大阪府高槻市での夫婦関係修復・円満カウンセリングで、離婚危機、妻の・夫の浮気(不倫)問題、セックスレスから再構築のサポートを提供する木下雅子行政書士事務所

RSS

大切な人に受け入れられない原因は?!

カテゴリ : 行動基準 (257)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

先日の母の日。

息子からお菓子が送られてきました。

結婚しても、
母のことを気にかけてくれて ありがとう!

カーネーションではなくて、
お菓子なのが嬉しい?!

花より団子です。



家族といえど、
適度な距離は必要です。

夫婦でも、親子でも。

いくら親しくても、
言ってはいけない言葉もあります。

そして、言い方も。


命令口調で言うのと、
相手の気持ちに立って
微笑みとたたえながら言うのでは、
伝わり方が違います。

自分に言いたいことを言うのではなく、
相手に受け入れてもらうように言う。


言葉で言うのは簡単ですが、
人間には感情があるので、
思ったような結果にならないことが
多々あるでしょう。

人はすべて、
自分が正しいと思っているからです。


この「自分は正しい」は厄介ですね。

自分は正しいと言っているということは、
「相手は間違っている」
ということと同じですから。

「あなたは 間違っている」と
言われ続けて、
その人の言うことに
耳を傾けようとは思いません。

親子でも、夫婦でも、
どちらの立場が上とかしたとかではなく、
「相手に信頼される自分であること」が、
良い関係を作る一歩ではないでしょうか。


このブログを読んでくださったあなたが、
身近な人と
良い関係を築くことができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-05-15 10:00:00

大物の断捨離 実行!

カテゴリ : 行動基準 (257)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

結婚してからずっと
運命?を共にしてきた洋服ダンスと鏡台。

断捨離が進んで、
中身は何も入っていない状態でした。

思い切って、処分!

寂しい気持ちが一抹あるものの、
そのうち これらのない状態が
普通になっていくのでしょう。





私は、カウンセリングのコース内で、
片付けも カリキュラムに
組み込んでいます。

夫婦関係を修復するのに、
片付けは必須です。

それは、目の前の景色が、
心の中の状態に繋がるから。

つまり、部屋が散らかっていることと
心が乱れていることは、
同義だからです。


離婚の危機に立たされている人は、
「そんなことは 後にして、
妻(夫)が考え直してくれる
方法を教えてください!」
と言われますが、
妻(夫)が考えを変えてくれる
うまい方法など あるわけありません。

他人を変えることなど
出来るはずもないのですから。

他人を変えることができるとすれば、
自分が変わることにより、
その影響を他人に与えるという、
自分に直接コントロールできない
部分でなのです。


まず、自分自身が変わること。

これができずして、
他人を変えることなど
できるはずもありません。

でも、自分を変えることは
苦しいですね。

今までの何十年もの習慣が
身についてしまっていますから。

でも、自分を変えない限り、
今と同じか それ以下の未来が
待っているだけです。


そこで、立ち返る場所は「願望」です。

求めているものを、明確にすること。

人は、その人が思い描いた通りの
人生を歩むと言います。

健康面。
家庭面。
仕事面。
経済面。
人生全体の楽しみ面。

すべての分野で、
「自分がどう在りたいか?」を
明確にすると、
それを実現するための努力は
苦でなくなるかもしれません。

それまでの過程は、
ちょっと面倒かもしれませんが。

その面倒くささを
乗り越えることができた果てに
自分の求めるものを
手に入れることができるなら、
取り組む価値はあると言えるでしょう。

お互い、頑張って
乗り越えていきましょう!


このブログを読んでくださったあなたが、
ご自身の幸せを実現できるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-05-05 10:00:00

妻の浮気は許せない?!

カテゴリ : 行動基準 (257)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

4月に新生活が始まったものの、
環境の変化に戸惑い、
連休でホッとしている方も
おられるかと思います。

街は賑わっていますが、
私は、人混みが苦手です。

だから、この季節は
家にいるに限ります。

あまのじゃく?!



私が若い頃は、
浮気と言えば、男性がするものでした。

既婚男性と独身女性の組み合わせ。

仕事のできる40代の男性上司と、
入社数年までの20代のOL。

古いドラマ?の
ネタになりそうな筋書きが、
現実世界で起きていました。


今は、結婚や出産だけが理由で
退職する女性も減ってきました。

価値観が多様化し、
どのような生き方も個人の自由が
尊重されるようになってきています。

だから、既婚女性の浮気も多い?


ただ、男性の浮気は
比較的バレやすいのに対し、
女性の浮気はバレにくいです。

それは、女性が
「男性は、浮気をするもの」
という前提があり、
男性は、
「妻は、浮気をしないだろう」
と思いたいからなのでしょう。

どちらにしても、今の世の中は
浮気を許さない風潮となっています。


特に男性は、
妻の浮気が許しがたいと言います。

それは、生物学的に証明されていて、
妻の産んだ子が
自分の子だとは限らないからだそうです。

今は DNA鑑定がありますけどね。

妻の心の浮気はともかく、
体の浮気は許さないというのは、
ここに原因がありそうです。


あなたは、妻が浮気をしたら
絶対に許せませんか?

即、離婚しますか?

昔は、このような人が
多かったのですが、
最近は、少し変わってきた印象があります。


妻の浮気がクロだったとしても、
「子どものことを考えたら……」
という男性が相談にいらっしゃいます。

状況がどうあれ、大切なのは
「あなたは、どうしたいのか?」です。

もし、即離婚と決断できないのなら、
ご自身の心と向き合うことを
お勧めします。

今こそ、奥さまとの関係を
見直すべき ときなのでしょう。

是非 冷静になって、
ご自身の心に問いかけてみてください。

木下雅子行政書士事務所は、
あなたの心に寄り添います。


このブログを読んでくださったあなたが、
ご夫婦で強い信頼関係を
築き上げられますよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-04-29 10:00:00

妻と、本音で話し合えていますか?!

カテゴリ : 行動基準 (257)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

夕べは大雨が降り、
雷も激しかったです。

でも、朝になったら晴天!

雨は、夜中のうちに
降っておいてくれると助かります😅



私は、ご縁をいただいた 全ての方に、
幸せな家庭生活を送っていただきたいと
考えております。

幸せな家庭生活は、
ただ願うだけだと手に入りません。

行動に移さなければ。

思いは目に見えないものだし、
言葉だけだと
「言っているだけ」になりかねません。

口先だけで、行動が伴っていない人が、
あなたの周りにもいませんか?

何を思っているかではない。

何を言っているかでもない。

行動こそが真実なのです。


「痩せたい」と思って、
周りにも宣言しているのに、
痩せるための行動を一切していない人を、
あなたは どう思うでしょうか?

「本気で痩せたいと思っていないな」
としか、思いませんね。


夫婦関係を良くしたいと考えていても、
妻(夫)に キツイ言い方をしていては、
「離婚を考えているのか?」と
解釈されてしまっても仕方ありません。

キツイ言い方をしておいて、
妻(夫)に優しくされることはないのです。

思考と行為は 常に一致させなければ、
あなたの思いが
妻(夫)に通じません。


あなたが外で、
一生懸命 仕事をしていたとしても、
家で 家事を何一つしなかったとしたら、
「家と家族を大切にしていない」と
妻(夫)に思われてしまうかもしれません。

夫も妻も 仕事を持つようになった時代。

夫も妻も 家事を分担する必要があります。


仕事は夫婦で。
家事は妻の担当。

これでは、妻に不満が積もっていくでしょう。

夫婦関係を長く続けていくために、
どちらが多く稼いでいるかも含めて、
ご夫婦で話し合ってくださいね。


このブログを読んでくださったあなたが、
ご夫婦間で、
本音の話し合いができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-04-17 10:00:00

浮気が発覚!!! あなたは どうする?!

カテゴリ : 行動基準 (257)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

毎年、この季節になると、
庭の草木が元気になり、
雑草が生えてきます。

毎日 掃除も草取りもしていますが、
いたちごっこです。

この連鎖? から
逃れることはできないのですね😅



私たちは、今日も朝に、
目覚めることができました。

当たり前のことだと思うのですが、
就寝中に心臓が止まってしまうことも
あり得ないことではないのです。

そのように考えると、
「生きている」ということ自体が
感謝すべきことなのでしょう。


生きていたら、
辛いと思うことが
しょっちゅう起きます。

でも、生きているということは、
何か意味があるのです。

まだ、この世で なすべきことがあるから、
神様は生を与えてくれているのでしょう。

だとしたら、自分のすべきことを
精一杯していかねばなりません。


先日、更新したホームページ。

「浮気が原因で
離婚騒ぎになっているけれど、
結婚生活を続けたい40代の方」
への メッセージです。

既婚者である以上、
浮気をした側、浮気をされた側、
どちらにもなる可能性があります。


「浮気をされたら、
慰謝料をとって、即座に離婚する」

そのようにシンプルに
現状も ご自身の感情も割り切れたら、
どんなに いいでしょう。


人は、過去から現在へ、
そして 現在から未来へ
記憶が繋がっています。

感情としては
サッサと縁を切りたくても、
現状と予測される今後の事情が、
決意できない一因と
なっているかもしれません。


離婚して新しい人生に踏み出すのか、
再構築する道を選ぶのか。

選択肢は、二つです。

もし、あなたが後者の道を選ぶなら、
しかるべき人に相談してください。

木下雅子行政書士事務所は、
夫婦の絆を取り戻したいあなたを
全力でサポートいたします。


このブログを読んでくださったあなたが、
幸せな結婚生活を
送ることができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2024-04-13 10:00:00

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ