大阪府高槻市での夫婦関係修復・円満カウンセリングで、離婚危機、妻の・夫の浮気(不倫)問題、セックスレスから再構築のサポートを提供する木下雅子行政書士事務所

RSS

家族と、防災を考える

カテゴリ : 行動目標 (293)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

YouTubeを見ていたら、
やたら 備蓄品の情報が入ってきます。

このご時世ですし、
そのような動画を見ているからですね。

興味のある分野の情報を
挙げてくれるのは とても助かります。



地震大国である日本に住んでいるので、
地震に対する備えは必須でしょう。

それなのに、なぜか人は
「自分は大丈夫!」と思ってしまいます。

今日明日、どうこうということは
ありませんしね。


地震が起きたら、
コンビニやスーパーから
真っ先に売れてしまうのは、
水、食料、電池だそうです。

どれも、予め用意しておけるものです。

だとしたら、地震直後に慌てるより、
備蓄しておいた方がいいですね。


私も、この年齢になると、
自宅が家事で全焼でもしない限り、
避難所に行こうとは思いません。

一晩ならともかく、
それ以上 耐えられる気がしません。


だから、自宅の耐震を強化しておく。

水や食料は ある程度備蓄して、
普段からシミュレーションしておく。

余計なモノを処分。

予め出来ることをしておく。


全ての天災に対応できないにしても、
想定内のことに事前対応することは、
誰にでもできるはずです。

それに加えて、いざという時
周りの人に迷惑をかけないよう、
体を鍛えておくことも必要でしょう。

非常時のことについて、
家族と話し合っておかなければなりません。

どんな時も、
今すぐに出来ることが何かあるはずです。

普段から家族と、
防災の話題が自然とできる関係を
築いていきたいものです。


このブログを読んでくださったあなたが、
非常時に、身近な人と
一層の信頼関係を築くことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-02-11 10:00:00

目先の快楽に 打ち勝つ!!

カテゴリ : 行動目標 (293)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今年になってから
一度もお参りしていなかったので、
地元の野見神社に行ってみました。

お正月や 十日えびすでは
大混雑だったでしょうが、
普段の日曜日?は、人は まばらでした。



神社は お願いをするところではなく、
決意表明をするところと聞きました。

今 現実にはなっていないけど、
実現させたいことは たくさんありますね。


痩せたい!

仕事で成功したい!

お金持ちになりたい!

幸せになりたい!


やることをやったなら、後は神頼み?!

その時、
「ダイエットが成功しますように」
ではなく、
「ダイエットを成功させます!」
と、決意表明するということですね。

「〇キロ」のように、
数字があれば、尚可!

具体的な目標を持つことほど、
強いものはありません。

その決意が固ければ固いほど、
達成できる可能性は高まるはずです。

でも、多くの人が
減量に失敗してしまうのは、
決意がそれほど固くないから?

それより、目先の欲である
「美味しいものを食べたい」
という快楽に負けてしまうのでしょう。

減量をするために
しなければならないことより、
したいこと、つまり食欲を
優先してしまうのは
生きるための本能です。

これに打ち勝つには……、
「痩せて美しくなりたい」という
長期的願望を描き続けるしかありません。


願望は強いけど、意志は弱い。

長期的願望と 短期的な快楽。

どちらを優先するかは、
100パーセント、自分に選択権があります。

他の誰のせいでもありません。

結局は、「自分が源」なのですね。


このブログを読んでくださっているあなたが、
長期的願望を達成することができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-02-05 10:00:00

感謝の気持ちが こみ上げる時

カテゴリ : 行動目標 (293)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

書道検定試験を受けに行きました。

準1級の挑戦は、今回で5回目です💦

諦めるのは簡単ですが、
諦めたら今までやってきたことが
無駄になってしまうという意地?で、
受け続けています。

自分で自分に、呪いをかけているかもです。



かつて受けてきた試験では、
「これだけ頑張っているのだから、
受からせて! お願い!!」と
必死になっている時は受からない?!

対して、出来る限りのことをした上で
余分な力が抜けた時に
合格という果実が
与えられるのかもしれません。

行政書士試験に合格した時が
まさにそうだったように思います。


書道検定は、
試験に合格するという目標を
達成するためなのですが、
本来の目的は、
美しい字が書けるようになること。

日常の生活でも、
人前で自分の名前を書いたりすることは
結構あります。

そんな時に、
自分の納得する字が書けたら嬉しい!

逆に、自分の書いた字に
「アレ?!」と思う時は、
体の調子が悪いか、
心が乱れているかの どちらかです。


何はともあれ、
試験を受けられたことに ホッとしています。

試験の申込みをして、受験番号が交付されたこと。

試験日まで、体調を維持できたこと。

試験会場まで、移動できたこと。

試験で、集中できたこと。

無事に、帰宅できたこと。

全てに感謝しています。


大切にしているものは、
人によって違うでしょうが、
常に感謝の気持ちを
忘れないようにしたいものですね。


このブログを読んでくださっているあなたが、
好きなことに打ち込み、
感謝の気持ちが持てるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-01-29 10:00:00

日々の生活に、小さな感謝を見つける!

カテゴリ : 行動目標 (293)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

今年は暖冬ですが、
週末は寒かったです。

寒いと、体が動きにくいですね。

そんな時は、座ってできる作業を。

年賀状の整理や、
カード支払いの入金準備など。

お支払いをすることができるお金を
手元に用意することができて有難いです。



日々、感謝の気持ちをもって過ごすと、
良いことがあると言います。

自愛や引き寄せは、
感謝の気持ちから始まるとも。

平凡に過ぎていく毎日では
「良いことなんてない」と思いがちですが、
そもそも、平和に過ごせることこそが
感謝することではないでしょうか。

朝、目覚めることができた。
体と頭が、思い通りに動く。
食事が美味しい。
仕事をすることができる。
家族がいてくれる。

当たり前のようであって、
当たり前ではないのかもしれません。


この年齢になると、
いつ何が起きても おかしくないのです。

だとしたら、
出来る時に、出来ることをし、
会いたい人に
会っておかなければならないのでしょう。

ただ思うだけでなく、
行動していくことが大切ですね。


この週末も、断捨離に励んでいました。

寒かったので、
ストーブをつけながら、
小さな範囲だけですが。

それでも、処分したいものが見つかります。

今まで、どれだけのモノに
お金を使っていたのか……。


でも、その時は、必要だったのです。

そう考え直し、
モノに お礼を言って、ごみ袋へ。

ごみの集積場に運んで、
手を合わせました。

私の元に来てくれたモノに、
そして、ごみを運ぶという
作業をしてくださる方にも、
心の中でお礼を言いました。

毎日、小さな幸せを見つけながら、
感謝の日を生きていきたいものです。


このブログを読んでくださっているあなたが、
ご自身にも ご家族にも
感謝して暮らしていけるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-01-23 10:00:00

本当に豊かな生活とは?!

カテゴリ : 行動目標 (293)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

1月17日は、関西人にとって
忘れられない日です。

阪神淡路大震災から29年。

その間、東日本大震災や熊本地震。
今年になって、
能登半島地震が起こりました。

人間の力で
天災を止めることはできないのだと、
当たり前のことを思い知らされます。



どの季節でも、地震が起きたら
困るのが「水」ですね。

飲料水もですが、
トイレに困ります。

1週間くらい食べなくとも
我慢はできますが、
トイレは そうはいかない。

普段、何気なく使っていますが、
水って、本当に大切なのですね。

水は、あらゆる生命の源です。


突き詰めていくと、
人間が生きていくのに必要なものって、
そんなに無いような気がします。

断捨離を進めている今だから
かもしれませんが、
モノにあふれた生活より、
必要で好きなモノだけに囲まれた
生活の方が幸せなのではないかと
思うようになりました。

いっぱいあっていいのは、
知識と お金だけ?!

今後は、更に断捨離を進め、
質素ながら豊かな生活に
していきたいと思うこの頃です。


このブログを読んでくださっているあなたが、
好きな人や好きなモノに癒される
生活を送ることができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-01-17 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ