高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

想定外のことが起きる日常に対処するには?

カテゴリ : 行動基準 (77)
生きていれば、毎日いろんなことが起きます。

想定外のことが起こるのは、日常茶飯事!



でも、それで いいんですね。

想定外のことが起きようとも、
それは自分にとって必要だから やって来るわけです。

目的さえ見失わなかったら、
必ず解決させることができますね。

つまり「どうしたらいいのか わからない」のは、
目的を見失っているから。

目的とは、
「私は、このようになりたい!」という願望の最終形です。

「幸せになりたい」と思っていながら
周りの人、特に身近にいる家族に辛くあたってしまうのは、
なりたい幸せの形が、曖昧だから。

困難なことが起きた時ほど、
「目的」「願望」に、立ち返ってみてください!

きっと、道は開かれます!
2017-06-26 10:00:00

夫婦間での「修羅場」は、自分を守るために避ける!

カテゴリ : 行動基準 (77)
ご相談に来られる方の「理想の今後」をお聞きしてみると、
「考えられない状態」であることが少なくありません。



極端な言い方をすれば、
今日1日を生きていくことに精一杯で、
「このような状態になりたい」という
理想が思い描けないのです。

ネットで多くの情報が簡単に手に入る時代、
色々な情報を入れすぎて、
とにかく「損をしたくない」という
気持ちが勝ちすぎるんですね。

誰でも損はしたくないと思いますが、
求めるものが多すぎて、
優先順位がつけられていないのです。

あなたにも、
「絶対譲れないもの」があると思います。

その譲れないもの以外は譲歩することも
必要ですね。

相手が譲ってくれるばかりではありませんから。

やはり、大事なのは、
相手が何を望んでいるのかを知ること。

これを満たすだけで、相手は譲歩してくれますから。

自分が我慢するほどではなく、
相手の望みを(ある程度?)満たすことができれば、
そこが落としどころですね。

落としどころを見誤ると……、
待っているのは「修羅場」です。

お互い辛いことにならないうちに、
問題点を見極め、対処していきたいものですね。

それは、自分を守ることにも繋がります。
2017-06-21 10:00:00

子どもの幸せを願うなら、その前にやるべきこと

カテゴリ : 行動基準 (77)
人間関係の基礎は、家庭にあるのでしょうか?

それとも、学校や職場にあるのでしょうか?



間違いなく、家庭ですね。

両親の元から生まれた子に
最も影響を与えるのは、やはり両親です。

その両親の関係性が 良いか悪いかで、
その子の人生の土台が変わります。

親ならば、我が子の幸せを願わないはずがないですね。

子どものために、と言いつつ
自分のためにも
配偶者との関係がいいに越したことはありません。

私がカウンセラーとして見る限り、
配偶者に浮気されたり、
配偶者とケンカばかりしている人って、
配偶者より子どもを大事にしている人が多いんです。

配偶者は、元々は他人ですから
意見が合わないことも いっぱいあります!

それを何とかすり合わせていく必要があるんですね。

なのに、自分の正しさを押し付け合ってしまう……。

自分が正しいから、
相手が間違っていると思ってしまうんですね。

それは、破滅への道です。

家庭がうまくいっていない人に、
真の成功はあり得ません。

「配偶者」という最も身近にいる他人と
うまくやっていくことが、
人生の成功への道と言えるのではないでしょうか?
2017-06-17 10:00:00

夫婦関係、今はヤバくても あなたの○○で大丈夫!

カテゴリ : 行動基準 (77)
前回の「夫婦関係、このまま放っておくとヤバイのでは?」は、
多くの方にお読みいただけました。

タイトルにひかれて
読んでくださった方が多いと見受けられますが、
それだけ、「このままだとヤバイ!」と
思っている方が少なくないんだと思います。



愛し合って結婚したはずなのに、
なぜ、このようなことになっていくのでしょうね。

おそらく、誰と結婚しても
遅かれ早かれ このような事態になるのでしょう。

何年もつき合って結婚した途端、
相手の本性が見えることは ままあります。

それまでは、外の人間だったから
気を遣っていたのですよね。

人間、誰でも
内面より外面の方がいいに決まっていますから。

結婚して、家族になったら
「内」の人間ですから、気を遣わなくてもいい?

そうじゃないですよね。

結婚は、経済的にも精神的にも
親からの自立を意味しますから、
親にしてもらってきたことを
配偶者に与えていく必要があります。

与えているけれど、与えてもらっていない?

そうでしょうか?
与えられていることは 当たり前になってしまって、
不足なことばかりに目が行ってしまっていませんか?

まずは、配偶者に「ありがとう!」と言ってみてください!
笑顔で!!

昨日は、言ったでしょうか?
おそらく、言っていないですよね。

今日から、言ってみてください!

配偶者からの「ありがとう!」は、期待せずに。

そのうち、大きなモノが与えられるはずです!
2017-06-11 10:00:00

夫婦関係、このまま放っておくとヤバいのでは?!

カテゴリ : 行動基準 (77)
今、試験前。



試験前になると、部屋を片付けたくなります。

「キチッと片付いている部屋だと
勉強も はかどるよね!」ということだと思っていたら、
潜在意識にあるのは、
「勉強をしたくないから片づけよう」という、
別のことをすることで
勉強しなくて済む状況を作り出したいからだそうです。

その証拠に、試験が終わったら、
片づけをしたい気持ちなんて、全くなくなるんですね。

だから、いつまでも片付かないんだ……。


勉強や片づけに限らず、
無意識に避けてしまうことは
世の中たくさんありますね。

夫婦関係も そう!

このままだとヤバいかも、と思いながらも、
「ま、何とかなるっしょ」
「私だけが悪いわけじゃないし」という
言い訳をしているうちに、
事態は少しずつ悪くなっていく。

東日本大震災級の何かが起きない限り、
内発的に、自分から行動を起こすのは
かなりのエネルギーが必要です。

でも、そのエネルギーは
外から与えられるものじゃないんですよね。

自分の「思考」から、
行動を変えるようにできればいいですね。

自分への、課題です!
2017-06-09 10:00:00

前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ