高槻市で夫婦円満カウンセリングの心得をもつ木下雅子行政書士事務所

RSS

ケータイの盗み見! それは、アリ?!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
配偶者が、浮気をしていたら
あなたは どうしますか?

本当なのか、本人に確かめてみる?!

始めは、否定されますかね。

浮気の証拠を、これでもか これでもかと突きつけて
浮気を認めさせるでしょうか?

「本当のことを言ったら、怒らないから」と言って、
白状?させる?!

これは「浮気をしているかいないかわからない、
中途半端な状態に耐えられない」から、
やってしまう行為ですね。

だから、ケータイの通話記録を盗み見する……。



本格的な人は、
ケータイのGPS機能を使って
配偶者の居場所を常にチェックしたりするそうです。

そこまでやるか!!?
(恐ろしや~!)

あなたが疑っているくらいですから、
配偶者は十中八九、浮気をしていることでしょう。


ケータイの盗み見をして、
配偶者の浮気の証拠が見つかった?としても、
おそらく、あなたの心は晴れないでしょう。

そして、浮気をしていた配偶者も、
ケータイの盗み見をされたことで、
あなたを信頼することなど できなくなりますね。

結局、ケータイの盗み見は、何のいいこともないのです!

当事務所での、ご相談者のお話しですが、
ケータイの盗み見をして、浮気の確証を得た一瞬だけは
「証拠を見つけてやった!」と思ったけれど、
時間がたつにつれ
「見るんじゃなかった……」と思うようになったという人は、
少なくないのです。


「浮気をしているに違いない!
だから、ケータイをチェックしなきゃ!!」と思ったならば、
その行動を起こす前に、
「本当に浮気をしていたら、私はこうする!」という
ご自分の身の振りを決めてからにしてくださいね。

そして、その責任は、
すべて自分にあることを、お忘れなく。
2015-08-25 15:10:49

浮気を決断したのは自分?!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
お昼のワイドショー、
「浮気ネタ」は、結構とりあげられるのですね。

やはり、身近な問題だからですね。

「私には関係な~い!」と思っていても、
加害者にも被害者にもなりうるのが浮気!

今日見たテレビでは、
男性=家庭は家庭、浮気は浮気と割り切ることができる。
女性=好きな人に走ってしまいやすい。

女性が浮気するタイミングは、結婚10年前後。
子どもが学校に通いだす頃だそうです。
時間ができて、パートに通い始め、世界が広がるから。

そして、夫の両親と同居している妻が浮気しやすい?!
家にいたくないから、パートを始める。

年齢も、40代前半くらいだと、女の部分も大いにあるので。

そう言っていましたが、なるほど!


当事務所に来られる方と話していて、よく思うのですが、
女性は、好きな人とだけセックスしたいけど、
男性は、とりあえず誰とでもOK?!

その場限りの誘い文句を、
スラスラ~っと言える男性も多いんですよ~。


どんな状況にあろうとも、
浮気をするのは自分の決断だったはずです。

夫が、自分を女として見てくれなくなっていたからだったとしても、
魅力的な誘い文句に負けてしまったとしても、です。

浮気は、必ず終わるときが来ます!

すべての責任は、自分にあります。

くれぐれも
「私は、この人の奥さんに勝った!」なんて
思わないでくださいね。

2015-08-11 14:10:54

配偶者の浮気をやめさせる! その結果……?

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
昨日、久しぶりに浮気ネタを書いたら、
アクセス数がド~ンと増えました。

やはり、皆さん 興味あるってことですね。

それとも「配偶者に浮気されないか」と心配なのでしょうか?

あるいは「配偶者にバレないような浮気の仕方はないか?」
なんて考えている人もいるかもしれませんね。

いずれにしても「浮気」は
男女間の永遠の課題なのでしょう。



配偶者の浮気に悩んで、
当事務所へのご相談は、ホント 多いです。


何とかして、配偶者の浮気をやめさせたい!

そのために、あらゆる手練手管を用いて苦心されている姿が
気の毒なほどです。

私は「そこまでするか!」と思うことが時々ありますが
(具体的にどんなことかは生々しすぎて
とてもブログには書けない……)、
残念ながら、浮気をやめるかどうかは、
最終的に、浮気をしている人が決めることなんですね。

浮気をやめさせようとした結果、
浮気は終結したけど、配偶者とも離婚になったケースも見てきました。

もちろん、離婚して
新たに人生をやり直すのも悪くはありません。

が、どのような立場であれ、自分が変わらないと
また同じようなことを繰り返すのではないでしょうか。


あなたは、どんな人生を送りたいですか?

幸せになりたいですよね。

どう考えて、何をすれば幸せになれるでしょうか。


私の人生ビジョンは
「私と縁ある人を幸せにする」です。

このブログを読んでくださっているあなたも
「私と縁ある人」です。

「あなたが幸せになるために、私ができることは?」
と、いつも考えています。
2015-08-01 17:00:00

配偶者が浮気? 修復できるかは貴方次第!

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
昨日 テレビで
男女のトラブルクイズを見ました。

配偶者の浮気調査を探偵に依頼し、
浮気をしていることがわかったら、
その費用を相手方に請求できるというものでした。

判例もあるそうです。

①探偵に依頼する以外、配偶者の浮気を知る方法がない。
②配偶者が、浮気を否定している。
③探偵の調査結果が浮気を認める重要な立証となった。

これが認められれば、
調査費用を相手方に請求できるのだとか。

ひえ~ッ! そうなの? 知らんかった~!!!


当事務所へのご相談でも、
「配偶者が浮気しているか、探偵に頼んだ方がいいでしょうか?」と
聞かれることがあります。

ご相談者が、夫婦関係を修復されることを希望される場合、
「お勧めしません」と申し上げております。

もちろん、賛否両論あるでしょうが、
浮気をしている事実を、書面にて突きつけられると
十中八九、修復は不可能になるでしょう。

「夫婦関係修復」を看板に掲げている当事務所としては、
できるだけ「修復」に望みを繋ぎたいのです。

「配偶者が浮気をしているか確かめなくては、
どうしても落ち着かない。自分が前へ進めない」と
おっしゃるならば、探偵に調査依頼してみたらいいと思います。

すべては、自己責任で。

「配偶者が浮気しているのではないか」と疑う場合、
ほとんどの確率で浮気をしていると考えていいでしょう。

問題は、その後どうするか、です。

慰謝料をできるだけ多くとり、
自分に条件の良い状態で離婚したいでしょうか?

それとも、経済的なことや子どもへの影響を考えて
離婚を思いとどまろうと思うでしょうか?

前者なら、探偵への調査依頼 → 専門弁護士へご相談、
のコースをたどればいいと思います。

後者なら、今からでも決して遅くありません。
第三者へ相談し、「修復」への道を選んでください。

人は、いつからでも どこからでも 変わることができます。

長期的、客観的、本質的に判断し、
後悔のない(少ない)人生を歩んでくださいね。
2015-07-31 09:00:00

ベッドの距離は、夫婦間の距離

カテゴリ : 家庭生活(浮気) (77)
このブログで、しょっちゅう話題にしている「寝室」!

ご夫婦で、寝室が別になってしまっているパターンは、
とっても多いです!



当事務所にご相談に来られる方にお聞きするのですが、
ほとんどの方は夫婦別室になっています。

夫婦間で問題が起きたから寝室が別になったのか、
寝室が別だったから問題が起きたのかわかりませんが……。


結婚当初は、夫婦同室だったはずです。

それなのになぜ、夫婦で寝室が別になってしまうのか?!

答えは、明白です。 それが、ラクだからです!

寝る前の ほんのひと時って、ホッとしますよね。

好きな本を読んだり、音楽を聞いたり、ネットサーフィンをしたり、
眠たくなるまで好きなことをして、眠たくなったら寝る。

小さいお子さんがいるお母さんは、
子どもに絵本を読んであげたり、
今日あった楽しいことを話したりして、
子どもが眠たくなったら寝かしつけて、自分も子どもと一緒に寝ちゃう。

最幸じゃないですか~! 目先のことだけ考えたら。

そして、ご主人も奥さんも、「夫」「妻」をいう役割が遠のいていく。

それが静かに「浮気」という悪魔の足音を忍び寄せているとも知らずに……。


「夫の浮気」が原因で ご相談に来られる奥さんは、
「私は、家のことや子どもの世話を一所懸命しているのに!」と
語気荒くおっしゃいますが、
「妻」の役割を果たしていないことは棚の上になっています。

家庭では、「女」「妻」「母」の立場のうち、
「妻」の役割は結構重要ですよ!

男性は、妻が大切だったら、
決して よその女性に目を移したりしません。

浮気をした夫を責める前に、
「自分は、夫にとって どんな妻だったか」を
振り返ってみてはいかがでしょう?

2015-07-21 10:37:00

前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ