高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

配偶者やお子さんの信頼を得るためには?

カテゴリ : 家庭生活(気配り) (62)

大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

前回のブログ
「強い口調で言えば、思い通りになる?!」は、
20,000人近くの方がお読みくださいました。

ありがとうございます!

つい、強い口調で言ってしまう方が多いと思われます。

特に夫婦や親子など、近い関係の人には。

確かに、短期的にみると、効果があるんです。

だから、怒鳴ったり 睨んだりして
相手を威嚇して
自分の思いを遂げようとします。

でも、長期的にみると、まったくの逆効果です。

効果がないどころか、
自分の信頼さえ失ってしまいます。

あなたは、怒鳴ったり睨んだりして
力で押さえつけようとしてくる人を信頼できますか?

そんなことをされて
嬉しいと思う人はいないでしょう。

それなのに、自分はやってしまう。

それは「自分の正しさ」がそうさせるのです。

「私は正しい。
だから、相手もそれに従うべきだ」という
自分なりの正しさが。

残念ながら、
その正しさは、相手にもあります。

正しさは、人の数だけあるんですね。

多くの人は、そのことに気づいていません。

「私は正しい」「私は正しい」と言い続けると、
相手との関係は、やがて破綻します。

「正しさ」よりも「楽しさ」を優先してください。

配偶者や子どもと、どんな関係を築きたいのかを。

それが考えられたら、力で押さえつけることなど
愚の骨頂であることがわかりますね。

自分の正しさを優先したために、
配偶者や子どもの心が離れていっては
本末転倒です。

このような状態になってから
ご相談に来られる方が後を絶ちません。

配偶者やお子さん、
近しい人と良い関係を築けていたら、
とても豊かな人生になりますよ。

このブログを読んでくださっているあなたが、
ご家族と信頼関係を築き
幸せな人生を送ることができますよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。

2021-02-25 10:00:00

強い口調で言えば、思い通りになる?!

カテゴリ : 行動基準 (114)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

運転免許証の更新手続きに行きました。

前回の更新手続きの際、視力検査で
瞬間的に答えられなかったこともあり
ちょっと不安でしたが、
今回はバッチリでした。

手元は年齢と共に見えにくくなりますが、
普段は裸眼で大丈夫です。

次回も、優良運転者になれるよう
日々気をつけていたいものです。



玄関脇に、椅子をつけました。

組み立て式のを
amazonで購入したのですが、
力仕事が苦手な私は四苦八苦!

説明書と実物が合ってないんじゃない?!

結局、完成品とパーツを見比べながら
カンで組み立てました。

ほとんど、夫が。

組み立てながら、
私は補助をしていただけですが、
「建設業の人って、
怒鳴り合いや命令口調は
日常茶飯事なんだろうな……」と思いました。

相手が、自分の思い通りに
動いてくれるわけではありませんしね。

このような場面でなくても、
世の中 自分の思い通りにならないこと
ばかりではありませんか?

強い口調で言ったところで、
言われた側が、
こちらの思い通りに動いてくれるわけではない。

それどころか、
関係がギクシャクするだけ。

それは、相手が悪いのではなく、
あなたの言い方に問題があったわけです。

そうは思えないから、
辛くなってしまうのですね。

事務所にも、このようなご相談が多いです。

「配偶者が、言うことを聞いてくれない」と。

自分の言い方に問題があったと
多少は思っても
「少しくらい わかってくれたっていいんじゃない?!」
という気持ちの方が大きい。

相手のせいにしてしまうのですね。

それで、夫婦関係が良くなるわけがない。

まずは、自分の行動を顧みて、
相手がどう思うかに考えが及ばなければ
いつまでたっても、
関係を改善させることはできません。

「この人と、どんな関係を築きたいのか?」

「そのために、何ができるのか?」

ここから考えてみてはいかがでしょうか。

玄関脇の椅子を組み立てることから、

こんなことを考えていました。

このブログを読んでくださっているあなたが、
配偶者と良い関係を築くことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-02-23 10:00:00

我が子は、目標に向かって努力している?

カテゴリ : 行動目標 (168)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

春の兆しが見えますが、
このまま暖かくなっていくわけではなさそうです。

時期も時期だけに
体調管理に一層の注意が必要です。

「健康」に勝る財産はないのですね。



我が子に
「勉強のできる子になってほしい」と
ほとんどの親御さんが思うのではないでしょうか。

学校の成績が良いと、
それだけで価値のある人間だと
錯覚してしまうようなことにもなります。

確かに、勉強ができると
選択肢が広がります。

子どもを育て上げた今だから思うのですが、
勉強ができる出来ないは「技術」です。

正しい方法と素直な心があれば、
誰でも勉強はできるようになる。

成績が良くないのは、
その技術を知らないから。

あるいは、成績を上げることに
本人が価値を感じていないから。

ある塾の先生に聞いたのですが、
成績が一番伸びるのは中学生だそうです。

その次に、高校生。

勉強が簡単なはずの小学生が、
一番伸ばしにくい。

それは、成績を伸ばすという
目標に向かって
自己喚起させることができるようになるのは
中学生以上だからだそうです。

目標を持てば、
子どもは勝手に努力してくれます。

逆に言えば、
目標がないから努力できない。

将来なりたい自分を
明確に思い描けるようになれば、
未来は明るいはずです。

我が子にそうなってほしいのであれば、
親自身が目標を持つ必要がありますね!

このブログを読んでくださっているあなたが、
目標を持ち、
その目標に向かって努力できるよう応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-02-21 10:00:00

誕生日は、感謝の日!

カテゴリ : 特別な日 (115)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

昨日誕生日を迎え、58歳になりました。

誕生日は、母が身を削って
私を産んでくれた日です。

親への感謝の日でもあるんですね。



誕生日の昼食は、在宅勤務の夫と
デパ地下のお弁当とデザートをいただきました。

量より質です。

誕生日祝いを夕食ではなく
昼食でするところが熟年夫婦っぽい?!

夕食にドカッと食べると
翌日の体重測定に響いてしまいますからね。


どのご家庭にも、
年何回かは記念日があります。

結婚記念日
お互いの誕生日
子どもの誕生日
クリスマス、などでしょうか。

お正月やお盆も
これに準ずると思います。

それは、人生の節目の日です。

その日を家族全員で祝うことで
家族の絆が強まるのではないでしょうか。

この頃 家族がバラバラな感じがしたら、
このような行事を
うまく活用してみてください。

やっぱり家族は大切ですからね。

「失ってから、
初めてその大切さが身にしみた」
では遅すぎますので。


年に1度の誕生日は、
何だか神聖な気持ちになります。

今までのこと、
今のこと、
これからのことを思い巡らす日となりました。

健康で家族と良好な関係を築き、
やりがいのある仕事ができていることに感謝です。

このブログを読んでくださっているあなたが、
幸せな人生を歩めるよう応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-02-19 10:00:00

健康と夫婦関係は、何にも勝る資産!

カテゴリ : 結婚生活(幸せ) (159)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

入院していた夫が退院しました。

夫が入院している間、
自分の時間は多く持てそうな気がしますが、
思ったより そうではなかったです。

退院してからは、もっと大変?!

精神面でも経済面でも手間的にも、
健康に勝る資産はないのだと
改めて思い知らされます。



病気は、なりたくてなるものではありませんが、
病気にならないように
普段からの生活を見直すことはできます。

が、なってしまったものは仕方ない。

今からどうするか? を
考えていかなくてはいけません。

今回、夫は隣の市の病院に入院しました。

コロナ禍の影響があって、
どの病院も面会禁止みたいですね。

洗濯物の補充のため、
2~3日に1度、15分だけ許可されました。

15分だけでは、
連絡事項だけで終わってしまいますね。

普段、こんなに夫としゃべってたっけ?

入院って、非日常のことですから
話題が増えるのかもしれません。

退院してからも、やることがいっぱい!

家のちょっとしたリフォームも必要?

年を重ねるというのは、こういうことなのですね。

これが、「たった一人だったら……」
と思うと、ゾッとします。

高齢者になった時のために、
ではありませんが、
普段から子どもを含めた夫婦間で
信頼関係を築いていることは大きな力になります。

それは、一朝一夕で築けるものではありません。

何十年もかかるなんて気の長い話ですが、
子どもを育て、子供が独立してから
本当の夫婦関係が始まるのでしょう。

熟年離婚は、大変リスクが高いです。


今あなたにできることを見極め、
配偶者を大切にしてくださいね。

このブログを読んでくださっているあなたが、
仕事で成功し、
真の夫婦関係を築くことができるよう応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-02-17 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ