大阪府高槻市での夫婦関係修復・円満カウンセリングで、離婚危機、妻の・夫の浮気(不倫)問題、セックスレスから再構築のサポートを提供する木下雅子行政書士事務所

RSS

浮気がバレた! その時どうする?!

カテゴリ : 行動基準 (262)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

週末は、暖かな日中でした。

このような日は、庭掃除がはかどります。

天気や気温によって、
こなすはずの家事や片付けを
微妙に変化させます。

心地よい生活の実現のために。



心地よい生活とは、
落ち着いて穏やかな生活では
ないでしょうか。

でも、時として、
人は刺激を求めるものです。

婚姻外の恋愛は、刺激的ですね。

誰もが、憧れるでしょう。

頭の中の想像の世界では。


でも、実際に
それをしてしまうと、
後に とても面倒くさいことが起きます。

浮気や不倫は
始まりは とても楽しいものですが、
別れる時は大変でしょう。

自分だけが
熱を上げているならともかく、
自分は別れたいのに
相手にしがみつかれるほど
面倒なことはありません。

だから、潮時だと感じたなら
少しずつ距離をとった方がいいのです。

まどろっこしいでしょうが、
妻(夫)と 今後もやっていくつもりなら、
焦りは禁物です。


もし、妻(夫)に浮気がバレたら、
あなたは どうしますか?

離婚か、修復か。


「自分が修復したいと思っても、
相手が離婚だと言い切ったら?」

などと考えてしまいがちですが、
相手がどう思うかは二の次です。

あなたは、どうしたいのか?

これが、重要です。


私は カウンセラー行政書士として、
「あなたが どれだけ強い思いで、
修復を望んでいるのか?」が
重要であると考えています。

そのために、何をするのか。

あなたに、何ができるのか。


「どのように言えば許してくれるのか」
「何をすれば許してくれるのか」
ではありません。

今後、長期的に
夫婦関係を立て直していくために
あなたの考え方と行動を
どのように変えていけばいいのか。

これに尽きます。

木下雅子行政書士事務所は、
浮気を乗り越えて
夫婦関係の修復希望の方を
サポートさせていただいております。


このブログを読んでくださっているあなたが、
長期的に良い夫婦関係を
築いていくことが出来るよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2023-12-11 10:00:00

親との関係が、我が子との関係に繋がる

カテゴリ : 行動基準 (262)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

子どもの頃から お世話になってきた
伯父が亡くなりました。

小さい頃 よく一緒に遊んでいた
従姉妹の心中を思うと、
胸が痛いです。



還暦の私は、当然ながら
親世代は80代 90過ぎになってきています。

「孝行したい時に親はなし」
と言います。

思い残すことの無いよう
出来る限りのことを
しておかなければなりません。


あなたは、親御さんに
どのような思いを抱いていますか?

この世に産み出してくれた恩、
育ててくれた恩を
感じておられることでしょう。

が、それだけではなく、
恨みのようなマイナス感情も
併存しているかもしれません。

それも、当然なのです。

親子は、関係が近すぎるために、
時には 感情のぶつかり合いも
あるでしょう。

それができるのも、
親子ならではですね。

どのような関係の
もつれがあろうとも、
毒親以外なら
関係性を修復することが出来るはずです。


もし、あなたが
父親か母親に対して
マイナス感情を抱いているとしたら、
できることなら
親御さんが生きているうちに
改善しておいた方がいいでしょう。

「他人が、簡単に言うな!」

そう言われるかもしれません。

それならそれで、アリです。

が、親御さんの方が、
おそらく先に いなくなるでしょう。

そうなってから、
後悔しないと断言できますか?


もし、親御さんとの関係で
心に 引っかかる部分があるのなら
今のうちに、あなたから
歩み寄ってあげてください。

親御さんとの関係は、
あなたと お子さんとの関係に
繋がります。

親に抱いているマイナス感情が、
やがて 我が子から
自分に向けられる日が来るかもしれません。

将来 後悔しないために、
毎日を大切に生きていきたいものです。


このブログを読んでくださっているあなたが、
良い親子関係を
築いていくことが出来るよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2023-12-09 10:00:00

最もムダなのは、○○をしている時間!

カテゴリ : 行動基準 (262)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

仕事も家事も、
毎日同じルーティンの繰り返し?

慣れていることは やりやすいです。

たまには、違うことをしてみるといいですね。

新たな発見があることでしょう。



家事こそ、同じことの繰り返しです。

でも、それだけではありません。

たまには、大掃除が必要だったり、
急に 凝った料理を作りたくなったり。

そんな時に、
いつもは見ないモノが見えたりします。

掃除洗剤だけ買って満足していた、
あるいは数回使っただけだった
調味料が 奥から出てくる?!

その時に使わないのなら、
潔く処分した方がいいですね。

おそらく、そのモノの出番は
二度とやってこないでしょうから。


私も、これをやって
洗面台下の収納や 冷蔵庫の中に
空間ができました。

今まで、どれだけ要らないモノに
囲まれていたのか!!


処分するときは、胸が痛みました。

要らないモノに
お金を使ってしまったという後悔と
向き合わなくてはならないので。

だからこそ、買い物の時は
以前より考えるようになりました。

「コレ、本当に必要?!」と。

「家にあるもので代用できないか?」

「欲しいものではなくて、
必要なものだよね?!」と
自分に問いかける。

そして、1日 購入を待ってみる。

必要なものなら、
買わなければなりませんし。


これをやっていると、
衝動買いが なくなりました。

今までの行動を反省するとともに、
今後を見直すきっかけになりました。


収納場所が片付いていると、
気持ちも落ち着きます。

しまった場所がわからなくて、
新たに購入することもなくなりました。

探し物をしている時間は、
超ムダですから。

時間も モノも お金も、
有意義に使いたいものですね。

お互い、頑張りましょう!


このブログを読んでくださっているあなたが、
豊かな人生を生きていけるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2023-12-07 10:00:00

夫婦関係を良くしたかったら、夫である あなたが動く?!

カテゴリ : 行動基準 (262)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

12月に入ったから、ではないですが、
断捨離を頑張っています。

YouTubeを見たら、
断捨離を勧める動画が いっぱい!

断捨離は、イイことばかり?!



私は、男性クライアント様にも
部屋の片づけを推奨しています。

不思議なことに、
家の散らかり具合と 夫婦関係が
リンクするからです。

家が散らかっているから
夫婦関係がギスギスするのか、
夫婦関係がギスギスしているから
家が散らかるのか?

鶏が先か 卵が先かのような
相関関係です。


つまり、当事務所に
相談にいらっしゃる方で、
家がキッチリ片づいているという人は
皆無だということです。

それは、片付ける技術を
知らないだけなので、
技術を身につければ全て解決します。

が、技術を習得するまでが
面倒くさい……。


「なんで、自分がやらないといけないのか?」
「家のことは、妻がやればいいのに」
「仕事で疲れていて、そんな時間はない」

言い訳が たくさん出てきます。


あなたの妻も、そう思っています。

「夫のモノは、夫が片付けてくれないと」
「なぜ、夫のモノまでも私の担当なの?」
「日頃の家事だけで、手いっぱい」

夫婦とも、そう思って 動かずにいたら、
現状を変えることはできません。


もし、あなたが
今より良い夫婦関係にしたかったら、
部屋の片づけから取り掛かることを
お勧めします。

部屋が片付く ⇒ 気持ちが落ち着く

⇒ 仕事や家事がスムーズに進む

⇒ 家庭で笑顔が増える

イイことばかりです。


何か一つでもいいので、
普段やらないことを やってみましょう!

床に散らかっているモノを
ゴミ箱に入れる。

ゴミ箱のモノを すぐ出せるよう
大きなゴミ袋にまとめておく。

コロコロを かけてみる。


それだけで、床が広くなりましたね。

その状態をキープした上でなら、
別のことに 取り掛かれるはずです。

お互い 頑張りましょう!!


このブログを読んでくださっているあなたが、
部屋が片付いた状態をキープできるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2023-12-03 10:00:00

断捨離で、夫と妻が対立?!

カテゴリ : 行動基準 (262)
大阪府高槻市での夫婦関係修復専門
カウンセラー行政書士の木下雅子です。

最近、YouTubeで見るのは
「断捨離」をテーマにしたもの。

その日の気分によって、
頭のアンテナに引っかかる
ジャンルが違います。

季節的に、断捨離は良いかも?!

スッキリさせて、
新年を迎えたいものです。



息子たちが独立し、
夫婦二人暮らしの我が家です。

夫は、何でも とっておきたい派。

私は、必要なものだけを残す派。

それだけで、内部戦争?が
起こる環境ですね。


夫のモノを こっそり捨てて、
怒られたこともありました。

それ以来、基本 夫のモノには
触りません。

夫の書斎が、どのように
悲惨なことになっていたとしても
見て見ぬふりしていますが、
それがリビングに侵食してくるとなると
話しは違います。

夫はリビングに
自分の本や服を置きたいようですが、
私は必死に阻止しています!


何か改善策は無いかと
「共有物をどうにかできないか?」
と、考えました。

夫の私物ではない「家」のモノを
「今後、必要か?」を考えて、
残すか処分するかを決める。


息子たちの独立後は、
なまじ置き場所があるために
油断するとモノが増える一方です。

置いておいても
とりあえず困ることはないものの、
それは決断を
先延ばしにしているだけです。

年を重ねると動くのが億劫になり、
その処分に息子たちが困るだけ?!

だとしたら、今のうちに
何とかしておかなくてはなりませんね。


YouTubeを見ていると、
「断捨離は、良いことしかない」
と、言っています。

保存か 捨てるか、
夫と意見が対立することがあっても、
「二人で落ち着いた暮らしをするという
目的のために今 何をすべきか?」
を考えながら、行動していきます。


このブログを読んでくださっているあなたも、
必要なものだけに囲まれて
ゴキゲンな暮らしができるよう
応援しています。

今日もよろしくお願いいたします。
2023-11-27 10:00:00

前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ