、暮らしていませんか?

夫婦関係がギクシャクしている人は、
必ずと言っていいほど、
部屋が乱れています。

こんなトコロじゃ、
落ち着いて暮らせないだろうな~……(心の声)。

つまり、部屋を片付けていくだけで、
夫婦関係が改善していくこともあるのです。

心の問題は目に見えないので、
とても厄介ですが、
散らかっていた部屋が片付いていくと、
目に見えてスッキリしていくので、
心と体の改善に大変効果があります。

まず、部屋を片付けましょ~!

「片付いた部屋より
散らかった部屋の方が好き」
何て言う人、いるわけないですよねー!!

2018-01-29 10:00:00

配偶者の応援は、必要?!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)

夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

グランフロント大阪での
2ヶ月に1回の勉強会「ミラクル航会」。

シェアリングエコノミーについて学びました。

世の中は「所有する」から「共有する」に
時代が変化しています。

人が望むものを与え、
自らが望むものを手に入れる。

それができれば、嬉しいですね!



「あなたにとって、一番身近な人は誰ですか?」
と聞かれたら、既婚者であれば
「夫(妻)」と答えるでしょう。

一番身近だからこそ、
「我」が出てしまうんですね。

「誰もわかってくれなくていい。
夫(妻)だけが わかってくれれば」と思うけど、
自分が期待するほどではないかもしれません。

身近な人ほど、
一番難しかったりしますから。

でも、ご心配なく!

あなたのことを心配して、
言ったりしたり
してくれていることが ほとんどです。

え? そうは思えないって?!

それは、あなたの解釈です(笑)。

だって、お互いに責任がありますから、
適当なことは言えませんものね。


私も、夫に
「~~~~、こんなことやりたいんだけど
応援してくれる?」と言ったら
「応援しません!」とキッパリ言われます。

「え~~~!」と思いますが、
それは、
「オレの応援がないくらいで諦めるようなら、
初めから やらない方がいい」ということ。

そう!

「応援してるよ!」と言われたら嬉しいけど、
言われなくても、やりたいことはやる!

そして、成功して、黙って見守ってくれた
夫に感謝の言葉を伝えることが、
夫の望んでいることじゃないかな~?

と解釈し、
今日もやりたいことをやって、
夫に感謝を伝えます!
(夫は、迷惑だったりして……^^)

2018-01-27 10:00:00

不機嫌な人の根本には、○○がある!

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

久しぶりの土日連続のお休み。

時間の予定を立てないと、
何となく過ぎてしまいます。

とにかく年賀状の準備だけで終わった?!

これじゃ、いかんねー……。




私は行政書士であり、
経営者でもありますから、
男性とお話しする機会も結構あったりします。

経営者の方は、パワフルですね。

男女問わず。

それだけに「性欲も強い人が多い」と
私は密かに感じています。

いちいち、ご本人に指摘したりはしませんが。

この性欲が、どのように昇華されているのか?

業務柄、ちょっと気になったりします。

もちろん、正しい方向で
配偶者に対して向かっているならば
喜ばしいことです。

たとえ、既婚者であって
彼氏あるいは彼女の存在が支えになっている場合でも
ある意味OK?!

世の中の流れはさておいて。


でも、性欲が正しい方向に
昇華されていないと思われる場合も
少なくないのではないか、
なんて思ったりしてしまいます。

男性で、
職場で下の立場にいる人に
怒鳴ったりしている人はいませんか?

女性で、
ヒステリーを起こして
周囲に当たり散らしている人はいませんか?

この原因は
リビドー(性衝動)です。

性的欲求不満が、そうさせているのです。


カウンセリングの現場で、
「妻が、怒りん坊で困る」という声を
聞くことがありますが、
ほぼ間違いなく、性的欲求不満ですね。

「あなたは、奥さんを満足させてあげていますか?」と
聞きたいです。

そんな人に限って
「妻が拒否をするから」
「仕事で忙しいから」なんて
言い訳のオンパレードなんですね。

どのような状態であろうとも、
あなたが変わることで、周りは変わります!

まずは、それに気づくことが大切ですね。
2017-12-25 10:00:00

「仕事が忙しいから、家のことは妻に任せる」は通用する?

カテゴリ : 家庭生活(日常) (47)
夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

季節柄、忘年会などで
夜にご馳走を食べる機会が増えています。

普段、昼食は多めに?食べて、
夕食の量は控えめにしている私ですが、
目の前にご馳走が並べられると、
なかなか食欲という本能に逆らえない……。

食べる量を調整しながら、
そんなに無理をしない
ダイエット法があればいいのにーって、
私も例外なく思っています。



今年の夏から、同友会の仲間でもある
(有)楠本書院 楠本広子さんの元で、
毛筆での封書宛名書きの
外部スタッフとして入らせていただいております。

書道は、若い頃からの趣味でありましたが、
こうして人様のお役に立てること、
とても嬉しいです。

本業が決してヒマではないのですが、
時間が余っているからやるのではない。

忙しい中でも時間を見つけて
本業以外に集中できる時間をつくることで
何かしら本業に活かすことができます。

例えば、男性のクライアントさんが、
「仕事が忙しくて、
家のことを気にしていられません」と
言ったとしたら、
「どんなに忙しかったとしても、
やろうと思える事には時間をつくることができる」
というように。

第一、仕事で忙しくて家のことを疎かにしていたから
奥さんとの関係が悪くなってしまったのです。

それを改善しようと思うのなら、
今までとは考え方も行動も
変えていただかなくてはなりません。

自分の仕事が忙しいことを
奥さんに理解しろと言っても、
奥さんの考え方を変えることは
できないのですからね。

私も、本業がどんなに忙しかったとしても、
期限までにやり遂げるという思いで
お引き受けしました
(ただし、頑張れば達成できるだけの量ですが)。


師走も、半ばにさしかかりました。

益々、気ぜわしくなりますね。

あなたも、お体お大切に!

(楠本広子さんゲストのインターネットラジオ、
是非、お聞きください!)

【夫婦の絆を取り戻す】第17弾
2017-12-13 10:00:00

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ