高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

一攫千金を狙いたいけれど……。

カテゴリ : 家庭生活(お金) (42)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

この土日、
家にこもって、今後のことを考え、
計画を立ててみました。

やりたい事は、たくさんあります。

が、時間も有限。
お金も有限。

だから、優先順位を
つけなくてはなりません。

優先度の高いことを実現させるには、
時間とお金の使い方がカギとなりますね。



そのためには、何が必要か?

当たり前ですが、
健康でなければなりません。

また、お金が必要ですから、
有限であるお金を
どう振り分けるかが重要です。

欲しいモノを
欲しいままに買っていては、
お金がいくらあっても足りません。

最近、やたらと
「貯蓄から、投資へ」
という言葉を聞きますが、
人と場合によるでしょうね。

このままでは、老後資金が心配だからと、
虎の子を投資に回して、
退職金を溶かしたという話は、
枚挙にいとまがありません。

健康やお金のことについては、
誰しも ある程度は心配です。

今 健康であっても、
今 お金が潤沢にあっても、
いつ それを失ってしまうかと考えれば、
少しでも不安の無いようにと、
誤った判断をしかねません。

お金のプロに相談するも、
中立的な立場の人でなかったら、
その人だけの意見に惑わされてしまいます。

お金に関することだけでなく、
学びたいとなったら まず、
それに関する書籍を何冊か
読んでみるといいでしょう。

できれば、10冊以上。

書籍は1冊1,500円くらいですから、
数十万もする高額セミナーに参加するより、
安価で済みます。

決定権は、自分だけにあります。

それから、動き出しても遅くはありません。

「今、決断しなくては手遅れだ」
という金融商品は、
一攫千金を狙えるのかもしれませんが、
逆に一瞬で虎の子を失う危険性もはらんでいるのです。

適度にリスクを取り、
じっくりと手持ちの資金を増やしていく。

この鉄則を守ることができれば、
あなたはきっと精神的にも経済的にも
豊かになることができるでしょう。

このブログを読んでくださっているあなたが
良い人生を送ることができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2022-06-13 10:00:00

お金があったら、何に使う?!

カテゴリ : 家庭生活(お金) (42)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

事業復活支援金の申込み期間が
もうすぐ終わります。

事前確認機関としての役割を
果たせていることを嬉しく思います。

昨日の読売新聞の一面に
「給付金詐欺 摘発2500人」の記事が
載っていました。

お金が絡むと
人生を見誤ってしまう人が多いのは
今も昔も同じです。



何に対しても
性善説で行きたいと思っている私ですが、
お金に関しては
性善説は通用しないようですね。

それだけ、お金は
善の魅力の
悪の魅力も備えています。

高額宝くじに当選した
7~8割の人が自己破産すると
聞いたことがありますが、
使い方を知らなかったのでしょう。

今まで目にしたことの無い大金に舞い上がり、
賭け事や夜の街で豪遊する
などということを繰り返していては
お金はアッと言う間に飛んで行ってしまいます。

でも、一度ゆるゆるになった
財布のひもを締めることは
なかなかできない。

それで、自己破産への道になってしまうのでしょう。

気の毒と言えば気の毒……。

使いっぱなしで
戻ってこないお金の使い方は、
愚かとしか言いようがありません。


良いお金の使い方とは、
自分に戻ってくる使い方。

価値ある体験に、お金を使う。

これから伸びる企業に投資する。

自己投資で、自分の価値を高める。

寄付をするのも いいかもしれません。

いずれは、自分に返ってきますから。


日頃の行いは、
必ず自分に返ってきます。

因果応報。
自業自得。

給付金詐欺などをした人が、
今後 良い人生を送れるとは思えません。

誰に対しても、
何に対しても誠実であること。

誠実に勝るスキルはないと
胸を張って言うことができます。

このブログを読んでくださっているあなたが、
今後もずっと誠実で生きていかれるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2022-06-11 10:00:00

お金のことで、パートナーと揉めたりしませんか?

カテゴリ : 家庭生活(お金) (42)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

最近は、どこのお店に行っても
カード払いができるようになっています。

暗証番号も入れなくて済むから
とても便利ですね。

現金派の私も、慣れるために
意識してカード払いをしています。



慣れると、カード払いは楽だと気づきます。

細かいお金を用意しなくてもいいし、
それは お店側もいいことなのでしょう。

でも、カードの支払い日には困る?

請求額が一気に来ますから。

その時に払わなかったのを、
後でまとめて払うだけなんですけどね。

サイフの中の現金が減らないから、
一時は嬉しいのですが。

新たに何もしなくても、
生きているだけで お金はかかります。

お金は正しく、うまく使えば、
生活を豊かにしてくれるものではありますが、
使い方を間違えると
とんでもないことになるのは、
皆さん、ご承知の通りでしょう。

宝くじが高額当選した人の7割が
自己破産すると聞いたことがあります。

気持ちが舞い上がってしまうからですね。

当選金を使い果たしても、
一度荒くなった金遣いを元に戻すのは
容易ではありません。

世の中の揉め事の94%が、
お金にまつわることだと言います。

お金があれば解決できることも多いけど、
お金の魔力に取りつかれないように
注意しなくてはなりません。

夫婦間でも、
お金で揉めることはありませんか?

お金は、その人の価値観が色濃く出ます。

何に、お金を出す価値観を感じるのか?

普段から、考えておいた方がいいですね。

このブログを読んでくださっているあなたが
お金に苦労しない人生を送られるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2022-05-11 10:00:00

時短家電にかけるお金は勿体ない?!

カテゴリ : 家庭生活(お金) (42)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今日は、4月15日。

偶数月の15日は、年金支給日です。

今日の銀行は、混んでいますね。

こんな日に、銀行に行ってはいけません。

待つだけで、貴重な時間を
失ってしまうからです。

決して戻ってこない今のこの時間を
有意義に使いたいものです。



小さい子がいるご家庭は、
毎日時間が
あっと言う間に過ぎ去っていることでしょう。

「時間が足らない!」と
叫びたくなることも
1度や2度ではないと思います。

が、1日24時間は
全ての人に 平等にあります。

だとしたら、
少しでも時間を作り出すために
要領よく動かなくてはいけません。

時短家電は、必需品です。

食器洗浄乾燥機、ルンバ、
乾燥機付き洗濯機etc。

それらを使いこなすには、
家が片付いていなければなりません。

床中モノだらけの空間では
ルンバの力を発揮させることができないからです。

また、食器の種類がバラバラでは、
食器洗浄乾燥機をフル活用させられませんね。

人間ができることは
機械の力を最大限 活かすため
知恵を絞ることです。

それさえしていれば、
機械は文句も言わず働いてくれます。

夫や子どもに
文句を言われながら動いてもらうより
余程 精神衛生上いいと思いませんか?

ただ、初期費用はかかりますけどね。

そのハードルさえ乗り越えることができたなら、
気持ちと時間に余裕ができますよ。

このブログを読んでくださっているあなたが
時短家電を駆使し、
ご家族と気持ちの良い時間を過ごせるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2022-04-15 10:00:00

家庭の資産、夫婦で情報共有できていますか?

カテゴリ : 家庭生活(お金) (42)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今年いただいた年賀状を見ながら、
令和4年の年賀状を作成中です。

webが発達した今、
紙の年賀状は少々時代遅れ?

若い経営者の方々からは
新春メッセージを年賀状に変えるとの
ご連絡をいただいたりします。

どちらが良い悪いではなく、
自分らしい選択ができるといいですね。



最近は、銀行へ行っても
ATMの数が減っていますね。

キャッシュレスが進む中、
ATMも維持するのが大変なのでしょう。

アナログで現金派の私は、
目に入っていなかったのですが、
スーパーのレジでも
カード払いができるようになっているのですね。

私でもできるかな? と、
レジで後ろの人がいないときに、
カード払いをしてみました。

あれ? 意外と簡単?!

1回やってみれば、
どうってことありません。

これなら、私でもできるかも。

web記事で見ましたが、
キャッシュレスのメリットは
ポイントがつくことだけでなく、
家計簿アプリで
金銭管理ができることもあるようで。

昔は、旦那さんより奥さんが
家計を握ることが多かったのですが、
今では、旦那さんが一括で
家計簿アプリを管理している家も増えているとか。

確かに、男性は
こういうのが得意そう。

カードを家計用とプライベート用を作り、
その時々で使い分ければいいのですね。

家計用は資金使途をハッキリさせ、
夫婦で情報を共有しておく。

プライベート用は、
お小遣いの範囲内で好きに使う。

そして1年に1~2回は、
お互いの貯金の残高を確認し合う。

こうすれば、お互い
ストレスもたまらないのではないでしょうか。

貯金残高をパートナーに
知られてしまうのは嫌かもしれませんが、
共稼ぎで世帯収入が多いほど、
意外に貯金ができないとも聞きます。

お互い「パートナーが貯めているだろう」と
思ってしまうのでしょうか。

後々困らないように、
夫婦間でもお金のことは
キッチリしておきたいですね。

このブログを読んでくださっているあなたが
精神的にも経済的にも
満たされた人生になりますよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2021-12-13 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ